MBTI

INTP(研究者タイプ)の心理機能(認知機能)

INTP(研究者タイプ)心理機能(認知機能)を発達している順に見ていきましょう。

スポンサーリンク

第一機能(主要機能)

INTP(研究者タイプ)の第一機能(主要機能)は、内向的思考(Ti)です。INTPが最も信頼を寄せ、最も発達している機能です。

  • Ti(内向的思考)
    • 精神的世界を重視し,一貫した知識世界の構築を目指す
    • 分析と問題発見に優れ,トラブル対応に適している

より詳しい説明もご覧ください↓

スポンサーリンク

第二機能(補助機能)

INTP(研究者タイプ)の第二機能(補助機能)は、外向的直観(Ne)です。2番目に発達しており、第一機能を補助するように機能します。

  • Ne(外向的直感)
    • 実世界における経験と可能性を重視
    • 成長と改良に腐心する

より詳しい説明もご覧ください↓

第三機能(代替機能)

INTP(研究者タイプ)の第三機能(代替機能)は、内向的感覚(Si)です。3番目に発達しており、第二機能がうまく働かなとき、代わりに第一機能を補助するように機能します。

  • Si(内向的感覚)
    • 事実や過去のイベントの記憶を重視(伝統)
    • ルールや義務に忠実で,大変な仕事にも首尾一貫して取り組む

より詳しい説明もご覧ください↓

第四機能(劣等機能)

INTP(研究者タイプ)の第四機能(劣等機能)は、外向的感情(Fe)です。INTPは、この機能が最も未発達です。相手がこの機能を使用していると嫌悪を感じるかもしれません。

  • Fe(外向的感情)
    • 他人の感情を重視
    • 他人を助けることに喜びを感じる

より詳しい説明もご覧ください↓

最後に、INTPの認知機能を図にまとめると以下のようになります↓
(左側が内向的機能、右側が外向的機能を表しています)

このブログを広げるために1クリックお願いします

さらに16タイプ分類性格診断テスト(MBTI診断)を知りたい方へ
このサイトで紹介している16分類性格診断(MBTI)を深く知るには、以下の本『図解 あなたの天職がわかる16の性格』がおすすめです。この本は、16タイプごとの適職が分かるだけでなく、MBTIの要となる心理機能(認知機能)について端的にまとまっているので、MBTIのことを初めて知ったという方にもおすすめです。

以下の「Amazonで見る」のリンク先より試し読みすることができるので、目次などを一度見てみるだけでも参考になります。

自分のタイプが分かった方は、こちら(外部サイト)からタイプ間の相性も確かめることができます↓

↓自分の性格タイプを知ってみたい方はこちら↓

この記事を書いた人
ナル心理学

ナル心理学では、16タイプ分類性格診断テスト(≒MBTI診断)を中心に解説しています。

心理学を学びたい!自分や他人の性格を知ってみたい!という方は是非ご覧ください‼︎

ツイッターでは、役立つ心理学やMBTIに関することを呟いているので、ぜひこちらもフォローしてくださいね^ ^

ナル心理学をフォローする
スポンサーリンク
ナルメカ(ナルキンのそうなるメカニズム) -NaruMECHANISM-

コメント

タイトルとURLをコピーしました