MBTI

外向的感覚(Se) 「一瞬一瞬を生きる人」

MBTI

MBTI(エムビーティーアイ : Myers-Briggs Type Indicator)は、とても良く当たる性格診断テストで知られていますが、人にはそれぞれ得意な(よく使っている)心理機能(認知機能)があると考えられています。そのうちの1つが「外向的感覚(Se)」で、この機能が強い人は、行動的で五感が鋭いです

下の図で表されているように、外向的感覚(Se) は現在に焦点を当てる心理機能で、現在の状況を素早く把握し、チャンスを逃しません。

上記の図は、@gochilotteより許可を得て、掲載しています

MBTIについてまだ、知らないという方は、以下の記事↓を参考にしてください。

また、事前に4つの心理傾向軸↓についても知っておくことで、より心理機能(認知機能)を理解することができます。

スポンサーリンク

外向的感覚(Se) とは

『mbti性格タイプ論の視点から世界を覗こう』(サイト消滅)より引用開始(一部改変)

自分の身体や他人、そして外界にある物をありのままに詳細に受け取ります。 私たちは、眼、耳、鼻、舌、肌のそれぞれの感覚器官を通して、 視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚の五感を得ることができ、外部の情報を受け取ります。 本能的で現実的な心理機能です。 身の回りにある物の様々な色、質感や音、美しい造形など、五感で捉えられるあらゆることに敏感です。 自由を求め、それを享受したいと感じます。 身体的なスリルや新しい刺激、そして物質的な心地よさを求めます。

キーワード
本能、五感、現実的、敏感、繊細、刺激を求める、好奇心、リスクを取る、自由を求める、開放感、物理的環境、変化、 詳細、気づく、今この時、この瞬間、スリル、機会を逃さない、タイミング、物質的利益、浪費、乗り物、道具、 気概、行動、俊敏、素早さ、詳細を認識、観察、経験、体験、実演、衝動、手作業、肉体労働、魅せる、見せびらかす、没頭

外向的感覚が第一心理機能であるタイプは、ESFP(楽天家タイプ), ESTP(冒険家タイプ)です。
外向的感覚が第二心理機能であるタイプは、ISFP(芸術家タイプ), ISTP(実務家タイプ)です。

外向的感覚が発達しているタイプは、この外部からの情報を事細かに受け取ることに馴染んでいます。 瞬間瞬間の周囲の状況その変化、そして外部からの刺激を機敏に察知することができます。

観察対象の変化によく気がつくため、行動に出るタイミングを適切に計ることができます。

今このとき、この瞬間を強烈に体験することができるので、行動によって即時に起こる変化に興味が沸きます。

外部から素早く出来るだけ多くの情報をキャッチしようとします。 そのため、いろいろな方へ注意を向け、よく動き回ります。

距離感や、行動の影響が及ぶ物理的な範囲などをしっかりと把握することができるので、 スキー、スケート、車、バイク、飛行機などが好きです。 また、同様の理由でスピード感のあるスポーツを好みスリルに満ちた体験を楽しみます。

実際に、このタイプは五感によって察知した情報をもとに自然と体を動かすことができ、 身体能力が発達していることが多く、運動や手を使った作業が得意であることがよくあります。

身体によって感じ取られる物理的環境との一体感と完全な没頭によってもたらされる感覚(sensation) こそ、このタイプが求めていることなのです。

瞬間瞬間で外部から与えられる刺激や情報を見逃すことなく捉えようとします。 いつでも、状況に応じて素早く対応することが大切だと考えます。 今現在に意識を集中させ、どんなことも最初で最後のチャンスと考え逃すことがないように心がけます。

実際にそうすることで困難な現状を乗り越えてゆきます。 緊急事態に際しては、驚くほど柔軟に対応することができます。

考えが足りず失敗することもありますが、 いつでも現在に集中し、行動を繰り返すので、いつのまにか障害を乗り越え、 大きく前進して成功をつかみ取ります。

何よりも行動をすることが大切です。 よく観察し真似ることで学習効率が良くなります。 体験することによって、はじめて多くの刺激を受けることができ、楽しみながら学ぶことができるのです。

こういった理由から現実的で実用的なことに興味が沸きます。 いろいろな道具の利用法を覚え、遊んだり、物を直したりします。 一方、抽象的な理論の学習にはすぐに飽きてしまう傾向があります。

このタイプは、思考や感情が外向的感覚の心理機能によって表現されることがよくあります。 その場合は、言葉ではなく、行動によって表現されます。

言葉で表現されないとはっきり伝わらないタイプにとってはお互いにフラストレーションを感じてしまうことになるので この点をよく理解するとよいでしょう。

楽しいことが好きで、食事、スポーツ、家事、ドライブ、娯楽などを一緒に楽しむことで親密さを感じます。

外部の物理的な様子や刺激に敏感なので、美味しい食事、珍しい風景、美しい調度品などに魅力を感じます。 また、美しい、もしくは、たくましい身体に憧れを感じ、それを獲得したいと望みます。

このタイプの瞬間瞬間を一生懸命生きよく動きまわり働くことができることは美点ですが、 高価な趣味で浪費し散財する傾向があります。 身体の刺激を強く求める傾向が強すぎると、過度な刺激を求めたり、身体を甘やかす誘惑に乗りやすくなってしまいます。

『mbti性格タイプ論の視点から世界を覗こう』(サイト消滅)より引用終了(一部改変)

このブログを広げるために1クリックお願いします

さらに16タイプ分類性格診断テスト(MBTI診断)を知りたい方へ
このサイトで紹介している16分類性格診断(MBTI)を深く知るには、以下の本『図解 あなたの天職がわかる16の性格』がおすすめです。この本は、16タイプごとの適職が分かるだけでなく、MBTIの要となる心理機能(認知機能)について端的にまとまっているので、MBTIのことを初めて知ったという方にもおすすめです。

以下の「Amazonで見る」のリンク先より試し読みすることができるので、目次などを一度見てみるだけでも参考になります。

自分のタイプが分かった方は、こちら(外部サイト)からタイプ間の相性も確かめることができます↓

↓自分の性格タイプを知ってみたい方はこちら↓

この記事を書いた人
ナル心理学

ナル心理学では、16タイプ分類性格診断テスト(≒MBTI診断)を中心に解説しています。

心理学を学びたい!自分や他人の性格を知ってみたい!という方は是非ご覧ください‼︎

ツイッターでは、役立つ心理学やMBTIに関することを呟いているので、ぜひこちらもフォローしてくださいね^ ^

ナル心理学をフォローする
スポンサーリンク
ナルメカ(ナルキンのそうなるメカニズム) -NaruMECHANISM-

コメント

タイトルとURLをコピーしました