MBTI

ESTP(冒険者タイプ)の意思決定方法

ESTP(冒険者タイプ)意思決定方法について解説します。

当たり前のことかもしれませんが、意思決定の方法は、人によって性格によって大きく異なります。ある人は社会的な意思決定者であり、自分のアイデアをさまざまな人と議論し、フィードバックを得て、完璧になるまで練り上げることを好みます。また、一人で慎重に分析し、さまざまなデータセットや意味合いを検討することを好む人もいます。また、グループでブレインストーミングをした後、個人で選択肢を検討し、最終的には明確になったアイデアを発表して批評を受けるなど、複数の戦略を組み合わせることを好む人もいます。意思決定の方法に正解や不正解はありません。ただ、あなたの意思決定の方法と、あなたにとって最適な方法があるのです。

とはいえ、意思決定のスタイルが異なる人たちが一緒に仕事をするとなると、緊張感が高まります。お互いを理解することは、コミュニケーションを維持し、仕事を成功させるための鍵となります。MBTIは、効率を高め、ストレスレベルを下げるために必要な重要な洞察を与えてくれます。

スポンサーリンク

ESTP(冒険者タイプ)の意思決定方法

ESTPは、意思決定に熱心に取り組むことが多く、たとえ後から修正が必要になったとしても、すぐに行動して決定を下したいと考えています。ESTPにとって、意思決定をする際には、長期的なニーズ(=内向的直観:Ni)よりも、現在の状況(=外向的感覚:Se)が重要だと考えます。例えば、思いつきの旅行など、すぐに手に入るものに価値を置き、論理と事実に基づいて決断を下します。このように現在の状況を慎重に考慮することは重要ですが、ESTPに関わる人は、ESTPへのさらなるサポートを提供するために、意思決定プロセスを具体的なステップで構成するとよいでしょう。

次のステップは、意思決定の選択肢を生み出すことです。ESTPがこの作業を始めるとき、自分の即時の行動と現在の状況に強く焦点を当ててブレーンストーミングを行います。このタイプにとっては、スピードと実行のしやすさが非常に重要です。そのため、大規模な実行に移す前に、小規模な環境で意思決定の選択肢をテストすることが多いのです。どのような意思決定においても実用性が重要であることは明らかですが、ESTPは各意思決定の長期的な影響を検討したり、各選択肢のコストとベネフィット、特に実行が困難なものを比較検討する際にサポートを必要とすることがあります。

ESTPは、何かを決定する際には、恐れずに前に進みます。迅速に行動する傾向があり外向的感覚:Se)、労力を減らし、効率を高めるような意思決定を好みます内向的思考:Ti)。これには、伝統的なアプローチや標準的な方法を捨てて、より革新的なアプローチや価値観を採用することが多い。変化する状況や状況に素早く適応し、特定の結果や成果を求めるために躊躇することもありません。しかし、ESTPは、チーム内の他のメンバーが、実施プロセスの進行や展開を評価し、監視することで利益を得ます。ESTPと一緒に仕事をする人は、伝統的なアプローチやルーチンが最適または最も効率的なアプローチであると思われる場合には、それを積極的に支持する必要があります。

ESTPは、意思決定を後から振り返って評価する際に、どんな意思決定、プロセス、問題も完璧ではないことを受け入れ、プロジェクトが特に楽しかった、面白かったということに気がつきやすい性格です。ESTPは、与えられた状況の教訓や学習機会をすべて吸収する前に、新しいプロジェクトに移ることがありますが、この点については忍耐と辛抱の両方を実践することも必要かもしれません。

ESTPは自分自身と意思決定のプロセスを改善するために、一度決めた行動を継続する努力をし、行動する前に状況の複数の側面を考慮することに慣れていく必要があります。長い時間をかけて自分の行動や決断を評価・内省することにも慣れる必要があります。結局のところ、迅速な行動は必ずしも最良の行動ではありません。ESTPは決断が早い傾向があるので、意思決定のプロセスを合理化するためには、少し構造を加えることが非常に有効です。

他のタイプの「意思決定方法」について読みたい方は、こちらをクリック↓

スポンサーリンク

ESTP(冒険家タイプ)をさらに知りたい方へ(相性など)

さらに知りたい方は以下がオススメです(クリックで開きます)↓

相性:相性や他のタイプとの付き合い方を学べる
ロードマップ:基礎→専門的へ と順序よくその性格タイプや性格論(MBTI)を学べる
関連記事:タイプの特徴を学べる(気になるところ見てみましょう)

ESTP(冒険家タイプ)のロードマップ クリックで開く

ESTP(冒険家タイプ)を真に理解するには、心理機能(認知機能)が重要です↓

ESTPの認知機能
  1. 外向的感覚/Se
    (とても得意:優勢機能
  2. 内向的思考/Ti
    (少し得意:補助機能
  3. 外向的感情/Fe
    (少し苦手:代替機能
  4. 内向的感覚/Ni
    (とても苦手:劣勢機能

以下のロードマップを読むことで、認知機能を学びつつESTPを順序よく理解できます↓

↑クリックで開きます↑

このブログを広げるために1クリックお願いします

さらに16タイプ分類性格診断テスト(MBTI診断)を知りたい方へ
このサイトで紹介している16分類性格診断(MBTI)を深く知るには、以下の本『図解 あなたの天職がわかる16の性格』がおすすめです。この本は、16タイプごとの適職が分かるだけでなく、MBTIの要となる心理機能(認知機能)について端的にまとまっているので、MBTIのことを初めて知ったという方にもおすすめです。

以下の「Amazonで見る」のリンク先より試し読みすることができるので、目次などを一度見てみるだけでも参考になります。

自分のタイプが分かった方は、こちらからタイプ間の相性も確かめることができます↓

↓自分の性格タイプを知ってみたい方はこちら↓

16タイプ分類性格診断テスト

この記事を書いた人
ナル心理学

ナル心理学では、16タイプ分類性格診断テスト(≒MBTI診断)を中心に解説!

ナル心理学をフォローする
この記事を読んだあなたの感想をSNSでシェアしてみましょう!
スポンサーリンク
ナルメカ(ナルキンのそうなるメカニズム) -NaruMECHANISM-

コメント

タイトルとURLをコピーしました