MBTI

ENFPのされると嫌なこと、ストレスとその対処【心的機能要素の構成から分かる!】

MBTI

人を16タイプの性格に分類する性格診断テスト、MBTIというものがあり、良く当たると評判です。

この記事では、16タイプのなかから改革者タイプ(ENFP)のされると嫌なことを解説します。

ENFP(改革者タイプ)の方は、
ご自身の性格タイプを、以下の各ボタンから
SNSでシェアしてフォロワーに知らせてみましょう!
ツイッター上で診断結果を固定ツイートにすると、フォロワー外の人でもあなたがどんな人か分かり、絡みやすくなります!

SNSでシェアされるとき、上記の画像が表示されます

↓自分の性格タイプを知ってみたい方はこちら↓

『mbti性格タイプ論の視点から世界を覗こう』(サイト消滅)より引用開始(一部改変)

スポンサーリンク

改革者タイプ(ENFP)のされると嫌なこと

形式や体裁にばかりこだわり、意義も深く考えず、何もかも計画通りに遂行することを強制されることを嫌がります。 遊び心のない環境では、強く閉塞感を感じます。

可能性の話しをしているときや、新しいことに興奮し挑戦しようとしているときに、 些細なことにこだわり、客観的な意見で水をさす人に嫌悪感を感じます。

スポンサーリンク

ストレス反応

細かい作業に継続して集中しなければならないときは、相当のエネルギーを必要とし、浪費するでしょう。

ストレスがかかると、興味関心が移ろいやすくなり、目的意識や集中力が失われます。

感傷的になったり、退廃的な気分に浸り、抜け出せなくなります。

他者に対して頑迷で批判的になります。

過度に些細なことにこだわります。

ストレスへの対処法

人々と積極的に交流したり、人々のことを見聞きし調べて、彼らの良さを発見し感銘を受けると良いです。

外に出て様々な刺激を受け、自由に発想することを許しましょう。

『mbti性格タイプ論の視点から世界を覗こう』(サイト消滅)より引用開始(一部改変)

ENFPの認知機能
  1. 外向的直観/Ne
    (とても得意:優勢機能
  2. 内向的感情/Fi
    (少し得意:補助機能
  3. 外向的思考/Te
    (少し苦手:代替機能
  4. 内向的感覚/Si
    (とても苦手:劣勢機能

ENFP(改革者タイプ)の方は、
ご自身の性格タイプを、以下の各ボタンから
SNSでシェアしてフォロワーに知らせてみましょう!
ツイッター上で診断結果を固定ツイートにすると、フォロワー外の人でもあなたがどんな人か分かり、絡みやすくなります!

SNSでシェアされるとき、上記の画像が表示されます

↓自分の性格タイプを知ってみたい方はこちら↓

このブログを広げるために1クリックお願いします

さらに16タイプ分類性格診断テスト(MBTI診断)を知りたい方へ
このサイトで紹介している16分類性格診断(MBTI)を深く知るには、以下の本『図解 あなたの天職がわかる16の性格』がおすすめです。この本は、16タイプごとの適職が分かるだけでなく、MBTIの要となる心理機能(認知機能)について端的にまとまっているので、MBTIのことを初めて知ったという方にもおすすめです。

以下の「Amazonで見る」のリンク先より試し読みすることができるので、目次などを一度見てみるだけでも参考になります。

自分のタイプが分かった方は、こちら(外部サイト)からタイプ間の相性も確かめることができます↓

↓自分の性格タイプを知ってみたい方はこちら↓

この記事を書いた人
ナル心理学

ナル心理学では、16タイプ分類性格診断テスト(≒MBTI診断)を中心に解説しています。

心理学を学びたい!自分や他人の性格を知ってみたい!という方は是非ご覧ください‼︎

ツイッターでは、役立つ心理学やMBTIに関することを呟いているので、ぜひこちらもフォローしてくださいね^ ^

ナル心理学をフォローする
スポンサーリンク
ナルメカ(ナルキンのそうなるメカニズム) -NaruMECHANISM-

コメント

タイトルとURLをコピーしました