アンチエイジング

老化の原因、糖化を防ごう!今すぐできる抗糖化の具体的な方法をご紹介

アンチエイジング

糖化が起きると、老化促進物質であるAGEsが生成されてしまいます。

AGEsが体に蓄積すると、肌のシワ、くすみだけでなく、心筋梗塞や脳梗塞の発生率を高める動脈硬化を進行させます。

糖化によって引き起こされる具体的な問題については以下の記事で解説しています。

糖化を止めることが寿命を伸ばすカギになります。

この記事では、その糖化を止める具体的な方法をご紹介いたします。

スポンサーリンク

血糖値を適性に保つ

まず、血糖値を急激に高く上げないことがポイントになります。

なぜかというと、以下のようなメカニズムが働くからです。

  1. お腹を空いたとき、いきなり白米など糖質が多いものを食べると、急激に血糖値が上がります。
  2. そうすると、血中の糖を代謝しきれず、血中に糖が余ってしまいます。
  3. その余った糖が、体のタンパク質(血管や内臓)と結びつくと、老化促進物質であるAGEsが生成されます。

高血糖を防ぐ具体的な方法は以下の記事で解説しています。

スポンサーリンク

AGEsの生成自体を抑える

最近の研究では、いくつか糖化反応を抑制する素材が見つかっています。

日頃からその食品を食べる・飲むことで、糖化を抑えることができます!

抗糖化素材 TOP10

高価ではなく、手軽に毎日摂取でき、なおかつ糖化を抑制する素材があります。

それは、お茶です。

これまで 500 種類以上の食品サンプルを収集し、糖化反応を抑制する活性をひとつひとつ探索したところ、緑茶、玄米茶、甜茶、ドクダミ茶などの茶・健康茶に高い抗糖化作用があることが分かりました。緑茶に含まれるカテキンにはビタミンC や E の数十倍の抗酸化力があるといわれていますが、それ以外にも糖化反応を阻害し、AGEsの生成を抑制する効果がありました

同志社大学「糖化ストレス研究センター」
“抗糖化”で
健康長寿の社会を実現!
 より引用
抗糖化素材TOP10

茶・健康茶

1位 玄米茶
2位 紅茶
3位 甜茶

4位 緑茶
5位 ドクダミ茶

6位 ジャスミン茶
7位 ハマ茶
8位 プーアール茶
9位 烏龍茶
10位 ほうじ茶

※上記のランキングは、同志社大学「糖化ストレス研究センター」“抗糖化”で 健康長寿の社会を実現! より作成

抗糖化1位の玄米茶を漏れなく摂取するには、粉末したものがおすすめです。例えば、以下の「国太楼 有機粉末玄米緑茶入り 50g」は、約370円とお手頃価格の粉末タイプで、1袋で湯呑み150杯分も入っています。

また、玄米茶ではなく、緑茶が良い!という方は、以下の商品もおすすめです!

糖化を食い止めることで、お肌のハリができるだけでなく、寿命を伸ばすこともできるので、ぜひこの機会に糖化=老化を止めましょう!!

このブログを広げるために1クリックお願いします

この記事を書いた人
ナル心理学

ナル心理学では、16タイプ分類性格診断テスト(≒MBTI診断)を中心に解説しています。

心理学を学びたい!自分や他人の性格を知ってみたい!という方は是非ご覧ください‼︎

ツイッターでは、役立つ心理学やMBTIに関することを呟いているので、ぜひこちらもフォローしてくださいね^ ^

ナル心理学をフォローする
スポンサーリンク
ナルメカ(ナルキンのそうなるメカニズム) -NaruMECHANISM-

コメント

タイトルとURLをコピーしました