MBTI

ENTJ(リーダータイプ)の第二・第三機能の統合

ENTJ(リーダータイプ)の第二・第三機能の統合について解説します。

『mbti性格タイプ論の視点から世界を覗こう』(サイト消滅)より引用開始(一部改変)

スポンサーリンク

内向的直観(Ni)と外向的感覚(Se)のバランスを取る

ENTJの青年期における課題は、 第二の心理機能である 内向的直観(Ni) と第三の心理機能である 外向的感覚(Se) のバランスを取ることにあります。

一般的で普遍的な、末永く続く智慧を求め思案するか、 それとも、現状から目を放すことなく、 現場に即した行動を取ることで チャンスをつかみ取り困難を乗り越えてゆくか。 その間で葛藤が生じます。

これら二つの心理機能のどちらが優位に働くのか、それは時と場合によって違ってきます。 はじめから、両方共、うまく統合させて働かすことはできません。 その場その場で、うまく使い分けることになります。

概ね 内向的直観(Ni) の方がよく働きますが、 社交的、活動的に振舞っているときは、外向的感覚(Se)の方を よく使うことになるでしょう。

どちらか一方の働きが強くなりすぎて、その良くない面が影響してしまうことがあります。 実際は、この二つの心理機能はバランスを保って共同して働かせることで、統一した認識に至ります。

若い頃は特に、社会や組織、ビジネスの方向性、 科学や技術などについて一般的で抽象的な疑問を抱き、よく勘が働きます。 しかし、統一見解が得られず、悩むことがあります。

そんなときは、外向的感覚(Se)の働きを信頼し、 行動や実践、自分自身の身体で直に体験し、 ありのままの現実を幅広く捉えることによって、 現実味を帯びた理解が得られることに気がつくようになります。 それが突破口となるでしょう。

観察力と行動力をもって、瞬間瞬間に集中し、 躍動感のある体験をすることで、頭がスッキリとすることでしょう。

ときに、リスクのあることにも果敢に挑戦することで 気がつくことも多く、 さらなるビジョンが明確になってきます。 そうやって、 人生を切り開いてゆく気概を持つことに意義を見出し、 充実した日々を送ることができるようになります。

現場に赴き、現状を把握し、目で見て他者をよく観察することで、現状からかけ離れることがなくなります。 そうすることで得られた情報は、熟考段階において明確なヴィジョン与える材料になります。

内向的直観(Ni)と 外向的感覚(Se)の働きに注意しながら情報を集めることで、 現状をありのままに捉えながらも、長期的なビジョンを持って計画を遂行してゆくことができるようになります。

『mbti性格タイプ論の視点から世界を覗こう』(サイト消滅)より引用終了(一部改変)

このブログを広げるために1クリックお願いします

さらに16タイプ分類性格診断テスト(MBTI診断)を知りたい方へ
このサイトで紹介している16分類性格診断(MBTI)を深く知るには、以下の本『図解 あなたの天職がわかる16の性格』がおすすめです。この本は、16タイプごとの適職が分かるだけでなく、MBTIの要となる心理機能(認知機能)について端的にまとまっているので、MBTIのことを初めて知ったという方にもおすすめです。

以下の「Amazonで見る」のリンク先より試し読みすることができるので、目次などを一度見てみるだけでも参考になります。

自分のタイプが分かった方は、こちらからタイプ間の相性も確かめることができます↓

この記事を書いた人
ナル心理学

ナル心理学では、16タイプ分類性格診断テスト(≒MBTI診断)を中心に解説!

ナル心理学をフォローする
この記事を読んだあなたの感想をSNSでシェアしてみましょう!
スポンサーリンク
ナルメカ(ナルキンのそうなるメカニズム) -NaruMECHANISM-

コメント

タイトルとURLをコピーしました