MBTI

ISFP(芸術家タイプ)のされると嫌なこと、ストレスとその対処【心的機能要素の構成から分かる!】

人を16タイプの性格に分類する性格診断テスト、MBTIというものがあり、良く当たると評判です。

この記事では、16タイプのなかからISFP(芸術家タイプ) のされると嫌なことを解説します。

ISFP(芸術家タイプ)の方は、
ご自身の性格タイプを、以下の各ボタンから
SNSでシェアしてフォロワーに知らせてみましょう!
ツイッター上で診断結果を固定ツイートにすると、フォロワー外の人でもあなたがどんな人か分かり、絡みやすくなります!

SNSでシェアされるとき、上記の画像が表示されます

『mbti性格タイプ論の視点から世界を覗こう』(サイト消滅)より引用開始(一部改変)

スポンサーリンク

ISFPのされると嫌なこと 

ISFPがこだわっていることがもはや無価値であると否定し、 他者の感情に配慮せず、率直に非難する人間を見ると苛立たしく思うか、悲しくなります。

きちんとした心の準備をすることなく、やみくもに指示に従って強制的に働かされることには馴染めません。

一人でいる時間やスペースを必要とします。 それが与えられず自分の行為の評価を自分で熟考できない状況は好ましくありません。

今この時にできることを無視して、抽象的な議論に付き合わなければならないときは、退屈するかもしれません。

スポンサーリンク

ストレス反応 

他者に対して、過度に批判的になります。 細かいことが気になり、相手を咎めようとするでしょう。

傲慢な態度で、相手を抑えつけようとします。

かなり、愚痴っぽくなります。

胸が痛みます。
心が痛みます。

そして、一人閉じこもって孤独を感じます。 あることないこと考えて、神経質になります。

後先考えることなく、享楽的な行動を取ります。

不合理で無謀な行動を取ります。

ストレスへの対処法 

音楽や自然に触れることはある程度、精神的な緊張を緩和するかもしれません。

困っている人を助けたり、 自分の行為が他者に良い影響を与えることを実感できれば、活気を取り戻すことができます。

強いモチベーションを再び取り戻すきっかけとなる経験をすれば良いのですが、 それが何なのかは、その時までわからないことです。 いろいろなところへ行ってぶらぶらとするのも良いですし、 仲の良い友人のところへいって話しをするのもよいでしょう。

運動をするのも良いかもしれません。

しかし、根本的な解決を図ろうとするならば、心を落ち着かせることが重要です。 頭の中を駆け巡るとりとめない考えにとらわれ続けてはいけません。 そのためには、今現在に意識を向け、ありのままに世界を捉える必要があります。

瞑想が効果的です。 只管打座が良いでしょう。 生じる雑念から自由になる練習をしましょう。 そうすれば、要らぬ心配や虚栄心、傲慢な心から自由になることができます。

ISFPにとって、今現在をありのままに感じることは、すんなりとできることのはずです。

そして、くよくよと悩むよりは、積極的に外界を捉え触れ合うことが突破口になります。 そうすることによって、再び活気を取り戻すことができるでしょう。

『mbti性格タイプ論の視点から世界を覗こう』(サイト消滅)より引用終了(一部改変)

ISFPの認知機能
  1. 内向的感情/Fi
    (とても得意:優勢機能
  2. 外向的感覚/Se
    (少し得意:補助機能
  3. 内向的感覚/Ni
    (少し苦手:代替機能
  4. 外向的思考/Te
    (とても苦手:劣勢機能

ISFP(芸術家タイプ)の方は、
ご自身の性格タイプを、以下の各ボタンから
SNSでシェアしてフォロワーに知らせてみましょう!
ツイッター上で診断結果を固定ツイートにすると、フォロワー外の人でもあなたがどんな人か分かり、絡みやすくなります!

SNSでシェアされるとき、上記の画像が表示されます

以下のように、ツイッターでシェアした性格診断結果を固定ツイートにすると、フォロワー外の人でもあなたがどんな人か分かり、絡みやすくなります!
固定ツイートとは、あなたのツイッタープロフィール画面で常に一番上に表示されるツイートのことです

診断結果を固定ツイートすると以下のように表示されます↓

このブログを広げるために1クリックお願いします

さらに16タイプ分類性格診断テスト(MBTI診断)を知りたい方へ
このサイトで紹介している16分類性格診断(MBTI)を深く知るには、以下の本『図解 あなたの天職がわかる16の性格』がおすすめです。この本は、16タイプごとの適職が分かるだけでなく、MBTIの要となる心理機能(認知機能)について端的にまとまっているので、MBTIのことを初めて知ったという方にもおすすめです。

以下の「Amazonで見る」のリンク先より試し読みすることができるので、目次などを一度見てみるだけでも参考になります。

自分のタイプが分かった方は、こちらからタイプ間の相性も確かめることができます↓

この記事を書いた人
ナル心理学

ナル心理学では、16タイプ分類性格診断テスト(≒MBTI診断)を中心に解説!

ナル心理学をフォローする
この記事を読んだあなたの感想をSNSでシェアしてみましょう!
スポンサーリンク
ナルメカ(ナルキンのそうなるメカニズム) -NaruMECHANISM-

コメント

タイトルとURLをコピーしました