MBTI

ISFJのされると嫌なこと、ストレスとその対処【心的機能要素の構成から分かる!】

MBTI

人を16タイプの性格に分類する性格診断テスト、MBTIというものがあり、良く当たると評判です。

この記事では、16タイプのなかからISFJ(保護者タイプ)のされると嫌なことを解説します。

ISFJ(保護者タイプ)の方は、
ご自身の性格タイプを、以下の各ボタンから
SNSでシェアしてフォロワーに知らせてみましょう!
ツイッター上で診断結果を固定ツイートにすると、フォロワー外の人でもあなたがどんな人か分かり、絡みやすくなります!

SNSでシェアされるとき、上記の画像が表示されます

スポンサーリンク

ISFJ(保護者タイプ)のされると嫌なこと

『mbti性格タイプ論の視点から世界を覗こう』(サイト消滅)より引用開始(一部改変)

自分のこだわりや利益を優先し、周囲の人間に対して礼儀や思いやりがなく、 方針を吟味することなく思いつきで行動しやすい人間には困惑させられます。

充分に考える時間や丁寧に仕事をする時間を与えられないと不満を感じるでしょう。 中途半端な段階で成果をとりあえず開示するということは好みません。

空想や仮定のはなしで盛り上がるのは、休み休みにしてもらいたいと思います。

既に確立されている方法を無視して、 新しいことに興奮し、クリエイティビティを強調されると参ってしまいます。

スポンサーリンク

ストレス反応 

普段と違った状況に対応しなければならないときや、 抽象的な概念の理解につきあわなければならないときは 相当のエネルギーを必要とし、疲れを感じるでしょう。

些細なことにこだわり始めます。 そして、他者に自分の判断を押し付け、口うるさくなります。

どこか冷淡な感じを与え、ひとり引きこもってしまいます。

ひとり閉じこもって あることないこと考え、不安を増幅させます。

インターネットで他人の不幸を読み漁り、 人間の愚かしさや利己的な態度に注意深くなろうとします。

人間関係に依存的になります。

潔癖になります。

普段とうってかわってだらしなくなり、 あれこれと興味が移ろいゆくままに関心を向けます。

衝動的な知的好奇心に身を委ね、 必要のないものを買ったり、際限なくテレビや本を見続けます。 逆に極端なまでに禁欲的になり、全くリラックスできなくなります。

ストレスへの対処法 

人に話しを聞いてもらうのが良いでしょう。 カウンセラーと話して気持ちを整理してゆく方もいるようです。

人々と積極的に交流したり、人々のことを見聞きし調べて、 彼らの良さを発見し感銘を受けると良いです。

普段とは違った面白そうなことを探して挑戦してみるとよいでしょう。 そして、たまには為すべきことを人に任せて、 一度しかない自分の人生を楽しみましょう。

『mbti性格タイプ論の視点から世界を覗こう』(サイト消滅)より引用開始(一部改変)

ISFJの認知機能
  1. 内向的感覚/Si
    (とても得意:優勢機能
  2. 外向的感情/Fe
    (少し得意:補助機能
  3. 内向的思考/Ti
    (少し苦手:代替機能
  4. 外向的直観/Ne
    (とても苦手:劣勢機能

ISFJ(保護者タイプ)の方は、
ご自身の性格タイプを、以下の各ボタンから
SNSでシェアしてフォロワーに知らせてみましょう!
ツイッター上で診断結果を固定ツイートにすると、フォロワー外の人でもあなたがどんな人か分かり、絡みやすくなります!

SNSでシェアされるとき、上記の画像が表示されます

このブログを広げるために1クリックお願いします

さらに16タイプ分類性格診断テスト(MBTI診断)を知りたい方へ
このサイトで紹介している16分類性格診断(MBTI)を深く知るには、以下の本『図解 あなたの天職がわかる16の性格』がおすすめです。この本は、16タイプごとの適職が分かるだけでなく、MBTIの要となる心理機能(認知機能)について端的にまとまっているので、MBTIのことを初めて知ったという方にもおすすめです。

以下の「Amazonで見る」のリンク先より試し読みすることができるので、目次などを一度見てみるだけでも参考になります。

自分のタイプが分かった方は、こちらからタイプ間の相性も確かめることができます↓

↓自分の性格タイプを知ってみたい方はこちら↓

16タイプ分類性格診断テスト

この記事を書いた人
ナル心理学

ナル心理学では、16タイプ分類性格診断テスト(≒MBTI診断)を中心に解説!

ナル心理学をフォローする
この記事を読んだあなたの感想をSNSでシェアしてみましょう!
スポンサーリンク
ナルメカ(ナルキンのそうなるメカニズム) -NaruMECHANISM-

コメント

タイトルとURLをコピーしました