MBTI

研究者タイプ(INTP)のされると嫌なこと、ストレスとその対処【心的機能要素の構成から分かる!】

MBTI

人を16タイプの性格に分類する性格診断テスト、MBTIというものがあり、良く当たると評判です。

この記事では、16タイプのなかから研究者タイプ(INTP)のされると嫌なことについて解説します。

研究者タイプ(INTP)の方は、
ご自身の性格タイプを、以下の各ボタンから
SNSでシェアしてフォロワーに知らせてみましょう!
ツイッターで診断結果を固定ツイートにすると、フォロワー外の人でもあなたがどんな人か分かり、絡みやすくなります!

SNSでシェアされるとき、上記の画像が表示されます

↓自分の性格タイプを知ってみたい方はこちら↓

スポンサーリンク

研究者タイプ(INTP)のされると嫌なこと

『mbti性格タイプ論の視点から世界を覗こう』(サイト消滅)より引用開始(一部改変)

集団の輪を強制されたり、不合理な雰囲気に流されることを嫌います。

疑問が生じた時に、充分な時間や判断材料を与えられないことは遺憾なことです。

ルーチンワークをひたすらこなさなければならないときは、集中力を持続させるのに苦労します。

新しい手法や技術を取り入れることなく、挑戦や試行錯誤をさせてもらえない環境では 自分の能力を充分に発揮できないと思うでしょう。

スポンサーリンク

ストレス反応

普段は冷静で温厚に見えるものの、ストレスがかかると怒りを露わにします。

自分が認めてもらえないと思い込み孤独を感じます。 そして、ひとり引きこもってしまいます。

自分の感情がよくわからなくなります。

思索に迷い込み出口を見失います。

関心がランダムに移り、何の結論にも達せず、何もない得ないままさまよい続けます。

疑念を露わにし、他者の無知を軽蔑するかもしれません。

ストレスへの対処法

お涙頂戴者の豪快痛快メロドラマを見て、大げさなまでに感動し、立ち直りましょう。

『mbti性格タイプ論の視点から世界を覗こう』(サイト消滅)より引用終了(一部改変)

INTPの認知機能

研究者タイプ(INTP)の方は、
ご自身の性格タイプを、以下の各ボタンから
SNSでシェアしてフォロワーに知らせてみましょう!
ツイッターで診断結果を固定ツイートにすると、フォロワー外の人でもあなたがどんな人か分かり、絡みやすくなります!

SNSでシェアされるとき、上記の画像が表示されます

↓自分の性格タイプを知ってみたい方はこちら↓

このブログを広げるために1クリックお願いします

さらに16タイプ分類性格診断テスト(MBTI診断)を知りたい方へ
このサイトで紹介している16分類性格診断(MBTI)を深く知るには、以下の本『図解 あなたの天職がわかる16の性格』がおすすめです。この本は、16タイプごとの適職が分かるだけでなく、MBTIの要となる心理機能(認知機能)について端的にまとまっているので、MBTIのことを初めて知ったという方にもおすすめです。

以下の「Amazonで見る」のリンク先より試し読みすることができるので、目次などを一度見てみるだけでも参考になります。

自分のタイプが分かった方は、こちら(外部サイト)からタイプ間の相性も確かめることができます↓

↓自分の性格タイプを知ってみたい方はこちら↓

この記事を書いた人
ナル心理学

ナル心理学では、16タイプ分類性格診断テスト(≒MBTI診断)を中心に解説しています。

心理学を学びたい!自分や他人の性格を知ってみたい!という方は是非ご覧ください‼︎

ツイッターでは、役立つ心理学やMBTIに関することを呟いているので、ぜひこちらもフォローしてくださいね^ ^

ナル心理学をフォローする
スポンサーリンク
ナルメカ(ナルキンのそうなるメカニズム) -NaruMECHANISM-

コメント

タイトルとURLをコピーしました