MBTI

ESTJのされると嫌なこと、ストレスとその対処【心的機能要素の構成から分かる!】

MBTI

人を16タイプの性格に分類する性格診断テスト、MBTIというものがあり、良く当たると評判です。

この記事では、16タイプのなかから責任者タイプ(ESTJ)のされると嫌なことを解説します。

『mbti性格タイプ論の視点から世界を覗こう』(サイト消滅)より引用開始(一部改変)

スポンサーリンク

ESTJのされると嫌なこと

一人内に閉じこもって、判断に必要な材料を隠されると苛立ちを感じます。

計画性がなく、非効率な状態に甘んじたままで、改善しようとしない人間や、 なすべきことをせず、行動にとりかかるまでに時間がかかる人間を見ると苛立ちを感じます。

悲観や感傷的な感情に浸り、そこから抜けだそうという勇気もなく行動もできない人間を見ると嫌悪を感じます。

秘密が多く、計画性がなく非効率的で脇道に逸れることが多く、 抽象的なアイデアに時間を費やす人間を相手にすることは大変なことです。

スポンサーリンク

ストレス反応

他者に対して批判的になります。

相手に判断を押し付けたり、為すべきことを為すように急かしたりします。

他人が嫌がることをして肝を試そうとします。

細かいことにこだわって意固地になります。

過去の経験や成功に固執して、自分の意見を敬うようにしてもらいたいと思います。

注意が散漫になり、忘れっぽくなったり、細かいミスが多くなったりします。

物事の意義を探ることに固執したり、独特の価値観や信念にこだわったりします。

強く感傷的な気分に苛まれ、ひとり落ち込みます。 そして、気持ちを素直に表せなくなります。孤独を感じることでしょう。

ストレスへの対処法

音楽や芸術を鑑賞し、深く感じ入ることがあると情熱を持って活気を取り戻すことができるでしょう。

『mbti性格タイプ論の視点から世界を覗こう』(サイト消滅)より引用開始(一部改変)

ESTJの認知機能
  1. 外向的思考/Te
    (とても得意:優勢機能
  2. 内向的感覚/Si
    (少し得意:補助機能
  3. 外向的直観/Ne
    (少し苦手:代替機能
  4. 内向的感情/Fi
    (とても苦手:劣勢機能

このブログを広げるために1クリックお願いします

さらに16タイプ分類性格診断テスト(MBTI診断)を知りたい方へ
このサイトで紹介している16分類性格診断(MBTI)を深く知るには、以下の本『図解 あなたの天職がわかる16の性格』がおすすめです。この本は、16タイプごとの適職が分かるだけでなく、MBTIの要となる心理機能(認知機能)について端的にまとまっているので、MBTIのことを初めて知ったという方にもおすすめです。

以下の「Amazonで見る」のリンク先より試し読みすることができるので、目次などを一度見てみるだけでも参考になります。

自分のタイプが分かった方は、こちら(外部サイト)からタイプ間の相性も確かめることができます↓

↓自分の性格タイプを知ってみたい方はこちら↓

この記事を書いた人
ナル心理学

ナル心理学では、16タイプ分類性格診断テスト(≒MBTI診断)を中心に解説しています。

心理学を学びたい!自分や他人の性格を知ってみたい!という方は是非ご覧ください‼︎

ツイッターでは、役立つ心理学やMBTIに関することを呟いているので、ぜひこちらもフォローしてくださいね^ ^

ナル心理学をフォローする
スポンサーリンク
ナルメカ(ナルキンのそうなるメカニズム) -NaruMECHANISM-

コメント

タイトルとURLをコピーしました