MBTI

ISFP(芸術家タイプ)の人間関係・恋愛

ISFP(芸術家タイプ)の人間関係・恋愛について解説します。

『mbti性格タイプ論の視点から世界を覗こう』(サイト消滅)より引用開始(一部改変)

スポンサーリンク

ISFPの人間関係について 

内向的感情(Fi)タイプだけあって、 とても誠実で思いやりをもって他者を受け入れようとします。

はじめのうちは、どこかよそよそしく、打ち解けないかもしれません。 落ち着きを払い、格式張っているようにも見えますし、 どこか神経質に気になることが多いようにも見えるかもしれません。

ガードは固く、 自分が感じていることや考えていることは自分の内にしまっておくことの方が多いです。 しかし、意外に気さくで仲間を大切にします。 気心の知れた人間どうしならば、リラックスして楽しむことができるでしょう。

困っている人を見つけると強く同情心が沸き起こり、少しでも自分に何かできることはないかと考えます。 外向的感覚(Se)優位なので、 言葉よりも具体的な行動によってできることを探そうとします。

優しく語りかけるような話し方をすることもあれば、 感情を交えず事実を事実として伝えようとすることもあります。

強い信念が一方的に吐き出されることもあり、 それが感心されることもあれば、傲慢であると受け取られることもあります。 良き思いを内に秘めていながらも、それを 外向的思考(Te)の様式で表に出すことが多々あるからです。 そんな悲しいサガに気がついて下さい。

興奮した発見や感動した体験を他者に伝え共有しようとします。

ひとりでいるときには、 内向的感情(Fi) と 内向的直観(Ni) がループし始め、神経がまいってしまうことがあります。 そうならないためにも、他者や周囲との接触は欠かせないものです。

スポンサーリンク

ISFPの恋愛について 

内向的感情(Fi)タイプだけあって、 始めのうちはぎこちなく、素直に打ち解けることのできないところがあります。

ついつい、かまって欲しいという隠された思いとは裏腹な行動をとってしまうことがあります。 しかし、これは一種の照れ隠しのようなもので、内心は誘われることを待っているのです。 これは、内向的感情(Fi)優勢タイプの悲しいサガです。

とても分かりづらいかもしれませんが、失望してはなりません。 相手の方は、このことを見抜いて優しくそして強くリードし心を開いてあげて下さい。 外向的感情(Fe)をよく使うタイプを見習うとよいでしょう。

一旦、心を開くことがあれば、 そのときまでに隠されていた 内向的感情(Fi)の強い思いが素直に現れて、 とても自然で忠実な恋人になります。 一心に愛情を注ごうとすることでしょう。

ISFPは音楽や自然を愛し、とてもムードを大切にする恋愛上手です。

楽しいことを素直に楽しいと思い、気持ちいいことを素直に気持ちいいと感じます。 何よりも今を大切にし、そういったことを共に楽しみたいと思っているのです。

内向的感情(Fi)と外向的感覚(Se) が協働するので、ことあるごとに愛を確かめ合いたいと感じます。

相手を思いやり、実際的な行為によってそれを示します。 とても献身的でお世話好きなところがあります。 なので、大抵の人間ならその愛情に気がつくでしょう。

相手の方は、ISFPがしてくれたこと、例えば何かを作ってくれたりなどしたときには、 そのことを素直に感謝し大切にしてあげて下さい。 なぜなら、ISFPはあまり言葉にはしないかもしれませんが、心に強い愛情を抱いているのです。 それをムゲに扱われては悲しく思うことでしょう。

結婚生活についてですが、 外向的感覚(Se)タイプなだけに、生活には現実感があります。 楽しみのためにお金を使い惜しみせず、ついつい使ってしまうこともありますが、 成人する頃には、内向的直観(Ni)もよく働くので、 そこまでひどいことにはならないでしょう。

独身生活においては、例え、かなり乱雑であったとしても、 結婚生活においては、何かと注意が行き届き、頼りになることでしょう。 NPタイプは、そのことを細かすぎると思うかもしれませんが、 大抵の場合は有り難いと思われるものです。

ISFPにとって、何らかの形で他者や動植物に愛情を注ぐことは人生におけるテーマになります。 このことに、ISFP自身が気がついているかどうかは分かりません。 しかし、そういった機会を得られない場合は、 独りやみくもに不規則でだらしない生活を送り続けることになってしまうかもしれません。

そういったことのないように、外向的思考(Te)をもってして、 目的意識を持って周囲に働きかけ、より良い現実をつかみとってゆきたいものです。

双対関係 にある ENTP や、 活発化する関係 にある INTJ 、そして 鏡像関係 にある ESFJ などは相性が良いということなので、参考までにどうぞ。

『mbti性格タイプ論の視点から世界を覗こう』(サイト消滅)より引用終了(一部改変)

ロードマップ – ISFP(芸術家タイプ) – クリックで開く

このブログを広げるために1クリックお願いします

さらに16タイプ分類性格診断テスト(MBTI診断)を知りたい方へ
このサイトで紹介している16分類性格診断(MBTI)を深く知るには、以下の本『図解 あなたの天職がわかる16の性格』がおすすめです。この本は、16タイプごとの適職が分かるだけでなく、MBTIの要となる心理機能(認知機能)について端的にまとまっているので、MBTIのことを初めて知ったという方にもおすすめです。

以下の「Amazonで見る」のリンク先より試し読みすることができるので、目次などを一度見てみるだけでも参考になります。

自分のタイプが分かった方は、こちらからタイプ間の相性も確かめることができます↓

↓自分の性格タイプを知ってみたい方はこちら↓

16タイプ分類性格診断テスト

この記事を書いた人
ナル心理学

ナル心理学では、16タイプ分類性格診断テスト(≒MBTI診断)を中心に解説!

ナル心理学をフォローする
この記事を読んだあなたの感想をSNSでシェアしてみましょう!
スポンサーリンク
ナルメカ(ナルキンのそうなるメカニズム) -NaruMECHANISM-

コメント

タイトルとURLをコピーしました