MBTI

認知の仕組み「認知機能=知覚機能+判断機能」

MBTI

MBTIのタイプを知る上で、”認知“の理解は必要不可欠です。なぜなら、MBTIは、人それぞれが持つ認知の傾向・偏り(いわゆる、くせ)によってタイプを分類しているからです。

人は無意識にでも、物事を絶えず「認知」しています。今回は、うな重を例に出しつつ、人が物事を認知する仕組みについて解説します。

スポンサーリンク

認知とは

一般に認知科学において、認知は生物が対象の知識を得るために、外部の情報を能動的に収集し、それを知覚・記憶し、さらに推理・判断を加えて処理する」ことと定義されます。

認知機能の見える化プロジェクト『認知機能とは』より引用↓

認知機能
記憶力ものごとを忘れずに覚えておき、必要な時に取り出す力
計画力その場の状況に合わせて最適な計画を考え、準備し、行う力
注意力大切なことや必要なことに気づいて入手し、意識を集中させ、持続する力
見当識現在の年月や時刻、自分がどこにいるかなど基本的な状況を把握している力
空間認識力物体の位置・方向・姿勢・大きさ・形状・間隔など、物体が3次元空間に占めている状態や関係を、すばやく正確に把握、認識する力

*上記の表は、認知機能の見える化プロジェクト『認知機能 – 概説 –』 より引用及び筆者改変した物です

スポンサーリンク

認知の流れ

認知(にんち)とは、心理学などで、人間などが外界にある対象を知覚した上で、それが何であるかを判断したり解釈したりする過程のこと。

ウィキペディア(Wikipedia)『認知』 より引用

つまり、人が認知するとき以下のような流れになります。

認知の流れ
  • 何かがある(対象物)

    うな重がテーブルの上にある

  • 五感を使って、知覚する

    Aさん「うな重うまそうだな」
    Bさん「うな重といえば、名探偵コナンの元太くんがだよな」

  • その情報を基に解釈したり、判断する

    Aさん「お腹も減ったし、食べちゃおう!」
    Bさん「そもそもなんで、テーブルにうな重があるんだ? 家族の誰かが買ってきたのかな」

MBTIでは、この機能を認知機能(cognitive function)心理機能(mental function)と呼んでいます。

認知の仕方は人により偏りがありそれが人の性格や長所・短所を決めるとMBTIでは考えられています。

そして、認知機能(心理機能)は、さらに知覚機能判断機能に分類されます。

認知機能知覚機能+判断機能

知覚機能

知覚(ちかく、英: perception)とは、動物が外界からの刺激感覚として自覚し、刺激の種類を意味づけすることである。

ウィキペディア(Wikipedia)『知覚』 より引用

うな重を見た時の知覚の例

  • 良い匂いがする
  • 茶色い
  • 美味しそう
  • そういえば、隣町のうなぎ屋さん潰れちゃったな
  • 名探偵コナンの元太くんを連想する
  • うな重はスタミナをつけるのに良さそう

同じうな重を見たときでも、人によって受け取り方(知覚)に違いがあります。

その違いは、感覚直観に分類されます。つまり、以下のようになります↓

知覚機能=感覚+直観

感覚と直観については以下の記事を参考にしてください。

判断機能

はん だん [1]【判断】

( 名 ) スル物事理解して、考え決めること。論理基準などに従って判定下すこと。 「 -を下す」 「 -をあおぐ」 「善悪を-する」 「 -がつかない

三省堂 大辞林 第三版 より引用

うな重を知覚した後の解釈・判断の例

  • お腹も空いたし食べよう
  • 美味しそうだから、弟にも一口あげよう
  • 最近太ってきたから、食べるのは我慢しておこう
  • 夜中にお腹が空くから、今は食べるのは半分だけにして、残りは夜食用にとっておこう

同じうな重を知覚したときでも、人によって解釈・判断の仕方や基準に違いがあります。

その違いは、感情思考に分類されます。つまり、以下のようになります↓

判断機能=感情+思考

感情と思考については以下の記事を参考にしてください。

人によって、認知の癖があることはなかなか認識されていません。なぜなら、自分自身にとっては、それが当たり前になっていて、他の認知の仕方を想像できないからです。”コナンの元太”は”メンタリストDAIGO”の認知を想像し辛く、”DAIGO”は”元太”の認知を想像し辛いでしょう。

ですが、MBTIを学ぶことで、多様な認知の仕方に触れ学ぶことで、人生の幅が広げることができるかもしれません。

MBTI(エムビーティーアイ : Myers-Briggs Type Indicator)とは、とても良く当たる性格診断テストです。

MBTIについてまだ、知らないという方は、以下の記事を参考にしてください。

このブログを広げるために1クリックお願いします

さらに16タイプ分類性格診断テスト(MBTI診断)を知りたい方へ
このサイトで紹介している16分類性格診断(MBTI)を深く知るには、以下の本『図解 あなたの天職がわかる16の性格』がおすすめです。この本は、16タイプごとの適職が分かるだけでなく、MBTIの要となる心理機能(認知機能)について端的にまとまっているので、MBTIのことを初めて知ったという方にもおすすめです。

以下の「Amazonで見る」のリンク先より試し読みすることができるので、目次などを一度見てみるだけでも参考になります。

自分のタイプが分かった方は、こちら(外部サイト)からタイプ間の相性も確かめることができます↓

↓自分の性格タイプを知ってみたい方はこちら↓

この記事を書いた人
ナル心理学

ナル心理学では、16タイプ分類性格診断テスト(≒MBTI診断)を中心に解説しています。

心理学を学びたい!自分や他人の性格を知ってみたい!という方は是非ご覧ください‼︎

ツイッターでは、役立つ心理学やMBTIに関することを呟いているので、ぜひこちらもフォローしてくださいね^ ^

ナル心理学をフォローする
スポンサーリンク
ナルメカ(ナルキンのそうなるメカニズム) -NaruMECHANISM-

コメント

タイトルとURLをコピーしました