アンチエイジング

日々の食事から糖質を減らすコツ

アンチエイジング

現代の人間は糖質を過剰に取りすぎている傾向があります。それにより、血糖値が上がり過ぎるとさまざな問題が起こります。

この記事では、日々の食事から糖質を減らすコツをご紹介します。

スポンサーリンク

糖質の摂取量を減らす

なるべく糖質の少ないものを食べれば、血糖値は上がりません。

まずは、糖質が少ない食べ物の見分け方をご紹介します。

「01.糖質とは?」で説明したように、食べ物に含まれる糖質は、糖質=炭水化物ー食物繊維」のように表現できます。

例えば、スーパーマーケットで売っている食品の栄養成分表を見てみましょう。

単純に上の図の糖質の少ないものを選べばいいですね。同じ炭水化物(ソバ、うどん)でもお菓子(チョコレート菓子)でもそれなりに糖質の量は違うものです。

低糖質のお米を変える

お米は、糖質の塊なので極力食べない方が血糖値は上がりません。しかし、それでもお米を食べたい方も多いはず。そんなときは、普段の食べるお米を低糖質米に変えましょう!

例えば、サラヤ「低GI へるしごはん」なら普通のお米より糖質を36%もカットできます。

糖質をカットする炊飯器

また、糖質カットをできる炊飯器もあるので、そちらを使うのも良いでしょう。なんと、糖質を33%もカットできる炊飯器もあります。

カカオの度合いが高いチョコレート

糖質と言えば、お菓子。お菓子といえば、チョコですよね。

それでも、チョコを食べたいときは、カカオの度合いが高い(=砂糖の割合が低い)ものにすることをおすすめします。

一番いいのはカカオ95%のチョコレートですね。ただし、とても苦いです。

苦すぎて食べれない場合は、こちらのカカオ75%のチョコレートから食べ始めるのが良いでしょうね。

砂糖をオリゴ糖に変える

糖質を取らない方が良いと言われても、甘いものを食べたくなりますよね。

そんなときは、オリゴ糖がおすすめです。甘いのにもかかわらず、血糖値が砂糖に比べてあまり上がりません。

コーヒーや甘くないヨーグルトに入れる砂糖の代わりに使うと良いと思います。

市販のオリゴ糖は、上記のもの以外にも色んな種類があります。以下の記事に、おすすめの市販のオリゴ糖をまとめたので、参考にしてください↓

オリゴ糖については以下の記事も参考にしてください↓

スポンサーリンク

糖質が少ない料理を作る

普段の食事から糖質が少ない食事を摂るのも有効です。例えば、こちらの本には糖質オフでなおかつ美味しい料理の作り方が乗っています。Amazonリンク先より、試し読みができるので見てみると良いかもしれません。

このブログを広げるために1クリックお願いします

この記事を書いた人
ナル心理学

ナル心理学では、16タイプ分類性格診断テスト(≒MBTI診断)を中心に解説!

ナル心理学をフォローする
この記事を読んだあなたの感想をSNSでシェアしてみましょう!
スポンサーリンク
ナルメカ(ナルキンのそうなるメカニズム) -NaruMECHANISM-

コメント

タイトルとURLをコピーしました