MBTI

ENTJ(リーダータイプ)の長所と短所

ENTJ(リーダータイプ)の長所と短所を解説します。

『mbti性格タイプ論の視点から世界を覗こう』(サイト消滅)より引用開始(一部改変)

スポンサーリンク

ENTJの長所

・客観的な推論から導かれる帰結に忠実である
・危機意識が強い
・他者が気がついていない危険を警告する
・恐れを知らず行動的
・悲観や甘えに流されない
・現実を見据える
・本質を見抜く
・現状に甘んじない
・現実を変えてゆこうとする
・勝利を熱望する
・実践的で実用性を重んじる
・規律に従って組織や集団を取りまとめる
・現実的で効率的な判断ができる
・臆することなく意見を述べる
・明確な指針を持つ
・目標に向かって精力的に活動する
・適材適所で合理的に計画を立てる
・将来を見据え、長期的な視野に立って計画する

こういった長所は、一生の間ずっと、ENTJの魅力となることでしょう。 もしあなたがENTJならば、決して自分に反することなく、これらの善い点を手放すことのないようにしましょう。

スポンサーリンク

アキレスのかかと 内向的感情にご注意下さい

責務を全うする為に仕事に集中し、目的を達成する為に尽力することは良い点ですが、 一方で何のためにやっているのか、誰のためにやっているのか分からなくなることがあります。

実用的なことや、 成功することに意識が向きすぎるため、 モラルに反することを気がつかないうちにしてしまうことがあります。

他人に感情移入したり多様な価値観を積極的に認めようとする姿勢を取るのは苦手です。

自分が正しいと思ったことを率直に言わなければ気が済まないところがあります。 しかし、判断がせっかちで、言い方に配慮せず、他者を傷つけたり、不快な思いをさせることがあります。

また、せっかちではやとちりなところがあり、計画が上手く進行しないと、粗暴な行為や失言の類で 周りの人たちに不快な思いをさせることがあります。

体裁よく振る舞っているつもりでも、礼儀を心得ていないことがあります。

そのために、集団のモチベーションを気づかないうちに下げてしまっているかもしれません。 敬遠されてしまうと、必要なときに必要な援助が得られないことがあります。

これらはすべて、第四の心理機能である 内向的感情(Fi) が「アキレスのかかと」になっていることが原因です。 しかし、第一の心理機能である 外向的思考(Te) の働きを長所をとして発揮するためには幾分仕方のないことです。内向的感情(Fi) を意識的に鍛えれば解決するなどという簡単なことではありません。 しかし、内向的感情(Fi) を抑圧していることが欠点となって、すべてが瓦解することのないように、気に留めておくことは大切です。

最悪の状況に陥らないためには、自分の行っていることの意義を深く考察する必要があります。 自分にとっても周囲の人々にとっても良い影響を及ぼすような選択をすることです。

実際には、ENTJが喚起する注意や悲観や甘えに動じることのない大局的な合理的判断は、多くの人々に現実的な影響力を持ちえます。 ENTJの 外向的思考(Te) の働きは 内向的感情(Fi) が下支えになっています。 なので、健全な状態にあるENTJの根底には、善意があるものです。

しかし、あまりにも率直な言い方をすると、 その良い点がなかなか他の人に伝わらず、 ただ怒っている人であるように受け取られてしまうのです。 それはとてももったいないことです。

ENTJは大抵の場合、気さくで明るく、可能性を信じ、全体の士気を高めたいと願っています。 確かに、現実は厳しいと思われることもあるかもしれませんが、その厳しい中においてこそ、 一人一人が気概を発揮できるチャンスがあるのだと考えるでしょう。

ときに感じ良く振るまい、自分の意見を述べることを後回しにして、 相手の意見に耳を傾け情報を集める必要があります。

その上で、他者に可能性を見せ、激励することができれば、例え厳しい状況の中にあっても 士気を上げることができるかもしれません。

たまには、上下関係関係なく人間関係を大切にし、普段から信頼関係を築いておきましょう。

そして、全体の向上と利益のために、厳しい態度を取るのだということを意識しましょう。

『mbti性格タイプ論の視点から世界を覗こう』(サイト消滅)より引用終了(一部改変)

このブログを広げるために1クリックお願いします

さらに16タイプ分類性格診断テスト(MBTI診断)を知りたい方へ
このサイトで紹介している16分類性格診断(MBTI)を深く知るには、以下の本『図解 あなたの天職がわかる16の性格』がおすすめです。この本は、16タイプごとの適職が分かるだけでなく、MBTIの要となる心理機能(認知機能)について端的にまとまっているので、MBTIのことを初めて知ったという方にもおすすめです。

以下の「Amazonで見る」のリンク先より試し読みすることができるので、目次などを一度見てみるだけでも参考になります。

自分のタイプが分かった方は、こちらからタイプ間の相性も確かめることができます↓

↓自分の性格タイプを知ってみたい方はこちら↓

この記事を書いた人
ナル心理学

ナル心理学では、16タイプ分類性格診断テスト(≒MBTI診断)を中心に解説!

ナル心理学をフォローする
この記事を読んだあなたの感想をSNSでシェアしてみましょう!
スポンサーリンク
ナルメカ(ナルキンのそうなるメカニズム) -NaruMECHANISM-

コメント

タイトルとURLをコピーしました