MBTI

INFJ(共感者タイプ)の目標設定と情報収集の仕方

INFJ(共感者タイプ)目標設定と情報収集の仕方について解説します。

スポンサーリンク

INFJ(共感者タイプ)の目標設定と情報収集の仕方

INFJは、目標設定するときが楽しみを覚えるでしょう。いくつかの崇高な長期目標を立て、その計画を達成するための戦略を持つ傾向がありますが、予想外の機会を利用することが困難な場合が多いでしょう。

このタイプの人に有効なのは、1つの目標に複数の行動コースを設けるのではなく、具体的な結果が期待できる様々な目標を立てることです。これにより、計画が実現しなかった場合の代替手段を確保することができます。このような中間的なベンチマークを作成することは、進行中の成功を追跡するのにも役立ちます。

INFJは、自分が考えていなかった目標・理想を考える時間も確保すべきです。既成の枠にとらわれず、探索することで、これまでにない可能性が開けます。INFJは、未来に焦点を当てることを好むため、目標設定の段階で行き詰まることがあります。INFJの性格タイプが覚えておくべき重要なヒントは、現実的な目標に限定し、前向きな思考を続けることです。

INFJが目標を設定したら、自分を成長させる方法を調べるのが彼らの性格です。情報を集めることは、INFJの性格タイプにとって心地よいステップです。将来の目標の中で、自分自身を教育する機会をよく見つけます。この情報収集の段階で、重要な事実を軽視してしまう可能性があります。限られた情報源を参考にするのではなく、様々な情報源を含むように検索範囲を広げるべきです。これには、目標に関する専門分野の人、詳しい人などに連絡を取ることも含まれます。

他のタイプの「目標設定と情報収集の仕方」について読みたい方は、こちらをクリック↓

スポンサーリンク

INFJ(共感者タイプ)をさらに知りたい方へ(相性など)

さらに知りたい方は以下がオススメです(クリックで開きます)↓

相性:相性や他のタイプとの付き合い方を学べる
ロードマップ:基礎→専門的へ と順序よくその性格タイプや性格論(MBTI)を学べる
関連記事:タイプの特徴を学べる(気になるところ見てみましょう)

INFJ(共感者タイプ)のロードマップ クリックで開く

INFJ(共感者タイプ)を真に理解するには、心理機能(認知機能)*が重要です↓

*一般に認知科学において、認知機能は生物が対象の知識を得るために、外部の情報を能動的に収集し、それを知覚・記憶し、さらに推理・判断を加えて処理する機能」と定義されます。

INTPの認知機能
  1. 内向的思考/Ti
    (とても得意:優勢機能
  2. 外向的直観/Ne
    (少し得意:補助機能
  3. 内向的感覚/Si
    (少し苦手:代替機能
  4. 外向的感情/Fe
    (とても苦手:劣勢機能

以下のロードマップを読むことで、認知機能を学びつつINFJ(共感者タイプ)を順序よく理解できます↓

↑クリックで開きます↑

このブログを広げるために1クリックお願いします

さらに16タイプ分類性格診断テスト(MBTI診断)を知りたい方へ
このサイトで紹介している16分類性格診断(MBTI)を深く知るには、以下の本『図解 あなたの天職がわかる16の性格』がおすすめです。この本は、16タイプごとの適職が分かるだけでなく、MBTIの要となる心理機能(認知機能)について端的にまとまっているので、MBTIのことを初めて知ったという方にもおすすめです。

以下の「Amazonで見る」のリンク先より試し読みすることができるので、目次などを一度見てみるだけでも参考になります。

自分のタイプが分かった方は、こちらからタイプ間の相性も確かめることができます↓

この記事を書いた人
ナル心理学

ナル心理学では、16タイプ分類性格診断テスト(≒MBTI診断)を中心に解説!

ナル心理学をフォローする
この記事を読んだあなたの感想をSNSでシェアしてみましょう!
スポンサーリンク
ナルメカ(ナルキンのそうなるメカニズム) -NaruMECHANISM-

コメント

タイトルとURLをコピーしました