MBTI

MBTIタイプの相性「準双対関係 惹かれ合い、反発し、和解しては、惹かれ合い・・・ 」

『mbti性格タイプ論の視点から世界を覗こう』(サイト消滅)より引用開始(一部改変)

  • ESTJ & ISFJ
  • ENFP & ISFP
  • ENTJ & INFJ
  • ESFP & INFP
  • ESFJ & ISTJ
  • ENTP & ISTP
  • ENFJ & INTJ
  • ESTP & INTP

お互いがどこか神秘的に見え、好奇心を持つことになります。 共通の関心ごとを見つけるのは簡単で、語り合う話題は尽きることがなく、退屈することもまたないでしょう。 話し合いの時点では、自然と相手の言っていることや目的を理解することができ、親密さを感じます。 特に、両者の抱えている問題に真摯になって目を向けることができます。

しかし、実際には両者ともに異なるやり方で世界を見ています。 そのため、一方が何か大切なことを表に出さないようにしているように感じられます。 深い理解に至ることは容易ではありません。 そのためにも、8つの心理機能とタイプの心理機能の順番について知ることは有益なことです。

むやみやたらとお互いを理解しようとすれば、エネルギーを浪費するだけでしょう。

問題が生じるのは、実際に計画を行動に移す場合です。 話し合っているときには、感じることのなかった決定的な違いを目の当たりにして、 がっかりしたり、困惑したりします。

問題が生じるのは、実際に計画を行動に移す場合です。 そのときに、決定的な違いを感じることがあり、がっかりしたり、困惑することがあります。

衝突が起こっても、容易に和解することでしょう。 その繰り返しです。

男女の間柄の場合には、お互いに魅力を感じます。 互いの理解が完全にならない内に、不和が生じ、どちらかともなく今までのことを反故にしてしまうことがあります。 それでも、完全に疎遠になることはなく、時間が立てば再び仲良くなります。 しかし、それはまた、将来的に不和が生じるであろうことの前段階でもあるのです。

このようにして、仲良くなり、幸せなひとときで親密な関係を築き、衝突が起こって、和解をする、といったパターンを繰り返します。 それは、他人からは本当に仲の良い間柄のように見えます。 男女の場合は、相手を気遣い、情熱的に愛し合っているように見えるものです。

どんなに繰り返しても、根本的な理解には至ることがないかもしれませんが、それでも徐々に 関係は深まります。 概ね良好な関係です。

引用終了

このブログを広げるために1クリックお願いします

さらに16タイプ分類性格診断テスト(MBTI診断)を知りたい方へ
このサイトで紹介している16分類性格診断(MBTI)を深く知るには、以下の本『図解 あなたの天職がわかる16の性格』がおすすめです。この本は、16タイプごとの適職が分かるだけでなく、MBTIの要となる心理機能(認知機能)について端的にまとまっているので、MBTIのことを初めて知ったという方にもおすすめです。

以下の「Amazonで見る」のリンク先より試し読みすることができるので、目次などを一度見てみるだけでも参考になります。

自分のタイプが分かった方は、こちら(外部サイト)からタイプ間の相性も確かめることができます↓

↓自分の性格タイプを知ってみたい方はこちら↓

この記事を書いた人
ナル心理学

ナル心理学では、16タイプ分類性格診断テスト(≒MBTI診断)を中心に解説しています。

心理学を学びたい!自分や他人の性格を知ってみたい!という方は是非ご覧ください‼︎

ツイッターでは、役立つ心理学やMBTIに関することを呟いているので、ぜひこちらもフォローしてくださいね^ ^

ナル心理学をフォローする
スポンサーリンク
ナルメカ(ナルキンのそうなるメカニズム) -NaruMECHANISM-

コメント

タイトルとURLをコピーしました