MBTI

ESTPのされると嫌なこと、ストレスとその対処【心的機能要素の構成から分かる!】

人を16タイプの性格に分類する性格診断テスト、MBTIというものがあり、良く当たると評判です。

この記事では、16タイプのなかからESTP(冒険者タイプ)のされると嫌なことを解説します。

ESTP(冒険家タイプ)の方は、
ご自身の性格タイプを、以下の各ボタンから
SNSでシェアしてフォロワーに知らせてみましょう!
ツイッター上で診断結果を固定ツイートにすると、フォロワー外の人でもあなたがどんな人か分かり、絡みやすくなります!

SNSでシェアされるとき、上記の画像が表示されます

『mbti性格タイプ論の視点から世界を覗こう』(サイト消滅)より引用開始(一部改変)

スポンサーリンク

ESTPのされると嫌なこと 

形式や体裁にばかりこだわり、計画を強制され、 挑戦や試行錯誤することができない場合は、窮屈だと思うでしょう。

計画や規律、権威にこだわって、場に即して行動することの自由を与えられず、 非効率的なことを強制されることを嫌がります。

抽象的かつ理論的なことを延々と考えなければならない場にはそもそも居たくありません。

新しい方針を試そうとせず、抽象的な議論や退屈な会議に付き合ったり、 政治や人間関係に過度に縛られることは苦手です。 官僚的な組織での制限は望ましく思われません。

自己犠牲や奉仕を強要されるよりは、 仲間と共に目標を達成し利益を分配することができれば幸いであると思われます。

チームワークが軽視されており、 全体として意思疎通がうまくいってなくて、 秘密の多い環境では、閉塞感を感じます。

スポンサーリンク

ストレス反応 

興味関心が移ろいやすくなり、集中力や目的意識が失われます。

考えを巡らし、解決策が見出されないまま思索に迷い込んで出口を見いだせないことがあります。 またひねくれた独自の理論で判断し、周囲の人を扇動することがあります。

長期的な視野で目標を定めることができなくなり、 衝動に身を委ね、身を持ち崩してしまいます。

物事の因果関係や行動の及ぼす影響について、誤った見積もりを基に行動します。 過度に粗暴になったり、危険な行為に身を委ねます。

勇気がなくなり、何をするにしても守りの姿勢で内に閉じこもって 新しい経験をしなくなります。

ストレスへの対処法 

何もせず身体も頭もすっかり休めること良いでしょう。 そうしているうちに、自然と目に入ってくることが多くを語っていることに気がつくでしょう。

リラックスして頭を休めている間に、自分のことや周囲の人間のこと、過去の経験や、 自分の経験している世界について自然と考えがまとまり、心身のバランスを取り戻して行けます。

落ち着きがないと言われがちなESTPですが、実は坐禅や瞑想によって得るものが多いのもこのタイプです。 しかし、最初はその落ち着きのなさが邪魔をしてなかなかうまくいかないかもしれません。 この場合も、瞬間瞬間に没頭し、乗り越えてゆきましょう。

『mbti性格タイプ論の視点から世界を覗こう』(サイト消滅)より引用開始(一部改変)

ESTPの認知機能
  1. 外向的感覚/Se
    (とても得意:優勢機能
  2. 内向的思考/Ti
    (少し得意:補助機能
  3. 外向的感情/Fe
    (少し苦手:代替機能
  4. 内向的感覚/Ni
    (とても苦手:劣勢機能

ESTP(冒険家タイプ)の方は、
ご自身の性格タイプを、以下の各ボタンから
SNSでシェアしてフォロワーに知らせてみましょう!
ツイッター上で診断結果を固定ツイートにすると、フォロワー外の人でもあなたがどんな人か分かり、絡みやすくなります!

SNSでシェアされるとき、上記の画像が表示されます

このブログを広げるために1クリックお願いします

さらに16タイプ分類性格診断テスト(MBTI診断)を知りたい方へ
このサイトで紹介している16分類性格診断(MBTI)を深く知るには、以下の本『図解 あなたの天職がわかる16の性格』がおすすめです。この本は、16タイプごとの適職が分かるだけでなく、MBTIの要となる心理機能(認知機能)について端的にまとまっているので、MBTIのことを初めて知ったという方にもおすすめです。

以下の「Amazonで見る」のリンク先より試し読みすることができるので、目次などを一度見てみるだけでも参考になります。

自分のタイプが分かった方は、こちらからタイプ間の相性も確かめることができます↓

↓自分の性格タイプを知ってみたい方はこちら↓

16タイプ分類性格診断テスト

この記事を書いた人
ナル心理学

ナル心理学では、16タイプ分類性格診断テスト(≒MBTI診断)を中心に解説!

ナル心理学をフォローする
この記事を読んだあなたの感想をSNSでシェアしてみましょう!
スポンサーリンク
ナルメカ(ナルキンのそうなるメカニズム) -NaruMECHANISM-

コメント

タイトルとURLをコピーしました