MBTI

ENTJ(リーダータイプ)の目標設定と情報収集の仕方

ENTJ(リーダータイプ)目標設定と情報収集の仕方について解説します。

スポンサーリンク

ENTJ(リーダータイプ)の目標設定と情報収集の仕方

ENTJは、長期的で詳細な目標を設定し、それを極めて明確に思い描くことができます。目標を達成するためには何をすべきか」と自問自答するように、逆算して計画を立て始めます。

例えば、物理学者を目指す人は、一流の物理学プログラムに応募したり、自分と研究テーマが一致する教授のもとで仕事をしたり、論文を発表するための助成金を確保したり、研究会に参加したり、目標達成のための強固な基盤を築くためのさまざまな手段を講じます。

このような詳細な計画を立てる際の最大の課題は、ENTJの人たちが軌道修正や不測の事態への適応が難しいことです。ENTJは、計画を立てる際に代替案を複数用意したり、現状の計画の雲行きが怪しくなった際は、一度行動をやめて再検討する時間を作ることが重要です。

そのためには、情報収集や危機管理のための時間を増やすことが有効です。
例えば、弁護士を目指しているENTJは、できるだけ多くの情報を収集するために、成功している弁護士に相談したり、プロを数日間シャドーイングしたり、法律学の予備コースに登録したり、教授や他の専門家と話したりするかもしれません。ENTJは本筋と少し外れた関連情報を軽視する傾向があります。情報収集の幅を広げるために、ENTJは図書館を訪れることを検討すべきでしょう。また、優先順位を文書化したり、興味があることの「リスト」を作成することは、このタイプの人にとって有用なツールとなるでしょう。

他のタイプの「目標設定と情報収集の仕方」について読みたい方は、こちらをクリック↓

スポンサーリンク

ENTJをさらに知りたい方へ(相性など)

さらに知りたい方は以下がオススメです(クリックで開きます)↓

相性:相性や他のタイプとの付き合い方を学べる
ロードマップ:基礎→専門的へ と順序よくその性格タイプや性格論(MBTI)を学べる
関連記事:タイプの特徴を学べる(気になるところ見てみましょう)

ENTJ(リーダータイプ)のロードマップ クリックで開く

ENTJ(リーダータイプ)を真に理解するには、心理機能(認知機能)が重要です↓

ENTJの認知機能
  1. 外向的思考/Te
    (とても得意:優勢機能
  2. 内向的感覚/Ni
    (少し得意:補助機能
  3. 外向的感覚/Se
    (少し苦手:代替機能
  4. 内向的感情/Fi
    (とても苦手:劣勢機能

以下のロードマップを読むことで、認知機能を学びつつENTJを順序よく理解できます↓

↑クリックで開きます↑

このブログを広げるために1クリックお願いします

さらに16タイプ分類性格診断テスト(MBTI診断)を知りたい方へ
このサイトで紹介している16分類性格診断(MBTI)を深く知るには、以下の本『図解 あなたの天職がわかる16の性格』がおすすめです。この本は、16タイプごとの適職が分かるだけでなく、MBTIの要となる心理機能(認知機能)について端的にまとまっているので、MBTIのことを初めて知ったという方にもおすすめです。

以下の「Amazonで見る」のリンク先より試し読みすることができるので、目次などを一度見てみるだけでも参考になります。

自分のタイプが分かった方は、こちらからタイプ間の相性も確かめることができます↓

この記事を書いた人
ナル心理学

ナル心理学では、16タイプ分類性格診断テスト(≒MBTI診断)を中心に解説!

ナル心理学をフォローする
この記事を読んだあなたの感想をSNSでシェアしてみましょう!
スポンサーリンク
ナルメカ(ナルキンのそうなるメカニズム) -NaruMECHANISM-

コメント

タイトルとURLをコピーしました