MBTI

INFP(心理学者タイプ)の性格

INFP(心理学者タイプ)目標設定と情報収集の仕方について解説します。

スポンサーリンク

INFP(心理学者タイプ)の目標設定と情報収集の仕方

運命に翻弄されるタイプのINFPは、複数の長期的な奇抜な目標を立てることから始めますが、それを達成するための持続的な方向性を見極めることができない場合があります。それぞれの目標を達成するために必要なものを明確にすることは、このタイプの人にとって有益です。これらの具体的な目的地を持つことで、機会の中から優先的に選択肢を選ぶことができます。

INFPはまた、予期しない可能性を利用する能力を生まれながらにして持っていますが、多くの場合、事前に定義された目標を補完するための明確な行動を取らずに、「完璧な仕事」を待っています。
INFPは、それぞれの目標を時系列で評価し、目的を達成するまでの具体的なを追加することが必要です。具体的な目標を設定し、INFPは代替案の中から選択することで、集中力を保つことができます。

目標設定の次のステップは、情報収集です。INFPは、目標設定の範囲内で、調べたりするのが性に合っています。情報を収集する際、INFPはあまりにも多くの可能な行動を比較する傾向があり、圧倒されてしまうことがあります。そうすると、賢明な判断を下すために必要な適切な情報が無視されてしまうことがあります。このタイプの人に役立つツールは、予想される選択肢のリストを作成し、このリストを最も魅力的なトップ5に絞ることです。このリストを減らすために、個人の優先順位と比較します。これは、目標達成のスケジュール・中間目標を完成させる前に使用してください。また、様々な情報を得るために、オンラインのソースにアクセスすることも建設的です。重要なのは、その分野に詳しい人に連絡を取ることで、貴重な情報を得ることができ、さらに必要な情報収集を支援することができます。

他のタイプの「目標設定と情報収集の仕方」について読みたい方は、こちらをクリック↓

スポンサーリンク

INFP(心理学者タイプ)をさらに知りたい方へ(相性など)

さらに知りたい方は以下がオススメです(クリックで開きます)↓

相性:相性や他のタイプとの付き合い方を学べる
ロードマップ:基礎→専門的へ と順序よくその性格タイプや性格論(MBTI)を学べる
関連記事:タイプの特徴を学べる(気になるところ見てみましょう)

INFP(心理学者タイプ)のロードマップ クリックで開く

INFP(心理学者タイプ)を真に理解するには、心理機能(認知機能)*が重要です↓

*一般に認知科学において、認知機能は生物が対象の知識を得るために、外部の情報を能動的に収集し、それを知覚・記憶し、さらに推理・判断を加えて処理する機能」と定義されます。

INFPの認知機能
  1. 内向的感情/Fi
    (とても得意:優勢機能
  2. 外向的直観/Ne
    (少し得意:補助機能
  3. 内向的感覚/Si
    (少し苦手:代替機能
  4. 外向的思考/Te
    (とても苦手:劣勢機能

以下のロードマップを読むことで、認知機能を学びつつINFPを順序よく理解できます↓

↑クリックで開きます↑

このブログを広げるために1クリックお願いします

さらに16タイプ分類性格診断テスト(MBTI診断)を知りたい方へ
このサイトで紹介している16分類性格診断(MBTI)を深く知るには、以下の本『図解 あなたの天職がわかる16の性格』がおすすめです。この本は、16タイプごとの適職が分かるだけでなく、MBTIの要となる心理機能(認知機能)について端的にまとまっているので、MBTIのことを初めて知ったという方にもおすすめです。

以下の「Amazonで見る」のリンク先より試し読みすることができるので、目次などを一度見てみるだけでも参考になります。

自分のタイプが分かった方は、こちらからタイプ間の相性も確かめることができます↓

この記事を書いた人
ナル心理学

ナル心理学では、16タイプ分類性格診断テスト(≒MBTI診断)を中心に解説!

ナル心理学をフォローする
この記事を読んだあなたの感想をSNSでシェアしてみましょう!
スポンサーリンク
ナルメカ(ナルキンのそうなるメカニズム) -NaruMECHANISM-

コメント

タイトルとURLをコピーしました