MBTI

MBTIタイプ特有の認知の特徴

MBTIの診断では、その人の認知を二分法によって分類します。つまり何かを認知するとき、Aという認知的傾向、それと対極であるBという認知的傾向のどちらに偏っているか(指向)を調べます。AとBは互いに正反対の性質を有する認知的傾向であり、そのどちらか一方を自然と使う(好む)傾向を「指向」と呼びます。(例えば、「今目の前の具体的な現実」と「これから起こりうる未来のこと」には、同時に意識を向けることができない)

A ←認知の偏り→ B

これは、利き手(右利きか左利きか)を調べることと同じことを表しています。利き手を使うときは、自然で無意識のレベルで上手に扱えますが、反対の手で何か作業しようとすると、意識し集中する必要があり、どうしてもぎこちなく不自然になります。それと同じようにMBTIでは、脳や心にとっての”利き手”を調べることができます。

スポンサーリンク

4つの性格指標(心理傾向軸)からみる認知的傾向

MBTIでは、脳や心にとっての”利き手”とも言える認知の偏りを特定するために、4つの指標*を定めています(*その指標のことをナル心理学では、心理傾向軸とも呼びます)。

その4つの指標とは「外向と内向」「感覚と直感」「思考と感情」「知覚と判断」であり、それぞれ対極の2つの認知的傾向によって構成されています。(これら4つの指標については後ほど説明します)

異文化空間『<まとめ>MBTIの16の性格』by大迫 友 より引用

この4つの指標において、どちらの傾向がより強いか(=どちらをより指向するか)、それによってタイプを判定します(例えば、外向と内向のうち、外向を指向する等)。

このブログを広げるために1クリックお願いします

さらに16タイプ分類性格診断テスト(MBTI診断)を知りたい方へ
このサイトで紹介している16分類性格診断(MBTI)を深く知るには、以下の本『図解 あなたの天職がわかる16の性格』がおすすめです。この本は、16タイプごとの適職が分かるだけでなく、MBTIの要となる心理機能(認知機能)について端的にまとまっているので、MBTIのことを初めて知ったという方にもおすすめです。

以下の「Amazonで見る」のリンク先より試し読みすることができるので、目次などを一度見てみるだけでも参考になります。

自分のタイプが分かった方は、こちらからタイプ間の相性も確かめることができます↓

↓自分の性格タイプを知ってみたい方はこちら↓

この記事を書いた人
ナル心理学

ナル心理学では、16タイプ分類性格診断テスト(≒MBTI診断)を中心に解説しています。

心理学を学びたい!自分や他人の性格を知ってみたい!という方は是非ご覧ください‼︎

ツイッターでは、役立つ心理学やMBTIに関することを呟いているので、ぜひこちらもフォローしてくださいね^ ^

ナル心理学をフォローする
スポンサーリンク
ナルメカ(ナルキンのそうなるメカニズム) -NaruMECHANISM-

コメント

タイトルとURLをコピーしました