MBTI

ISTJ(努力家タイプ)の目標設定と情報収集の仕方

ISTJ(努力家タイプ)目標設定と情報収集の仕方について解説します。

スポンサーリンク

ISTJ(努力家タイプ)の目標設定と情報収集の仕方

ISTJは一般的に、明確な目標を設定します。
ISTJは、就職することを目標とした場合、報酬パッケージや福利厚生など、将来のポジションに関する具体的な条件から始めることが多く、一般的にこのプロセスを簡単に始めることができます。このタイプの人は、職場の文化や柔軟性などの進歩的な目標よりも、このような慣習的な目標を優先する傾向があります。

ISTJが伝統的な傾向を持つ理由の一つは、主観的な特性よりも、具体的で定量的な要素や変数を重視する傾向があることです。ISTJの潜在的な障害は、予期しない可能性を活用することを嫌うことかもしれません。このような可能性は、予定外の不確実性に見舞われることを嫌う性格であるため、ISTJのストレスの原因となります。ISTJの人は、このような偶然の出来事に備えるために、創造的なアイデアを生み出し、それらに到達するための短期的な目標を考える時間を確保することを考えるべきでしょう。

しかし、このタイプの人は、仕事の短期的な可能性に集中する傾向があります。長期的なメリットも認識することで、職業選択を長く続けられる可能性が高まります。

目標を設定した後は、情報収集を行います。
長期的なメリットに関する情報を収集する方法としては、目標に関する専門家・詳しい人と話をして、その魅力や嫌な点を見つけることが挙げられます。ISTJは、自分の目標を達成するための戦略を持っており、多くの場合、事実や統計のデータベースをウェブで検索することから始めます。

ISTJは通常、検索を絞り込むのに十分なだけの事実をまとめますが、本質的から少し離れた情報も考慮に入れるべきです。例えば、ISTJの人は、具体的な事実、客観的なデータは重視しますが、主観的な感情を軽視するかもしれません。この生来の行動を修正することで、考えもしなかった機会への扉を開くことができるでしょう。

他のタイプの「目標設定と情報収集の仕方」について読みたい方は、こちらをクリック↓

スポンサーリンク

ISTJ(努力家タイプ)をさらに知りたい方へ(相性など)

さらに知りたい方は以下がオススメです(クリックで開きます)↓

相性:相性や他のタイプとの付き合い方を学べる
ロードマップ:基礎→専門的へ と順序よくその性格タイプや性格論(MBTI)を学べる
関連記事:タイプの特徴を学べる(気になるところ見てみましょう)

ISTJ(努力家タイプ)のロードマップ クリックで開く

ISTJ(努力家タイプ)を真に理解するには、心理機能(認知機能)*が重要です↓

*一般に認知科学において、認知機能は生物が対象の知識を得るために、外部の情報を能動的に収集し、それを知覚・記憶し、さらに推理・判断を加えて処理する機能」と定義されます。

ISTJの認知機能
  1. 内向的感覚/Si
    (とても得意:優勢機能
  2. 外向的思考/Te
    (少し得意:補助機能
  3. 内向的感情/Fi
    (少し苦手:代替機能
  4. 外向的直観/Ne
    (とても苦手:劣勢機能

以下のロードマップを読むことで、認知機能を学びつつISTJ(努力家タイプ)を順序よく理解できます↓

↑クリックで開きます↑

このブログを広げるために1クリックお願いします

さらに16タイプ分類性格診断テスト(MBTI診断)を知りたい方へ
このサイトで紹介している16分類性格診断(MBTI)を深く知るには、以下の本『図解 あなたの天職がわかる16の性格』がおすすめです。この本は、16タイプごとの適職が分かるだけでなく、MBTIの要となる心理機能(認知機能)について端的にまとまっているので、MBTIのことを初めて知ったという方にもおすすめです。

以下の「Amazonで見る」のリンク先より試し読みすることができるので、目次などを一度見てみるだけでも参考になります。

自分のタイプが分かった方は、こちらからタイプ間の相性も確かめることができます↓

この記事を書いた人
ナル心理学

ナル心理学では、16タイプ分類性格診断テスト(≒MBTI診断)を中心に解説!

ナル心理学をフォローする
この記事を読んだあなたの感想をSNSでシェアしてみましょう!
スポンサーリンク
ナルメカ(ナルキンのそうなるメカニズム) -NaruMECHANISM-

コメント

タイトルとURLをコピーしました