MBTI

ENTJ(リーダータイプ)の意思決定方法

ENTJ(リーダータイプ)意思決定方法について解説します。

当たり前のことかもしれませんが、意思決定の方法は、人によって性格によって大きく異なります。ある人は社会的な意思決定者であり、自分のアイデアをさまざまな人と議論し、フィードバックを得て、完璧になるまで練り上げることを好みます。また、一人で慎重に分析し、さまざまなデータや意味合いを検討することを好む人もいます。また、グループでブレインストーミングをした後、個人で選択肢を検討し、最終的には明確になったアイデアを発表して批評を受けるなど、複数の戦略を組み合わせることを好む人もいます。意思決定の方法に正解や不正解はありません。ただ、あなたの意思決定の方法と、あなたにとって最適な方法があるのです。

とはいえ、意思決定のスタイルが異なる人たちが一緒に仕事をするとなると、緊張感が高まります。お互いを理解することは、コミュニケーションを維持し、仕事を成功させるための鍵となります。MBTIは、効率を高め、ストレスレベルを下げるために必要な重要な洞察を与えてくれます。

スポンサーリンク

ENTJ(リーダータイプ)の意思決定方法

ENTJの人は、合理的な分析を行い、意思決定を下します。このタイプの人は素早く意思決定しますが、そうすると論理的な事実(=外向的思考:Te)のみに焦点を当てて個人的な価値観(=内向的感情:Fi)を不注意にも無視してしまうかもしれません。

ENTJタイプは、決断を下す際に、他の選択肢の可能性を考慮しないことが多く、つまり、十分な処理時間を与えずに何かに突っ込んでしまうことがあります。同様に、ENTJタイプは何かに突っ走る傾向があるため、自分の選択や決定に時間軸を設けることができず、具体性に欠けるものになってしまいます。また、情報を大まかにしか見ておらず、本人が思っているよりもずっと大きな影響を与える可能性のある重要な事実に気づかないこともあります。ゆっくりとしたペースで、自分の行動の結果を考慮し、議論を慎重に行うことで、ENTJタイプは職場でもプライベートでも、より親しみやすく、組織的に行動することができるでしょう。

ENTJが転職する例で、さらにこのタイプの意思決定について考えてみましょう。

結局のところ、転職とは幸せになるためのものであり、どのような性格の人でも、自分が本当に幸せになるためには何が必要なのか、自分に正直になるべき(=内向的感情:Fi)です。

就職や転職のとき、ENTJの人は、家族やパートナーともついて話し合うべきです。特に、キャリアの選択肢の一つが転居や人生の大きな変化を伴う場合はなおさらです。ENTJの人は、人生の大切な人たちと選択肢について徹底的に話し合うために、休息と熟考の期間を計画するのがよいでしょう。一歩引いてみることで、自分だけでなく家族にとっても最善の決断を下すことができる場合があります。新しいキャリアを選ぶことは、人生の大きな変化であり、並々ならぬストレスの原因となります。

ENTJの人は、このプロセスを経る際に、ストレスを感じると孤立感・孤独感を感じる可能性があることに注意しましょう。また、自分が評価されていないと感じたり、自分を気遣ってくれる人に連絡を取りずらいと感じるかもしれません。このような感情に対処するために、ENTJの人は、定期的に愛する人や信頼できる同僚と連絡を取る時間を確保することを考えるべきです。これは、ストレスを解消する助けとなるでしょう。

他のタイプの「意思決定方法」について読みたい方は、こちらをクリック↓

スポンサーリンク

ENTJをさらに知りたい方へ(相性など)

さらに知りたい方は以下がオススメです(クリックで開きます)↓

相性:相性や他のタイプとの付き合い方を学べる
ロードマップ:基礎→専門的へ と順序よくその性格タイプや性格論(MBTI)を学べる
関連記事:タイプの特徴を学べる(気になるところ見てみましょう)

ENTJ(リーダータイプ)のロードマップ クリックで開く

ENTJ(リーダータイプ)を真に理解するには、心理機能(認知機能)が重要です↓

ENTJの認知機能
  1. 外向的思考/Te
    (とても得意:優勢機能
  2. 内向的感覚/Ni
    (少し得意:補助機能
  3. 外向的感覚/Se
    (少し苦手:代替機能
  4. 内向的感情/Fi
    (とても苦手:劣勢機能

以下のロードマップを読むことで、認知機能を学びつつENTJを順序よく理解できます↓

↑クリックで開きます↑

このブログを広げるために1クリックお願いします

さらに16タイプ分類性格診断テスト(MBTI診断)を知りたい方へ
このサイトで紹介している16分類性格診断(MBTI)を深く知るには、以下の本『図解 あなたの天職がわかる16の性格』がおすすめです。この本は、16タイプごとの適職が分かるだけでなく、MBTIの要となる心理機能(認知機能)について端的にまとまっているので、MBTIのことを初めて知ったという方にもおすすめです。

以下の「Amazonで見る」のリンク先より試し読みすることができるので、目次などを一度見てみるだけでも参考になります。

自分のタイプが分かった方は、こちらからタイプ間の相性も確かめることができます↓

↓自分の性格タイプを知ってみたい方はこちら↓

16タイプ分類性格診断テスト

この記事を書いた人
ナル心理学

ナル心理学では、16タイプ分類性格診断テスト(≒MBTI診断)を中心に解説!

ナル心理学をフォローする
この記事を読んだあなたの感想をSNSでシェアしてみましょう!
スポンサーリンク
ナルメカ(ナルキンのそうなるメカニズム) -NaruMECHANISM-

コメント

タイトルとURLをコピーしました