MBTI

ESTJ(責任者タイプ)の目標設定と情報収集の仕方

ESTJ(責任者タイプ)目標設定と情報収集の仕方について解説します。

スポンサーリンク

ESTJ(責任者タイプ)の目標設定と情報収集の仕方

ESTJは効果的で実用的な目標設定者であり、かなり型にはまった傾向があります。
例えば、求職活動をするとき次のようになるかもしれません;労働時間、給与、報酬パッケージ、勤務地などの具体的な要素には注目するが、上司のマネジメントスタイルやチームの文化などのライフスタイルに関する考慮事項を見落としてしまう。

また、ESTJは目標達成のために具体的な行動指針を立てる傾向があります。例えば、給料をアップさせる目的を立てたとき、自分の経験や履歴書を強化し、必要に応じて追加の資格も取得します。
しかし、予期しない可能性を利用したり、スケジュール変更やその他の偶然の出来事に適応することが苦手な場合があります。

例えば、ESTJは仕事での新しい責任やプロジェクトの完成予定日の変更に適応するのが難しいかもしれませんが、より柔軟な性格の人、例えばENTP(発明家タイプ)ENFP(改革者タイプ)であれば、これらの変更や同様の変更に適応するのが容易かもしれません。

目標が設定されたら、次のステップは情報収集です。ほとんどのESTJは、大学のウェブサイトやオンラインデータを利用するなど、簡単なウェブ検索から始めます。また、興味のある分野の人や詳しい人に連絡を取ってみるのもいいでしょう。

ESTJは、5年または10年の計画を立てるなど、より長期的な目標を検討するとよいでしょう。また、過去に経験したことのないポジションを想像する時間を確保してください。情報を収集する際には、ESTJが自分に合ったキャリアを見つけ、それを維持できる可能性を高めることができます。

他のタイプの「目標設定と情報収集の仕方」について読みたい方は、こちらをクリック↓

スポンサーリンク

ESTJ(責任者タイプ)をさらに知りたい方へ(相性など)

さらに知りたい方は以下がオススメです(クリックで開きます)↓

相性:相性や他のタイプとの付き合い方を学べる
ロードマップ:基礎→専門的へ と順序よくその性格タイプや性格論(MBTI)を学べる
関連記事:タイプの特徴を学べる(気になるところ見てみましょう)

ESTJ(責任者タイプ)のロードマップ クリックで開く

ESTJ(責任者タイプ)を真に理解するには、心理機能(認知機能)が重要です↓

ESTJの認知機能
  1. 外向的思考/Te
    (とても得意:優勢機能
  2. 内向的感覚/Si
    (少し得意:補助機能
  3. 外向的直観/Ne
    (少し苦手:代替機能
  4. 内向的感情/Fi
    (とても苦手:劣勢機能

以下のロードマップを読むことで、認知機能を学びつつESTJ(責任者タイプ)を順序よく理解できます↓

↑クリックで開きます↑

このブログを広げるために1クリックお願いします

さらに16タイプ分類性格診断テスト(MBTI診断)を知りたい方へ
このサイトで紹介している16分類性格診断(MBTI)を深く知るには、以下の本『図解 あなたの天職がわかる16の性格』がおすすめです。この本は、16タイプごとの適職が分かるだけでなく、MBTIの要となる心理機能(認知機能)について端的にまとまっているので、MBTIのことを初めて知ったという方にもおすすめです。

以下の「Amazonで見る」のリンク先より試し読みすることができるので、目次などを一度見てみるだけでも参考になります。

自分のタイプが分かった方は、こちらからタイプ間の相性も確かめることができます↓

↓自分の性格タイプを知ってみたい方はこちら↓

16タイプ分類性格診断テスト

この記事を書いた人
ナル心理学

ナル心理学では、16タイプ分類性格診断テスト(≒MBTI診断)を中心に解説!

ナル心理学をフォローする
この記事を読んだあなたの感想をSNSでシェアしてみましょう!
スポンサーリンク
ナルメカ(ナルキンのそうなるメカニズム) -NaruMECHANISM-

コメント

タイトルとURLをコピーしました