MBTI

ESFP(楽天家タイプ)の意思決定方法

ESFP(楽天家タイプ)意思決定方法について解説します。

人によって意思決定の方法は大きく異なります。ある人は率直ではっきりとした物言いをし、妥協や交渉をせずに自分の意思を正確に伝えます。また、複数の選択肢を提示し、それらを検討した上で決断する人もいます。また、グループでブレインストーミングをした後、個人で選択肢を検討し、最終的には明確になったアイデアを発表して批評を受けるなど、複数の戦略を組み合わせることを好む人もいます。意思決定の方法に正解や不正解はありません。ただ、あなたの意思決定の方法と、あなたにとって最適な方法があるのです。

とはいえ、意思決定のスタイルが異なる人たちが一緒に仕事をするとなると、緊張感が高まります。お互いを理解することは、コミュニケーションを維持し、仕事を成功させるための鍵となります。MBTIは、あなたの意思決定プロセスや好みについての貴重な洞察を提供し、他者があなたをよりよく理解するのを助けるだけでなく、これらの洞察は、プライベートや仕事において、あなた自身の意思決定を改善し、最適化するのに役立ちます。

スポンサーリンク

ESFP(楽天家タイプ)の意思決定方法

ESFPは、その選択が身近な人にどのような影響を与えるかを慎重に考えます。例えば、ESFPは転職を考える際に、労働時間や収入の変化が配偶者や子供、同居人などの大切な人たちにどのような影響を与えるかを熟考します。

ESFPは本質的に社会的な人間であり、他人、特に過去に有益な意見を提供してくれた人にアドバイスを求めます。助言を求めることは意思決定プロセスの重要な部分ではありますが、ESFPは他人の助言を盲目的に受け入れるのではなく、まず自分の意見を形成することが望ましいと考えています。

また、一見するとそうは思えないかもしれませんが、ESFPは、チームの他のメンバーが決定事項のその方向性に違和感を覚えると、意思決定が難しく感じることがあります。ESFPはチーム内の調和を重んじる傾向があり、時にはリーダーとしての役割に支障をきたすこともあります。しかし、反対意見を持つ人に自分の決定を説明する努力をすれば、改善することができるでしょう。

選択肢を考え出し、それらを評価を始めるとき、ESFPは柔軟性を保つ傾向があり、様々な異なるデータソースや選択肢を考慮し、特に他の人々に直接的かつ即時的な利益をもたらす行動方針を検討します外向的感覚:Se)。広い視野を持つことは役立つ場面もありますが、細かいことを調べすぎると貴重な時間を無駄にしてしまうので、ESFPは集中力を保つことに注意しましょう。
ESFPをサポートする人は、管理職や同じチームのメンバーとして、マトリックスやフローチャートのような組織構造を用意して、それぞれの選択肢をより詳細に検討できるようにするとよいかもしれません。

ESFPは、自分の常識や目に見えるものに基づいて特定の選択肢を選択します。比較的迅速に意思決定を行い、過度に複雑で難しいと思われる選択肢を避けて、抵抗の少ない道を選ぶ傾向があります。検討よりも行動、理論よりも実践を重視します。このような行動指向のアプローチは、すべての環境で最適とは限らないため、ESFPは、より戦略的なアプローチの実用的な意味合いに同調してくれる人から恩恵を受けることが多い。いったん選択肢が決まると、ESFPは迅速かつ効率的に実行しますが、スピードを重視するあまり、微妙な抵抗や懸念が見えなくなることもあります。

自分の決断を振り返り、それを評価するとき、ESFPはチームメンバーの貢献を認める努力をし、成功した同様の介入を他の場所に適用して良い結果を得る方法を素早く探ります。リーダーとして成長し続けるために、ESFPは特定の状況の複雑さを分析し、受け入れる努力をするべきです。また、それぞれのシナリオが一見無関係に見えても、他のシナリオとどのように結びつくかを考えるべきです。 そうすることで、より良い意思決定者、チームメンバー、そしてリーダーになることができます。

他のタイプの「意思決定方法」について読みたい方は、こちらをクリック↓

スポンサーリンク

ESFP(楽天家タイプ)をさらに知りたい方へ(相性など)

さらに知りたい方は以下がオススメです(クリックで開きます)↓

相性:相性や他のタイプとの付き合い方を学べる
ロードマップ:基礎→専門的へ と順序よくその性格タイプや性格論(MBTI)を学べる
関連記事:タイプの特徴を学べる(気になるところ見てみましょう)

ESFP(楽天家タイプ)のロードマップ クリックで開く

ESFP(楽天家タイプ)を真に理解するには、心理機能(認知機能)が重要です↓

ESFPの認知機能
  1. 外向的感覚/Se
    (とても得意:優勢機能
  2. 内向的感情/Fi
    (少し得意:補助機能
  3. 外向的思考/Te
    (少し苦手:代替機能
  4. 内向的感覚/Ni
    (とても苦手:劣勢機能

以下のロードマップを読むことで、認知機能を学びつつESFP(楽天家タイプ)を順序よく理解できます↓

↑クリックで開きます↑

このブログを広げるために1クリックお願いします

さらに16タイプ分類性格診断テスト(MBTI診断)を知りたい方へ
このサイトで紹介している16分類性格診断(MBTI)を深く知るには、以下の本『図解 あなたの天職がわかる16の性格』がおすすめです。この本は、16タイプごとの適職が分かるだけでなく、MBTIの要となる心理機能(認知機能)について端的にまとまっているので、MBTIのことを初めて知ったという方にもおすすめです。

以下の「Amazonで見る」のリンク先より試し読みすることができるので、目次などを一度見てみるだけでも参考になります。

自分のタイプが分かった方は、こちらからタイプ間の相性も確かめることができます↓

↓自分の性格タイプを知ってみたい方はこちら↓

16タイプ分類性格診断テスト

この記事を書いた人
ナル心理学

ナル心理学では、16タイプ分類性格診断テスト(≒MBTI診断)を中心に解説!

ナル心理学をフォローする
この記事を読んだあなたの感想をSNSでシェアしてみましょう!
スポンサーリンク
ナルメカ(ナルキンのそうなるメカニズム) -NaruMECHANISM-

コメント

タイトルとURLをコピーしました