MBTI

ESTJ(責任者タイプ)の意思決定方法

ESTJ(責任者タイプ)意思決定方法について解説します。

あなたは、同僚や友人の意思決定方法に不満を感じたことはありませんか? 非論理的であったり、プロセスがバラバラであったりしませんか?早期に解決しなければ、このような問題は雪だるま式に大きくなり、職場環境の大規模な混乱の原因となります。意思決定の方法は、人によって性格によって大きく異なります。意思決定の方法に正解や不正解はありません。ただ、あなたの意思決定の方法と、あなたにとって最適な方法があるのです。

とはいえ、意思決定のスタイルが異なる人たちが一緒に仕事をするとなると、緊張感が高まります。お互いを理解することは、コミュニケーションを維持し、仕事を成功させるための鍵となります。MBTIを用いて、自分の性格タイプを理解するのに時間をかけることは、あなたとあなたのチームの意思決定を改善し、合理化し、その過程でより深い相互理解を築くのに役立ちます。

スポンサーリンク

ESTJ(責任者タイプ)の意思決定方法

ESTJタイプの人は、即断即決の性格です。また、感覚的で現実的な人であり、まず自分が介入する基準を定義し、意思決定に関係する可能性のある人的・資本的リソースをすべて収集します。このような考え方は、時に過度に定量的(=数値化できるもの)であることもありますが、現実の世界でインパクトを与えることを重視する傾向があります。しかし、リーダーや意思決定者として成長していく中で、数値化できないような影響を与える可能性のある選択肢を慎重に検討する努力をすべきです。

選択肢を評価し、最終的に特定の行動方針を決定する際、ESTJはリストやモデルを作成するなどシステマティックな傾向があり、合理的かつ期間内に実行できる実用的で現実的な選択肢に傾く傾向があります(=外向的思考:Te)。時間をかけてそれぞれの選択肢を論理的に検討し、シンプルな「長所と短所」のチャートを作成することもあります。ESTJの人は、選択肢を2、3に絞り、さらにそれぞれ比較検討します。

いったん最適な行動方針が決まると、熱意を持って全力で取り組みます。しかし、このタイプの人たちの視点では「最適」は「実用主義」を意味することが多く、一度論理的な結果を見つけると、より創造的な行動方針を検討する(=外向的直観:Ne)ことはほとんどありません。そのため、ESTJは他の人のイノベーションから利益を得る傾向があります。特に、従来とは異なる行動方針を現実世界への重要な影響に結びつけることができればなおさらです。

ESTJは、どんな障害をも乗り越えて実行に移すことができます。また、自分の約束を守り、自分に対する高い基準を仲間や同僚にも適用します。これはある意味で強みですが、同時に、個人のニーズや個性を考慮すること(=内向的感情:Fi)を怠り、誰もが画一された方法で取り組むことを期待してしまうこともあります。他の人が時間を割いて、同じように生産的(=外向的思考:Te)でありながら、異なる人々の個性、強み、価値観を考慮した(=内向的感情:Fi)異なる方法やアプローチを提供してくれば、それを認めることができるしょう。

ESTJは一度自分が決断したことを振り返る際に、自分の行動を分析し、手順をたどり、どうすればプロセスを改善できたかを考える傾向があります。しかし、この反省はプロセスとデータに基づいたものになりがちで、人間的な影響や、自分ではコントロールできなかったかもしれない問題は無視されます。ESTJが成長し続けるためには、その問題があるために乗り越えられない課題があるという現実を受け入れる必要があります。また、意思決定は合理的であるだけでなく、思いやりのあるものでなければならないことを理解する努力をしなければなりません。 このような簡単なステップを踏むことで、より優れた意思決定者になることができます。

他のタイプの「意思決定方法」について読みたい方は、こちらをクリック↓

スポンサーリンク

ESTJ(責任者タイプ)をさらに知りたい方へ(相性など)

さらに知りたい方は以下がオススメです(クリックで開きます)↓

相性:相性や他のタイプとの付き合い方を学べる
ロードマップ:基礎→専門的へ と順序よくその性格タイプや性格論(MBTI)を学べる
関連記事:タイプの特徴を学べる(気になるところ見てみましょう)

ESTJ(責任者タイプ)のロードマップ クリックで開く

ESTJ(責任者タイプ)を真に理解するには、心理機能(認知機能)が重要です↓

ESTJの認知機能
  1. 外向的思考/Te
    (とても得意:優勢機能
  2. 内向的感覚/Si
    (少し得意:補助機能
  3. 外向的直観/Ne
    (少し苦手:代替機能
  4. 内向的感情/Fi
    (とても苦手:劣勢機能

以下のロードマップを読むことで、認知機能を学びつつESTJ(責任者タイプ)を順序よく理解できます↓

↑クリックで開きます↑

このブログを広げるために1クリックお願いします

さらに16タイプ分類性格診断テスト(MBTI診断)を知りたい方へ
このサイトで紹介している16分類性格診断(MBTI)を深く知るには、以下の本『図解 あなたの天職がわかる16の性格』がおすすめです。この本は、16タイプごとの適職が分かるだけでなく、MBTIの要となる心理機能(認知機能)について端的にまとまっているので、MBTIのことを初めて知ったという方にもおすすめです。

以下の「Amazonで見る」のリンク先より試し読みすることができるので、目次などを一度見てみるだけでも参考になります。

自分のタイプが分かった方は、こちらからタイプ間の相性も確かめることができます↓

この記事を書いた人
ナル心理学

ナル心理学では、16タイプ分類性格診断テスト(≒MBTI診断)を中心に解説!

ナル心理学をフォローする
この記事を読んだあなたの感想をSNSでシェアしてみましょう!
スポンサーリンク
ナルメカ(ナルキンのそうなるメカニズム) -NaruMECHANISM-

コメント

タイトルとURLをコピーしました