ナルキン心理学

心理機能の統合(ジンテーゼ)の具体例(FiとTeの場合)

スポンサーリンク

ひとつの心理機能だけに頼ると行き詰まる

仮にあなたが経営者だとします。会社の業績を上げていく(Te)には

あなた;Te(外向的思考)→ 全体のプロジェクトを遂行するため(社員に)作業を割り振り、効率よく作業をさせればよい

これは真理であり、正しいです。

しかし、これは無数にある真理のうち、ほんの一つに過ぎないことを留意しなければなりません。例えば、本当にTe(外向的思考)のみでプロジェクトをうまく遂行させられるでしょうか? 社員の固有の性質(Fi)希望している職種(Fi)を無視して本当に可能でしょうか? もちろん、それは難しいでしょう。

つまり、社長が社員に仕事をさせる時には

Te(効率を高める)にはFi(個々の社員が嫌いなことや苦手なことよりも好きなことや得意なことをする)も必要ということです。

Te(外向的思考)とFi(内向的感情)は正反対の心理機能(認知機能)ですが、それでも、Te一辺倒では会社も行き詰ってしまうでしょう。ブラック企業まっしぐらで社員も士気が下がってしまうと、上手くいくものも上手くいかなくなっていまいます。

つまり、Te(外向的思考)の真価を真に発揮するにはFi(内向的感情)とのジンテーゼ(統合)が必要なのです。

ジンテーゼ(統合)については以下の記事がとても参考になります↓

スポンサーリンク

心理機能をジンテーゼ(統合)する

ところが多くの人は、以下のように板挟みになってしまいます。
どちらか一方だけを好んで使いがちだからです。

また、第一機能(主要機能)↔︎第四機能(劣等機能)で板挟みになってしまいます。右を向きながら左を向くことはできないと思うからです。 しかし、第四機能に行けないからと第一機能だけに偏る必要もありません(第一機能だけに偏ったら偏ったで第一機能だけが暴走するから危険ですらあります)

つまり、改めて言うと、ジンテーゼ(統合)が必要であるということです。

Te(仕事の効率を高め会社の利益を上げるために社員に上から仕事を割り振る)際にはFi(個々の社員が嫌いなことや苦手なことよりも好きなことや得意なことをある程度させていく) Te(会社の利益を上げるため)必要、ということです。

逆にいえば、例えば理想を叶える時に

Fi(理想を叶える)にはTe(社会のルールを学びながら物事を効率よく処理する)ことが必要、とも言えます。
例えば、 Fi( 漫画家や音楽家として暮らす)ために Te( 売れるためには何でも挑戦し、結果を残していく、また漫画家なら自分の好みより売れるマンガを描く、音楽家なら自分のしたい音楽より売れる音楽を作ったり演奏する)ことが Fi( 漫画家や音楽家として暮らす)ために重要です。

つまり、両者ともに真理(正しいこと)であり、どこの視点から物事を見るかの話しでしかありません。さらには、物事を成し遂げるにあたり、両者のループが見られます。正反対のようで、統合できた人には両者とも重要なことが実感できます。

まとめですが、

第一機能↔︎第四機能 の二律背反(どちらか一方だけをとる)をしてしまうと、それゆえに第一機能→第四機能に極端にブレてしまいます。

ゆえにジンテーゼすることが推奨されます。

このブログを広げるために1クリックお願いします

さらに16タイプ分類性格診断テスト(MBTI診断)を知りたい方へ
このサイトで紹介している16分類性格診断(MBTI)を深く知るには、以下の本『図解 あなたの天職がわかる16の性格』がおすすめです。この本は、16タイプごとの適職が分かるだけでなく、MBTIの要となる心理機能(認知機能)について端的にまとまっているので、MBTIのことを初めて知ったという方にもおすすめです。

以下の「Amazonで見る」のリンク先より試し読みすることができるので、目次などを一度見てみるだけでも参考になります。

自分のタイプが分かった方は、こちら(外部サイト)からタイプ間の相性も確かめることができます↓

↓自分の性格タイプを知ってみたい方はこちら↓

この記事を書いた人
ナル心理学

ナル心理学では、16タイプ分類性格診断テスト(≒MBTI診断)を中心に解説しています。

心理学を学びたい!自分や他人の性格を知ってみたい!という方は是非ご覧ください‼︎

ツイッターでは、役立つ心理学やMBTIに関することを呟いているので、ぜひこちらもフォローしてくださいね^ ^

ナル心理学をフォローする
スポンサーリンク
ナルメカ(ナルキンのそうなるメカニズム) -NaruMECHANISM-

コメント

タイトルとURLをコピーしました