ICL情報まとめ

眼内コンタクトレンズ(ICL)手術で損傷した虹彩は元に戻る?【ICL手術のリスク】

ICL情報まとめ

眼内コンタクトレンズ(ICL)手術とは、小さなレンズを入れ、裸眼での視力を上げる手術のことです。

どんな手術においても、合併症や副作用が必ず0ということはないです。ICLも例外ではありません。なるべく腕の良い術者のもとで手術を受けることが大切であり、仮に問題が起きた場合、アフターケアをきちんと施してくれるかどうかが重要です。

しかし、筆者は実際にICL手術を受け、虹彩が薄くなることで右目にまぶしさと白いモヤがかかって見える合併症が残ってしまい、その後のアフターケアも納得がいくものではありませんでした。

スポンサーリンク

損傷した虹彩は二度と元に戻らない?

ICL手術中、緊張して力むと眼圧が上がり、虹彩が飛び出ることがまれにあります。筆者も手術中に右目の虹彩が飛び出そうになり、縫うことになりました。その結果、虹彩の色素が一部飛んでしまいました。

ICL手術を受けたのとは別の病院で診てもらうと、失った虹彩は二度と元に戻らないと言われました。大変ショックを受けました。

しかし、ICL手術を受けた病院で話を聞くと、虹彩は完全には治らないが、傷が治ると色素もついてくると言われました。

スポンサーリンク

ICL手術のリスク

2人の医師が、別々の意見を述べており、これではどちらが正しいか分かりません。今後の経過を診て判断したいと思います。

もしも、損傷した虹彩が元に戻らないとしたら、ICLにも大きなリスクがあるということになります。

ICLをご検討の方は、十分に考えてから受けるようにすべきだと思います。

他にもICLの被害を受けた方がいます。ブログ「ICL手術で失敗しました。」の北澤さんという方です。ICL術後に全身痙攣が起こるなど、とてもにわかには信じがたい症状が出てしまったというのです。

その症状について書いてあるブログがこちら↓です。

北澤さんはツイッター上でもICLの注意喚起を行なっています↓

当サイト「ICL情報まとめ」のツイッターアカウントもありますので、ICL検討中、ICLのリスクを知りたい方は、北澤さんのツイッターを含め、フォローしていただければと思います。


ICLのリスクや体験などの情報まとめページはこちら↓

また、体全般の健康に関する記事はこちらになります↓

このブログを広げるために1クリックお願いします

この記事を書いた人
ナル心理学

ナル心理学では、16タイプ分類性格診断テスト(≒MBTI診断)を中心に解説しています。

心理学を学びたい!自分や他人の性格を知ってみたい!という方は是非ご覧ください‼︎

ツイッターでは、役立つ心理学やMBTIに関することを呟いているので、ぜひこちらもフォローしてくださいね^ ^

ナル心理学をフォローする
スポンサーリンク
ナルメカ(ナルキンのそうなるメカニズム) -NaruMECHANISM-

コメント

タイトルとURLをコピーしました