MBTI

判断機能【思考(T)と感情(F)】

MBTI

MBTI(エムビーティーアイ : Myers-Briggs Type Indicator)は、とても良く当たる性格診断テストで知られていますが、その診断項目には、思考と感情というものがあります。

MBTIについてまだ、知らないという方は、以下の記事を参考にしてください。

スポンサーリンク

思考(T)と感情(F)とは

人は思考的(T)な面も、感情的(F)な面も両方持っていますが、通常どちらかに偏っています。

3. 価値判断もしくは選択時における意思決定の熟考の仕方について。
思考(T) <—> 感情(F)
判断や意思決定が効率性や合理性に基づいて行う人と、 心の調和や人間関係に基づいて行う人がいます。

引用 『mbti性格タイプ論の視点から世界を覗こう』(サイト消滅)より

思考(T)と感情(F)それぞれの特徴

では、それぞれの特徴を見ていきましょう。

T(思考型)F(感情型)
公平性を重視気持ちを重視
合理的思いやり
理性感情
権利を大切にする価値観を大切にする
客観的主観的
懐疑的信頼する
分析慈悲
正義共感
争う和解する
課題の解決を優先人間関係を優先
厳格温和
意志が強い心優しい

上記の表は、レールからの脱線【MBTI】T(思考)とF(感情)の違い【16タイプ性格診断】』 より作成

思考(T)と感情(F)の詳細説明

『mbti性格タイプ論の視点から世界を覗こう』(サイト消滅)より引用開始(一部改変)

判断や意思決定における心理的な傾向について、ここでは思考と感情を考えます。

この2つは、判断の心理機能であり意志をもって能動的に働かせています。

思考と感情は、相反する性質があるため同時に両立させることは難しいですが、 実際は相補的な関係で、バランスを取り協調して働かせることで正しい認識に至ることができます。

では、それぞれについて説明してゆきます。

思考タイプは、判断や意思決定の基準が客観的かつ合理的です。

事や物に興味を持ちます。そして、その性質や仕組みを知ろうとします。 どのようなしくみに基づいて機能するのかということに興味を持ちます。

拠り所となる知識が何よりも重要だと考え、多くの知識を吸収します。 物事を矛盾なく効率的に進めることができるようにしたいと考えます。

実際、計画や説明において、なんらかの矛盾や欠陥があるとよく気づきます。 比較、分析、推論から得られた正しいと考えられる結論に忠実に従おうとします。

それゆえ、誘惑を排して自分を律することができます。

しかし、効率性、合理性のもとに、 自分の感情や他人の感情に配慮を欠いた意思決定を行うことがよくあります。

そして、そうすることによって感情は守られ、安心できると信じていることが多々あります。

思考の及ぶ範囲が、自分の周りの狭い領域に限られる場合は、利己的になってしまいます。

また、客観的に正しいことにこだわろうとするあまり、率直な物言いが礼儀知らずと受け取られることがあります。 分析力を最大限に利用できる場が与えられれば、このタイプの有能ぶりが発揮されるでしょう。

感情タイプは、判断や意思決定の基準が「どう感じるか」ということに基づきます。

モラルやマナーについて関心を寄せ、その人の中で人間に対する影響を考慮した価値観が形成されてゆきます。

人の感情に配慮し、共感する能力があります。 実際、他人の心を感じ取り、ありのままに共感することもあれば、元気づけたり、士気を上げたりしようとします。

豊かな感性を持ち、怒り、悲しみ、苦しみなどの否定的なものから、喜びや愛などの肯定的なものまで強く感じます。

そして、できることならやはり肯定的な感情を自己の内に持ちたいと思い、 他の人と調和を保って、喜びを共有したいと願っています。

そういったものが、善悪の倫理観が判断の基準になるのです。

また、豊かな感性をもってして、美しいものにも魅了されます。 自然の姿、絵画や彫刻、文学作品などに強く心打たれることがあるでしょう。

実際に、美的センスを持ち得て、 芸術を鑑賞するだけではなく、自ら芸術を通して感情や信念を表現しようとすることがあります。

しかし、人間関係を重んじるあまり、非効率になったり、合理性に欠き損をすることがよくあります。

必要な対立まで避けようとすることがあるかも知れません。しかし、丸く収めることが必ずしも良いこととは限りません。

また、信念が強すぎてが客観的な事実を受け入れられないことがあります。

人々の調和を保つために尽力し、温かみを活かせることに向いています。

『mbti性格タイプ論の視点から世界を覗こう』(サイト消滅)より引用終了(一部改変)

思考(T)と感情(F)についてもっと知りたい方は、以下の記事↓も参考にしてください。

以下、それぞれの心理傾向軸の参考記事になります。

4つの心理傾向軸
MBTI(エムビーティーアイ : Myers-Briggs Type Indicator)は、とても良く当たる性格診断テストで知られていますが、診断結果には「INFP」「ESTJ」等と、謎の4つのローマ字が出てきます。実は、この文字には全...
外向(E)と内向(I)
MBTI(エムビーティーアイ : Myers-Briggs Type Indicator)は、とても良く当たる性格診断テストで知られていますが、その診断項目には、外向性と内向性というものがあります。MBTIについてまだ、知らないと...
知覚機能【感覚(S)と直観(N)】
MBTI(エムビーティーアイ : Myers-Briggs Type Indicator)は、とても良く当たる性格診断テストで知られていますが、その診断項目には、感覚と直観というものがあります。MBTIについてまだ、知らないという...
判断機能【思考(T)と感情(F)】
MBTI(エムビーティーアイ : Myers-Briggs Type Indicator)は、とても良く当たる性格診断テストで知られていますが、その診断項目には、思考と感情というものがあります。MBTIについてまだ、知らないという...
判断(J)と知覚(P) 規範タイプと柔軟タイプ
MBTI(エムビーティーアイ : Myers-Briggs Type Indicator)は、とても良く当たる性格診断テストで知られていますが、その診断項目には、判断と知覚というものがあります。MBTIについてまだ、知らないという...

このブログを広げるために1クリックお願いします

さらに16タイプ分類性格診断テスト(MBTI診断)を知りたい方へ
このサイトで紹介している16分類性格診断(MBTI)を深く知るには、以下の本『図解 あなたの天職がわかる16の性格』がおすすめです。この本は、16タイプごとの適職が分かるだけでなく、MBTIの要となる心理機能(認知機能)について端的にまとまっているので、MBTIのことを初めて知ったという方にもおすすめです。

以下の「Amazonで見る」のリンク先より試し読みすることができるので、目次などを一度見てみるだけでも参考になります。

自分のタイプが分かった方は、こちら(外部サイト)からタイプ間の相性も確かめることができます↓

↓自分の性格タイプを知ってみたい方はこちら↓

この記事を書いた人
ナル心理学

ナル心理学では、16タイプ分類性格診断テスト(≒MBTI診断)を中心に解説しています。

心理学を学びたい!自分や他人の性格を知ってみたい!という方は是非ご覧ください‼︎

ツイッターでは、役立つ心理学やMBTIに関することを呟いているので、ぜひこちらもフォローしてくださいね^ ^

ナル心理学をフォローする
スポンサーリンク
ナルメカ(ナルキンのそうなるメカニズム) -NaruMECHANISM-

コメント

タイトルとURLをコピーしました