ナルキン(筆者)の思想まとめ 時事

株価を動かすのは人のココロ!? 株価を予想する驚きの方法とは

ナルキン(筆者)の思想まとめ

株や経済は、人のココロとは無縁だと思っている人が多いのではないでしょうか?

しかし、意外にも株価は、経済・社会的要因以外に、人のココロが密接に関係しています。

投資のプロであるジョージソロスも、「相場の心を読む」という本を出版しています。以下の著書は、両方とも評価が非常に高いです。

相場の心を読む

投資家でジョージソロス知らない人はおそらく世界にいないほど、超有名な投資家です(資産は2兆円以上。日本で言えばソフトバンクの孫正義さんか、孫正義さん以上に大金持ちの人です。日本人でも、その道の人は必ず知っています。)

彼は、人の心理やトレンドに追従・先読みし、株価を予測し、大金持ちになっています。

ジョージソロスは、MBTIという性格診断タイプでは、全タイプの中で最も知的であるINTP(研究者タイプ)と言われてます。

それでは、どのように株価と人の心理が関係するのか解説します。

スポンサーリンク

株価にも影響する「予言の自己成就」

みなさんは、「予言の自己成就」という理論をしっていますか?
簡単に説明すると、人が信じたことが本当に実現してしまう現象のことを言います。

2020年ごろに「新型コロナ」の影響でトイレットペーパーが品切れになるというデマが広がり、実際にトイレットペーパーが品切れになるということがありました。それもマを信じた結果、それが「実現」してしまったのです。詳しくは以下の記事を参照してください↓

株でも同じことが起こり得ます。

ジョージソロスはそれ逆手に取り、大金持ちとなりました。

例えば、以下の2つの例を見て見ましょう。

バブル(ブームの発生)
  • (1人が)株価が上がると思うから買う
  • 本当に上がる
  • (それを見て)他の人も上がると思う
  • 他の人が買う

  • これを繰り返す

  • 気づいたら全員が買う
暴落(バースト)の発生
  • (1人が)株価が下がると思うから売る
  • 本当に下がる
  • (それを見て)他の人も下がると思う
  • 他の人が売る
  • これを繰り返す
  • 気づいたら全員が売る

さらに具体的な例として、ビットコインと日経株価の株価変動を見て見ましょう

株価が上がる(=バブル)メカニズムを図式化すると以下のようになります↓

暴落の場合は、その逆のことが起こっています。

  1. 株価が何かの拍子に下がる
  2. (実際にはそうではなくても)景気が悪くなると思い込む
  3. (一人一人が)買い控える
  4. 消費が落ち込む
  5. 実際に売り上げが落ちる
  6. 景気が悪くなる(ことが実現する)
スポンサーリンク

人は恐怖で動く!? プロスペクト理論とは

さらに、人は恐怖の方をより恐れるため、暴落の方が早いのです。
それを「プロスペクト理論」と言います↓

プロスペクト理論とは、つまり「(人間は利得より損失をより評価する)→喜びより恐怖によって動く」ということを意味しています。

たとえば、1000万円から1500万円に儲けたときのよろこびよりも、1000万円から500万円の損失を出したときの悲しみのが大きいのです。

例えば他にも、コロナビールはコロナウイルスとは何の関係もないのに、コロナビールを飲まないという判断もプロスペクト理論が影響しています。

実際に、コロナウイルスが流行ってから「アンハイザー・ブッシュ・インベブ(コロナ・ビールを所有)」の 株価下がってしまっています↓

コロナビールとコロナウイルスが関係あるというデマ(噂)は、なかなか沈静化するのが難しいです。その理由についてはこちら↓を参考にしてください。

株に興味も持った方は、こちらの2冊の本がおすすめです。そのうち「7日でマスター 株チャートがおもしろいくらいわかる本」は、以下の「Amazonで見る」のリンク先より試し読みすることもできます。 目次だけでも見てみると面白いかもしれませんね。

株を始めたばかりのだいたいの人は、株価が暴落し初めても売らずにズルズル持ち続けて、負けてしまうことが多いです。 なので、上記のような本からもしっかりメカニズムを学ぶことが重要です。

さらに、株が上がるよりも下がる方が断然スピードが早いため注意が必要です。その理由は以下の記事で解説しています↓

株価を動かすの人のココロ

このように、株価(マーケット)さえも「予言の自己成就」や「プロスペクト理論」で表現されるように、人のココロで決まっている部分があるのです。

例えば、ジョージソロスは性格類型論で言えばINTP(研究者)タイプと言われ、投資家に向いているタイプと言われます。ジョージソロスのタイプであるINTP(研究者)タイプについて詳しく知りたい方は以下のリンク先に詳細が載っています↓

ジョージソロスは、人の心理を先読みし、マーケットについていくのが非常に得意なタイプです。

16種類あるタイプのうち、INTP(研究者タイプ)INTJ(戦略家タイプ)は投資が得意タイプ。そして、投資に苦手なタイプはESFP(楽天家)と言われています。 あなたはどのようなタイプでしょうか? 以下のリンク先より性格診断テストを受けることができます↓

あなたは、この記事を読んでどう思いましたか? 株価と心理学が関わっているのは意外だったかもしれませんね。 ぜひ、あなたの感想をSNSでシェアしてみましょう!

↓以下のボタンから各SNSにこの記事をシェアすることができます↓

このブログを広げるために1クリックお願いします

社会・経済ニュースランキング

この記事を書いた人
ナル心理学

ナル心理学では、16タイプ分類性格診断テスト(≒MBTI診断)を中心に解説しています。

心理学を学びたい!自分や他人の性格を知ってみたい!という方は是非ご覧ください‼︎

ツイッターでは、役立つ心理学やMBTIに関することを呟いているので、ぜひこちらもフォローしてくださいね^ ^

ナル心理学をフォローする
スポンサーリンク
ナルメカ(ナルキンのそうなるメカニズム) -NaruMECHANISM-

コメント

タイトルとURLをコピーしました