MBTI

ENFP(改革者タイプ)の意思決定方法

ENFP(改革者タイプ)意思決定方法について解説します。

意思決定の方法は、人によってさまざまです。ある人は、すべての選択肢を綿密に検討し、時にはスプレッドシートやチャートを作成して自分の思考プロセスを記録します。一方で、友人や同僚と議論をしているうちに、どんどん考えが変わっていく人もいます。他の人がどのように、そしてなぜ決断を下すのかを理解することは、時に困難であり、フラストレーションが溜まることもあります。MBTIを意識することで、一般的な背景や傾向を知ることができ、相互理解を深めることができるため、スムーズなワークフローやストレスの少ない職場づくりにつながります。

スポンサーリンク

ENFP(改革者タイプ)の意思決定方法

ENFPタイプの人は、個人的な価値観内向的感情:Fi)や、その選択が親しい友人や家族にどのような影響を与えるかに基づいて決断します外向的感情:Fe)。また、意思決定の際に伝統を否定する傾向があります。新しい分野を開拓し、新しいアプローチを開発することを好みます(=外向的直観:Ne)。現実的な問題を克服することについては楽観的すぎるかもしれませんが、ENFPの情熱とエネルギーがチームの原動力となることが多いのです。ブレーンストーミングから実行に移すまでの意思決定のすべての段階で、他者の貢献を評価し、注意を引くことにもつながります。

しかし、ENFPは声高で情熱的なため、時には意図せずに他の人のアイデアが見えなくなってしまうこともあります。成長を続けるにつれ、自分の熱心さが他社へ与える影響を自覚し、時には後ろに下がって他の人がスポットライトを浴びるのが適切であることを理解する必要があります。もしあなたがENFPと仕事をしているのであれば、ブレーンストーミングのプロセスを、誰もが自分の考えを表現する機会を平等に持てるように構成するとよいでしょう。

ENFPはグローバルで大局的な考え方(=外向的直観:Ne)をする人です。自分が下した決断の重要性や将来的な影響を他の人に理解してもらうことができ、実行過程においても柔軟に対応することができるでしょう。また、人を大切にし、モチベーションを高めることに長けています。チームを頻繁に褒めることで、チームの気持ちやエネルギーを前向きに保つことができます。

一方、このタイプは決断して行動を開始すると、それぞれの選択肢の合理的な影響を考慮すること外向的思考:Te)が難しくなります。それに対する一つの対策として、原因と結果のチャートを作成することも有効です。これにより、それぞれのチャンスが自分の人生にどのような影響を与えるかを表示することで、その結果を体系的に検討することができます。

ENFPのこのグローバルな視点が問題解決をかえって阻害することもあります。また、あるタスク・仕事を実行することが困難になることもあります。
一般的にENFPは、他人に選択肢を狭められ、根拠を与えられ、特定の結果に集中させられると、より効果的かつ効率的に仕事ができます。また、他人に意見の相違を仲裁してもらうことも有益であり、意見の相違を尊重することは、アイデアを検証したり、プロジェクトが正しい方向に進んでいるかどうかを確認する上で貴重であることを心に留めておく必要があります。また、ENFPは、入手可能なすべての情報を現状の文脈の中で検討し、自分が下す決定の論理的・実用的な意味を慎重に検討する必要があります。そのためには、厳密な計画を立ててそれを遵守したり、予想される影響を時系列で予測したりする必要があります。

他のタイプの「意思決定方法」について読みたい方は、こちらをクリック↓

スポンサーリンク

ENFP(改革者タイプ)をさらに知りたい方へ(相性など)

さらに知りたい方は以下がオススメです(クリックで開きます)↓

相性:相性や他のタイプとの付き合い方を学べる
ロードマップ:基礎→専門的へ と順序よくその性格タイプや性格論(MBTI)を学べる
関連記事:タイプの特徴を学べる(気になるところ見てみましょう)

ENFP(改革者タイプ)のロードマップ クリックで開く

ENFP(改革者タイプ)を真に理解するには、心理機能(認知機能)が重要です↓

ENFPの認知機能
  1. 外向的直観/Ne
    (とても得意:優勢機能
  2. 内向的感情/Fi
    (少し得意:補助機能
  3. 外向的思考/Te
    (少し苦手:代替機能
  4. 内向的感覚/Si
    (とても苦手:劣勢機能

以下のロードマップを読むことで、認知機能を学びつつENFPを順序よく理解できます↓

↑クリックで開きます↑

このブログを広げるために1クリックお願いします

さらに16タイプ分類性格診断テスト(MBTI診断)を知りたい方へ
このサイトで紹介している16分類性格診断(MBTI)を深く知るには、以下の本『図解 あなたの天職がわかる16の性格』がおすすめです。この本は、16タイプごとの適職が分かるだけでなく、MBTIの要となる心理機能(認知機能)について端的にまとまっているので、MBTIのことを初めて知ったという方にもおすすめです。

以下の「Amazonで見る」のリンク先より試し読みすることができるので、目次などを一度見てみるだけでも参考になります。

自分のタイプが分かった方は、こちらからタイプ間の相性も確かめることができます↓

↓自分の性格タイプを知ってみたい方はこちら↓

16タイプ分類性格診断テスト

この記事を書いた人
ナル心理学

ナル心理学では、16タイプ分類性格診断テスト(≒MBTI診断)を中心に解説!

ナル心理学をフォローする
この記事を読んだあなたの感想をSNSでシェアしてみましょう!
スポンサーリンク
ナルメカ(ナルキンのそうなるメカニズム) -NaruMECHANISM-

コメント

タイトルとURLをコピーしました