MBTI

ISTJ(努力家タイプ)の意思決定方法

MBTI

ISTJ(努力家タイプ)意思決定方法について解説します。

あなたは、同僚や友人の意思決定方法に不満を感じたことはありませんか? 非論理的であったり、プロセスがバラバラであったりしませんか?早期に解決しなければ、このような問題は雪だるま式に大きくなり、職場環境の大規模な混乱の原因となります。意思決定の方法は、人によって性格によって大きく異なります。意思決定の方法に正解や不正解はありません。ただ、あなたの意思決定の方法と、あなたにとって最適な方法があるのです。

とはいえ、意思決定のスタイルが異なる人たちが一緒に仕事をするとなると、緊張感が高まります。お互いを理解することは、コミュニケーションを維持し、仕事を成功させるための鍵となります。MBTIを用いて、自分の性格タイプを理解するのに時間をかけることは、あなたとあなたのチームの意思決定を改善し、合理化し、その過程でより深い相互理解を築くのに役立ちます。

スポンサーリンク

ISTJ(努力家タイプ)の意思決定方法

ISTJは、直線的で構造化された方法で意思決定に取り組む傾向があります。 このタイプは一般的に変化を嫌い、代わりに現状を維持する意思決定を下します(=内向的感覚:Si)。

ISTJは、単調な細かい作業などに対して忍耐強く、ミスをしないことで知られています。、伝統的な理想を維持することを好み、また事実と論理的な選択肢のみに基づいて、迅速な決断を下す(=外向的思考:Te)ことがよくあります。しかし、論理的な判断だけを求める一方で、個人的な価値観や願望(=内向的感情:Fi)を捨ててしまうことがあります。

ISTJが意思決定する際、それぞれの選択肢のメリットとデメリットをもっともらしく分析することが賢明であると考えます。また、選択肢を検討し始めると、経験的な知識に照らし合わせて(=内向的感覚:Si)、それぞれの可能性を評価します。このが自分の意見を述べるときは、明確で、詳細なものになる傾向があります。
他人の意見がそれほど明確に構成されていない場合には、他人の意見を理解するのが難しいことがあります。ISTJは、世界に対して「0か100」の白黒的な見方をすることがあり、そのために他人の意見を早々に否定してしまうことがあります。

ISTJは、大きな変化ではなく、漸進的な変化を好む傾向があります。意思決定そのものと実行の両方において、何よりも効率性を重視します。何かを決定する際、実用性と効率性を重視します。I合意された計画を迅速かつ論理的に実行しようとし、必要以上の責任を負うことも多いでしょう。具体的な支援や実行のための具体的な提案をしてくれる人には感謝しますが、曖昧で非現実的なフィードバックには苛立ちを覚えることもあります。

ISTJの短所は、ある決定に対して感情的または対人的な影響を考慮すること外向的感情:Fe)を怠り、代わりに物流や金銭的な利益を重要視しすぎることです。論理的によく考えられた決定であっても、必ずしも人に良い影響を与えるとは限らないという事実を受け入れる努力をすべきです。

ISTJは、チームメンバーやリーダーとして成長していく中で、自分や他の人の考えや感情、そしてそれらが組織や仲間にどのような影響を与えるかを考える努力をすべきです。
さらに、確実的なことと計画や手順がきちんと決まった状態は心地良いものですが、ISTJは、ダイナミズムや未知の可能性に慣れ親しむこと外向的直観:Ne)で、さらに成長することができます。例えば、新しいアイデアを探求したり、将来の可能性に興奮したり興味をそそられたりする理由を他の人に尋ねたりすることで、さらに成長することができます。

他のタイプの「意思決定方法」について読みたい方は、こちらをクリック↓

スポンサーリンク

ISTJ(努力家タイプ)をさらに知りたい方へ(相性など)

さらに知りたい方は以下がオススメです(クリックで開きます)↓

相性:相性や他のタイプとの付き合い方を学べる
ロードマップ:基礎→専門的へ と順序よくその性格タイプや性格論(MBTI)を学べる
関連記事:タイプの特徴を学べる(気になるところ見てみましょう)

ISTJ(努力家タイプ)のロードマップ クリックで開く

ISTJ(努力家タイプ)を真に理解するには、心理機能(認知機能)*が重要です↓

*一般に認知科学において、認知機能は生物が対象の知識を得るために、外部の情報を能動的に収集し、それを知覚・記憶し、さらに推理・判断を加えて処理する機能」と定義されます。

ISTJの認知機能
  1. 内向的感覚/Si
    (とても得意:優勢機能
  2. 外向的思考/Te
    (少し得意:補助機能
  3. 内向的感情/Fi
    (少し苦手:代替機能
  4. 外向的直観/Ne
    (とても苦手:劣勢機能

以下のロードマップを読むことで、認知機能を学びつつISTJ(努力家タイプ)を順序よく理解できます↓

↑クリックで開きます↑

このブログを広げるために1クリックお願いします

さらに16タイプ分類性格診断テスト(MBTI診断)を知りたい方へ
このサイトで紹介している16分類性格診断(MBTI)を深く知るには、以下の本『図解 あなたの天職がわかる16の性格』がおすすめです。この本は、16タイプごとの適職が分かるだけでなく、MBTIの要となる心理機能(認知機能)について端的にまとまっているので、MBTIのことを初めて知ったという方にもおすすめです。

以下の「Amazonで見る」のリンク先より試し読みすることができるので、目次などを一度見てみるだけでも参考になります。

自分のタイプが分かった方は、こちらからタイプ間の相性も確かめることができます↓

↓自分の性格タイプを知ってみたい方はこちら↓

16タイプ分類性格診断テスト

この記事を書いた人
ナル心理学

ナル心理学では、16タイプ分類性格診断テスト(≒MBTI診断)を中心に解説!

ナル心理学をフォローする
この記事を読んだあなたの感想をSNSでシェアしてみましょう!
スポンサーリンク
ナルメカ(ナルキンのそうなるメカニズム) -NaruMECHANISM-

コメント

タイトルとURLをコピーしました