MBTI

ISFJ(保護者タイプ)の目標設定と情報収集の仕方

ISFJ(保護者タイプ)目標設定と情報収集の仕方について解説します。

スポンサーリンク

ISFJ(保護者タイプ)の目標設定と情報収集の仕方

ISFJは目標を設定する際に、すぐに満足感を得られるような伝統的で明確な目標を好み、それを得るための計画をすぐに明示することが多いでしょう。ISFJは、信頼性が高く勤勉で、事業に専念し、自信を持ってかなりの人数や量のデータを管理します。ISFJはこのような方法で目標を設定するため、予期しない機会に気づくことが難しく、長期的な目標も考慮することを忘れてはなりません。

このような潜在的な障害を認識することは重要であり、遠い将来の野望を設定することはこの性格タイプにとって有益である。ISFJは、過去に考えたことのないキャリアについてブレインストーミングする時間を設けるべきである。

設定された目標に到達するための目的を作成した後、彼らにとっての次のステップは、情報を集めることです。ISFJは通常、図書館に行ったり、ウェブページを見たりして、キャリア特有の情報や統計を見つけ、職業選択に必要なだけの事実をまとめます。そうすることで、長期的な利益をもたらし、生涯にわたる満足感を生み出す可能性のある職業を見逃す可能性があります。
ISFJの人たちは、自分の居心地の良い場所から一歩外に出て、希望する分野の専門家や詳しい人に別の選択肢について尋ねることが重要でしょう。

他のタイプの「目標設定と情報収集の仕方」について読みたい方は、こちらをクリック↓

スポンサーリンク

ISFJ(保護者タイプ)をさらに知りたい方へ(相性など)

さらに知りたい方は以下がオススメです(クリックで開きます)↓

相性:相性や他のタイプとの付き合い方を学べる
ロードマップ:基礎→専門的へ と順序よくその性格タイプや性格論(MBTI)を学べる
関連記事:タイプの特徴を学べる(気になるところ見てみましょう)

ISFJ(保護者タイプ)のロードマップ クリックで開く

ISFJ(保護者タイプ)を真に理解するには、心理機能(認知機能)*が重要です↓

*一般に認知科学において、認知機能は生物が対象の知識を得るために、外部の情報を能動的に収集し、それを知覚・記憶し、さらに推理・判断を加えて処理する機能」と定義されます。

ISFJの認知機能
  1. 内向的感覚/Si
    (とても得意:優勢機能
  2. 外向的感情/Fe
    (少し得意:補助機能
  3. 内向的思考/Ti
    (少し苦手:代替機能
  4. 外向的直観/Ne
    (とても苦手:劣勢機能

以下のロードマップを読むことで、認知機能を学びつつISFJ(保護者タイプ)を順序よく理解できます↓

↑クリックで開きます↑

このブログを広げるために1クリックお願いします

さらに16タイプ分類性格診断テスト(MBTI診断)を知りたい方へ
このサイトで紹介している16分類性格診断(MBTI)を深く知るには、以下の本『図解 あなたの天職がわかる16の性格』がおすすめです。この本は、16タイプごとの適職が分かるだけでなく、MBTIの要となる心理機能(認知機能)について端的にまとまっているので、MBTIのことを初めて知ったという方にもおすすめです。

以下の「Amazonで見る」のリンク先より試し読みすることができるので、目次などを一度見てみるだけでも参考になります。

自分のタイプが分かった方は、こちらからタイプ間の相性も確かめることができます↓

↓自分の性格タイプを知ってみたい方はこちら↓

16タイプ分類性格診断テスト

この記事を書いた人
ナル心理学

ナル心理学では、16タイプ分類性格診断テスト(≒MBTI診断)を中心に解説!

ナル心理学をフォローする
この記事を読んだあなたの感想をSNSでシェアしてみましょう!
スポンサーリンク
ナルメカ(ナルキンのそうなるメカニズム) -NaruMECHANISM-

コメント

タイトルとURLをコピーしました