MBTI

“ENTP”の4文字の意味

MBTIの理論では、タイプにはある一貫した行動・判断の傾向がある(=指向)と想定しますが、ENTPにはどのような傾向があるのでしょうか?

実は、「ENTP」というタイプ名の4文字自体が、4つの指標における認知の偏りを表しています。他のタイプにおいても4文字のローマ字を見れば、どのような認知の偏りがあるか理解できる仕組みになっています。

「ENTP」認知の偏り(傾向)を簡単に説明すると、以下のようになります。

  • E = 外向タイプ …外や周りの環境を基準に考え・行動し、
  • N = 直観タイプ …物事の背後に隠された意味を見出し、
  • T = 思考タイプ …客観的で合理的、論理の整合性に基づいて判断し、
  • P = 知覚タイプ …計画どおりに実行するのではなく、臨機応変に対応する

MBTIやタイプ論において、上記の「外向」「直感」「思考」「知覚」といった用語は、日常的な日本語の使い方とは異なる部分が多々あることに留意してください。
また、これらの単語はMBTIやユングが説明した外国語を翻訳したものに過ぎません。他サイトによって、「思考」の代わりに「道理」と訳しているものもあります。ナル心理学においても、本来の意味が通じるように翻訳し直している場合もあります

4つの性格指標(心理傾向軸)の詳細

上記では、“ENTP”認知の偏り(性格指標)を簡単に説明しましたが、これだけではENTPを理解するには不十分かもしれません。なぜなら、“ENTP”とは正反対の認知の偏りについてはまだ説明していないからです。正反対の性質を理解することは、その性質の本質を浮き彫りにし、ENTPの理解へと繋がるだけでなく、自分とは異なる考え方(認知の偏り)を持つ他者への理解にも繋がるでしょう。

以下の記事では、4つの性格指標(心理傾向軸)についてそれぞれ詳細に説明しています。これらの記事を読むことで、自分の認知傾向だけでなく、正反対の認知傾向も理解することができます。

このブログを広げるために1クリックお願いします

さらに16タイプ分類性格診断テスト(MBTI診断)を知りたい方へ
このサイトで紹介している16分類性格診断(MBTI)を深く知るには、以下の本『図解 あなたの天職がわかる16の性格』がおすすめです。この本は、16タイプごとの適職が分かるだけでなく、MBTIの要となる心理機能(認知機能)について端的にまとまっているので、MBTIのことを初めて知ったという方にもおすすめです。

以下の「Amazonで見る」のリンク先より試し読みすることができるので、目次などを一度見てみるだけでも参考になります。

自分のタイプが分かった方は、こちらからタイプ間の相性も確かめることができます↓

↓自分の性格タイプを知ってみたい方はこちら↓

この記事を書いた人
ナル心理学

ナル心理学では、16タイプ分類性格診断テスト(≒MBTI診断)を中心に解説しています。

心理学を学びたい!自分や他人の性格を知ってみたい!という方は是非ご覧ください‼︎

ツイッターでは、役立つ心理学やMBTIに関することを呟いているので、ぜひこちらもフォローしてくださいね^ ^

ナル心理学をフォローする
スポンサーリンク
ナルメカ(ナルキンのそうなるメカニズム) -NaruMECHANISM-

コメント

タイトルとURLをコピーしました