MBTI

ISFP(芸術家タイプ)の目標設定と情報収集の仕方

ISFP(芸術家タイプ)目標設定と情報収集の仕方について解説します。

スポンサーリンク

ISFP(芸術家タイプ)の目標設定と情報収集の仕方

目標を設定するとき、ISFPは、他の人が見落としているようなチャンスを自然につかむことができます。このタイプは具体的な目標を立てますが、長期的な目標に対する意識が低いです。目標設定のステップで成功するためには、ISFPの性格は”自分の野心”を達成するための行動・タスクを作るべきでしょう。また、目先の目標だけでなく、遠い将来の目標も設定する必要があります。

情報収集する際、ISFPは直接人と会って情報収集する前に、オンラインの情報源を参照して収集を始めることができます。専門家から直接学ぶことで、選択に関する意思決定に必要な貴重な情報を得ることができます。

長期的な可能性や現実に関する詳細も重要です。ISFPは、詳細を収集する際に圧倒されないことを覚えておく必要があります。そうでなければ、このタイプの人は、長期的な利点を認識することができません。 例えば、あまりにも多くの情報を得ると、就職先を探す場合、ISFPは賃金や営業時間などの短期的な興味だけで仕事を選び、長期的な場所での目標を忘れてしまうかもしれません。ISFPは事実に基づいて判断しますが、自分の決断が家族や恋人などの他者にどのような影響を与えるかを考慮する、多才な感覚の持ち主でもあります。

他のタイプの「目標設定と情報収集の仕方」について読みたい方は、こちらをクリック↓

スポンサーリンク

ISFP(芸術家タイプ)をさらに知りたい方へ(相性など)

さらに知りたい方は以下がオススメです(クリックで開きます)↓

相性:相性や他のタイプとの付き合い方を学べる
ロードマップ:基礎→専門的へ と順序よくその性格タイプや性格論(MBTI)を学べる
関連記事:タイプの特徴を学べる(気になるところ見てみましょう)

ISFP(芸術家タイプ)のロードマップ クリックで開く

ISFP(芸術家タイプ)を真に理解するには、心理機能(認知機能)*が重要です↓

*一般に認知科学において、認知機能は生物が対象の知識を得るために、外部の情報を能動的に収集し、それを知覚・記憶し、さらに推理・判断を加えて処理する機能」と定義されます。

ISFPの認知機能
  1. 内向的感情/Fi
    (とても得意:優勢機能
  2. 外向的感覚/Se
    (少し得意:補助機能
  3. 内向的感覚/Ni
    (少し苦手:代替機能
  4. 外向的思考/Te
    (とても苦手:劣勢機能

以下のロードマップを読むことで、認知機能を学びつつISFP(芸術家タイプ)を順序よく理解できます↓

↑クリックで開きます↑

このブログを広げるために1クリックお願いします

さらに16タイプ分類性格診断テスト(MBTI診断)を知りたい方へ
このサイトで紹介している16分類性格診断(MBTI)を深く知るには、以下の本『図解 あなたの天職がわかる16の性格』がおすすめです。この本は、16タイプごとの適職が分かるだけでなく、MBTIの要となる心理機能(認知機能)について端的にまとまっているので、MBTIのことを初めて知ったという方にもおすすめです。

以下の「Amazonで見る」のリンク先より試し読みすることができるので、目次などを一度見てみるだけでも参考になります。

自分のタイプが分かった方は、こちらからタイプ間の相性も確かめることができます↓

↓自分の性格タイプを知ってみたい方はこちら↓

16タイプ分類性格診断テスト

この記事を書いた人
ナル心理学

ナル心理学では、16タイプ分類性格診断テスト(≒MBTI診断)を中心に解説!

ナル心理学をフォローする
この記事を読んだあなたの感想をSNSでシェアしてみましょう!
スポンサーリンク
ナルメカ(ナルキンのそうなるメカニズム) -NaruMECHANISM-

コメント

タイトルとURLをコピーしました