MBTI

16タイプ分類性格診断テスト(=MBTI診断) -タイプ別の割合-

MBTI

16タイプ分類性格診断テスト(≒MBTI診断) における、16タイプ別の人口の割合をご紹介します。
あなたのタイプが人口のどのくらいの割合を占めているのか、タイプ間の男女比率はどのくらいか等が分かります。

↓自分の性格タイプを知ってみたい方はこちら↓

スポンサーリンク

人口の割合

まず、日本人の16タイプの割合を紹介するにあたって、モチラボ16タイプ性格診断〜タイプ別の割合』より2つのデータを引用させていただきます。有益なデータを公開していただモチラボ様には、誠に感謝しております。

次に、日本版MBTIマニュアルによる日本における16タイプの割合です↓

出典:日本版MBTIマニュアル P.80
2011.10.3 (株)PDS総合研究所

本家、MBTIマニュアルからのデータはこちらです↓

MBTIでも権威あるMBTI Manualより公表 

アメリカにおける16タイプの割合↓

韓国における16タイプの割合↓

personalitiy cafe より引用
スポンサーリンク

男女の割合

次に男女の割合をご紹介します。
これを見れば、世間で言われている男性らしい性格(=男性に多い性格)、女性らしい性格(=女性に多い性格)がわかるかもしれませんね。

Slayerment『MBTI in Gender — Men & Women Personality Differences』 より引用

上2つのデータを見る限り、思考タイプ(T)は男性に多く、感情タイプ(F)は女性が多いことが分かります。

次に男性だけ・女性だけでの16タイプの割合をご紹介します。

f:id:m4FQR9ys6JbETJB:20180520141259p:plain
f:id:m4FQR9ys6JbETJB:20180520141321p:plain

このブログを広げるために1クリックお願いします

さらに16タイプ分類性格診断テスト(MBTI診断)を知りたい方へ
このサイトで紹介している16分類性格診断(MBTI)を深く知るには、以下の本『図解 あなたの天職がわかる16の性格』がおすすめです。この本は、16タイプごとの適職が分かるだけでなく、MBTIの要となる心理機能(認知機能)について端的にまとまっているので、MBTIのことを初めて知ったという方にもおすすめです。

以下の「Amazonで見る」のリンク先より試し読みすることができるので、目次などを一度見てみるだけでも参考になります。

自分のタイプが分かった方は、こちら(外部サイト)からタイプ間の相性も確かめることができます↓

↓自分の性格タイプを知ってみたい方はこちら↓

この記事を書いた人
ナル心理学

ナル心理学では、16タイプ分類性格診断テスト(≒MBTI診断)を中心に解説しています。

心理学を学びたい!自分や他人の性格を知ってみたい!という方は是非ご覧ください‼︎

ツイッターでは、役立つ心理学やMBTIに関することを呟いているので、ぜひこちらもフォローしてくださいね^ ^

ナル心理学をフォローする
スポンサーリンク
ナルメカ(ナルキンのそうなるメカニズム) -NaruMECHANISM-

コメント

タイトルとURLをコピーしました