MBTI

ISFJ(保護者タイプ)の意思決定方法

ISFJ(保護者タイプ)意思決定方法について解説します。

あなたは、同僚や友人の意思決定方法に不満を感じたことはありませんか? 非論理的であったり、プロセスがバラバラであったりしませんか?早期に解決しなければ、このような問題は雪だるま式に大きくなり、職場環境の大規模な混乱の原因となります。意思決定の方法は、人によって性格によって大きく異なります。意思決定の方法に正解や不正解はありません。ただ、あなたの意思決定の方法と、あなたにとって最適な方法があるのです。

とはいえ、意思決定のスタイルが異なる人たちが一緒に仕事をするとなると、緊張感が高まります。お互いを理解することは、コミュニケーションを維持し、仕事を成功させるための鍵となります。MBTIを用いて、自分の性格タイプを理解するのに時間をかけることは、あなたとあなたのチームの意思決定を改善し、合理化し、その過程でより深い相互理解を築くのに役立ちます。

スポンサーリンク

ISFJ(保護者タイプ)の意思決定方法

ISFJタイプは、人々にとってポジティブな結果を最大化するために最善を尽くします。目の前の問題を複数の異なる側面から検討し、その問題に取り組むための一連の論理的なステップを構築します。非伝統的かつ革新的なアプローチに懐疑的になることもありますが、それは、確実に成功するとわかっている戦略を持つことを好むからなのです。特定の問題に取り組むためのアイデアを考え始めると、ISFJは競争を促進したり、対立を引き起こす可能性のある選択肢を避ける傾向があります。前向きな職場環境を維持することはこのタイプにとって非常に重要ですが、議論は必ずしも逆効果ではないことを再認識する必要があるかもしれません。

ISFJは「予測可能性、安全性、伝統」を好みます。このタイプは、具体的な情報や指示を必要とし、柔軟性よりも確実性や具体性を好みますが、実際には「待つ」というアプローチが最善である場合もあります。また、特定の決定によって影響を受ける人々にとっての目先の利益だけでなく、長期的な影響や継続的な成長を考慮するよう促す必要がある場合もあります。これらの好みは実行に移されます。ISFJは計画が立てられると、細心の注意を払って計画を実行する傾向があります。細部にまでこだわる一方で、チーム内の他の人たちへの思いやりや配慮にも優れています。もしあなたがISFJであったり、ISFJと一緒に仕事をしているのであれば、ISFJに仕事を任せ、責任を共有するように勧めてください。そうすれば、効率が上がり、関係者全員のストレスが軽減されます。

実行が完了した後、ISFJは自分の行動を振り返り、どうすれば改善できたかを考えます。その際、個人やグループに本当に目に見える変化があったかどうかに主眼を置きます。完璧を求める気持ちが強いため、ISFJはポジティブな面よりもネガティブな面に注目し、学んだことを他の状況に一般化するのは自分1人では難しいかもしれません。

ISFJが仕事上で成長し続けるためには、非伝統的で革新的なアイデアに慣れ、自分の考えやアイデアが出てきたらそれを共有するようにしなければなりません。また、より頻繁に他人の意見を聞き、目先の影響や論理的な結果だけでなく、将来の可能性や自分の決断の影響も考慮することができる。準備ができていないことが良いことではなく、常に変化する状況に合わせて意思決定をしなければならないこともあるからです。十分な情報を得ながら状況に適応することは、どのリーダーにとっても、どのチームにとっても貴重な特性です。

他のタイプの「意思決定方法」について読みたい方は、こちらをクリック↓

スポンサーリンク

ISFJ(保護者タイプ)をさらに知りたい方へ(相性など)

さらに知りたい方は以下がオススメです(クリックで開きます)↓

相性:相性や他のタイプとの付き合い方を学べる
ロードマップ:基礎→専門的へ と順序よくその性格タイプや性格論(MBTI)を学べる
関連記事:タイプの特徴を学べる(気になるところ見てみましょう)

ISFJ(保護者タイプ)のロードマップ クリックで開く

ISFJ(保護者タイプ)を真に理解するには、心理機能(認知機能)*が重要です↓

*一般に認知科学において、認知機能は生物が対象の知識を得るために、外部の情報を能動的に収集し、それを知覚・記憶し、さらに推理・判断を加えて処理する機能」と定義されます。

ISFJの認知機能
  1. 内向的感覚/Si
    (とても得意:優勢機能
  2. 外向的感情/Fe
    (少し得意:補助機能
  3. 内向的思考/Ti
    (少し苦手:代替機能
  4. 外向的直観/Ne
    (とても苦手:劣勢機能

以下のロードマップを読むことで、認知機能を学びつつISFJ(保護者タイプ)を順序よく理解できます↓

↑クリックで開きます↑

このブログを広げるために1クリックお願いします

さらに16タイプ分類性格診断テスト(MBTI診断)を知りたい方へ
このサイトで紹介している16分類性格診断(MBTI)を深く知るには、以下の本『図解 あなたの天職がわかる16の性格』がおすすめです。この本は、16タイプごとの適職が分かるだけでなく、MBTIの要となる心理機能(認知機能)について端的にまとまっているので、MBTIのことを初めて知ったという方にもおすすめです。

以下の「Amazonで見る」のリンク先より試し読みすることができるので、目次などを一度見てみるだけでも参考になります。

自分のタイプが分かった方は、こちらからタイプ間の相性も確かめることができます↓

この記事を書いた人
ナル心理学

ナル心理学では、16タイプ分類性格診断テスト(≒MBTI診断)を中心に解説!

ナル心理学をフォローする
この記事を読んだあなたの感想をSNSでシェアしてみましょう!
スポンサーリンク
ナルメカ(ナルキンのそうなるメカニズム) -NaruMECHANISM-

コメント

タイトルとURLをコピーしました