MBTI

ESFJ型の性格特徴説明【心的機能要素の構成から分かる!】

MBTI

人を16タイプの性格に分類する性格診断テスト、MBTIというものがあり、良く当たると評判です。

この記事では、16タイプのなかから社交家タイプ(ESFJ)の性格を解説します。

ESFJ(社交家タイプ)の方は、
ご自身の性格タイプを、以下の各ボタンから
SNSでシェアしてフォロワーに知らせてみましょう!
ツイッター上で診断結果を固定ツイートにすると、フォロワー外の人でもあなたがどんな人か分かり、絡みやすくなります!

SNSでシェアされるとき、上記の画像が表示されます

↓自分の性格タイプを知ってみたい方はこちら↓

スポンサーリンク

社交家タイプ(ESFJ) のキャラクター

まず、社交家タイプ(ESFJ) がどんなタイプか雰囲気を掴んでもらうために、社交家タイプ(ESFJ) のキャラクターをご紹介します。

ドラゴンボールのビーデル

スポンサーリンク

社交家タイプ(ESFJ) の性格特徴説明

ESFJの認知機能
  1. 外向的感情/Fe
    (とても得意:優勢機能
  2. 内向的感覚/Si
    (少し得意:補助機能
  3. 外向的直観/Ne
    (少し苦手:代替機能
  4. 内向的思考/Ti
    (とても苦手:劣勢機能

『mbti性格タイプ論の視点から世界を覗こう』(サイト消滅)より引用開始(一部改変)

社交的で、他者のことに興味関心があり、人のことをよく覚えています。 相手にとって必要なことは何なのか、本人よりも先に気がつくことができ、世話をしようとします。 必要ならば、積極的に人間関係を取り持ち、役に立とうとするでしょう。 そうやって、人の輪を広げてゆきます。

感情表現豊かで、心から他者に共感し、できる限り喜びを分かち合いたいと思っています。 人前では、不快感を与えることなく、礼儀正しく振る舞うことができ、他者を気遣います。 人間関係を大切にし、一人一人の長所を活かして協力し合い、安全で安心できる生活を送りたいと思っています。

一人一人が最善の状態でいられるように、何かと工夫します。 日常を維持するためにしなければならない細々としたことに注意深く対応することができます。 他人の気分や健康状態が優れないときはすぐに気がつき、憂慮するでしょう。 そういった資質を活かして、他者を気遣い世話をし、援助できるとこを喜びとします。

多くの人たちと交流し、人前での振る舞い方を身につけ、倫理観を形成してゆきます。 周囲の人々の雰囲気や、総意を受け止めることが得意です。 他人の価値観や意見を受け入れ、皆と共有しようとします。 大変な状況にある人がいれば、協力して助けたいと思います。

どちらかというと伝統的な価値観を持ち、規律正しく礼節を重んじた人間関係を望みます。 社会的な役割、男女の役割、親子の役割などを真剣に受け取ります。 目上の者を敬い、同僚と協力し、目下の者の面倒を見ようとします。

家庭内は、整然と機能的に暮らせるように工夫します。 また、内装、家具、装飾品、食器、置物などは、自分の美的センスを反映させます。 親は、親としての役割を真剣に受け取り、子どもの面倒を細やかに見ます。 そして、人前で恥ずかしいことをしないように、きちんと躾をしようとします。 子は、親を尊敬したいと思います。 家事を手伝い、学校での課題をきちんとこなし、繰り返される毎日に、怠ることなく対処します。

家族や親戚または学校での特別なイベントや、その他、人との付き合いは重要なことであり、楽しみでもあります。 花見や誕生日パーティー、祝日、記念式典、親戚の集まりなどの恒例行事は、喜んで参加し、できる限り手伝います。 古い友人から新しく知り合った人まで、幅広く連絡を取り、一緒に時間を過ごそうとします。 その他、レストランで会話に花を咲かせたり、留学生のホームステイを受け入れたり、 サプライズパーティを企画したり、などなど、このようなことに関しては、新しいことを思いつきます。 人をもてなす才能があり、誰もが自然とくつろいだ気分にさせられます。

古い人間関係を疎かにすることはありませんが、積極的にいろいろな人と知り合いになろうとします。 親しみを感じたならば、イベントに誘ったり、家に招くこともあるでしょう。

自分自身の感情に憤りや悲しみ、得体の知れないもやもや感が生じたときは、誰かに聞いてもらう必要があります。 素直で謙虚に他人の意見に耳を傾けます。 褒められたり、肯定的な意見をもらったりするとやる気を出すことができます。 一方で、遠慮の無い批判を受けたり、無関心な態度を取られたり、不親切に扱われたりすると、簡単に傷つきます。 そして、その心痛や嫌悪感を表に出します。

伝統的な価値観に従い、社会における男女の役割をはっきりと意識します。 女性にとって、思いやりがあり礼儀正しい特徴はすんなりと受け入れられるものです。 もちろん、このようなことは男性をも魅力的にします。 しかし、男性は、他者の意見に左右されやすく、傷つきやすい一面を、克服すべきものであると考えてしまうことがあります。 そのため、無理に男性らしくあろうとして、身体を鍛えたり、 機械や理論的な分野に詳しくなろうと努力することがあります。

礼儀、マナー、エチケットといったことを大切にし、親切にされたらお礼を言うことを忘れないでしょう。 他の人にも、礼儀を大切にし、その場に相応しい振る舞いをするように望んでいます。 和を乱している不届き者を見ると、嫌悪感を抱きます。 厳しく叱責し、反省を求めるかもしれません。

社会生活において、人々が支えあいながら成り立っていることを強く意識しています。 皆が仲良く協力すべきであり、疎外されている者がいてはならないと感じます。 そのために、経験、知識、価値観をできるだけ開示し理解し合うことが大切であると思っています。

あらゆる人間とうまくやってゆきたいと思っていますが、 自分が為すべきことを明確にし、優先順位を決め、信頼関係を築くべき人間を選びます。

人間関係を大切にするには、自己都合、自己中心的なこだわり、 怠惰に過ごす時間などをできる限り手放さなければなりません。 ESFJはこのことを無意識のうちに心得ています。 そして、他の人間もそのように振る舞うものだと思っています。 人の輪に配慮せず、ずけずけと好奇心を満たそうとしたり、一人で利益を追求することは自分勝手であると思われます。 個人としての限界と、弱さを謙虚に受け止めており、建設的な協力関係を築くことが大切だと考えます。

新しいことが提案されても、その利点と危険性についてはっきりするまでは、進んで取り入れることはしません。 分かりやすく理論的に説明され、他者への配慮についても充分納得することができれば、取り入れます。 そうでなければ、多くの人に認められ、広く利用され始めるまで、取り入れようとはしないでしょう。 本当は新しい方法やアイデアにも興味がありますが、 その導入には慎重になる傾向が前面に出ます。 慣れ親しんだことほどそのパターンを踏襲し、それを手放すことが難しく感じられます。 リスクが少ないことには、好奇心で行動することがあります。 日常用品のカタログを見て、良さそうなものに興味を持ったりします。

現実的なことをよく見ており、記憶力は良い方ですが、抽象的な理論にはあまり興味が持てません。 そのようなことを自分で理解しなければならないときは、かなり苦労することになるでしょう。 しかし、人から分かりやすく説明されると面白いと感じます。 人気のあるゲームや知的なおもちゃで遊ぶこともあります。 他の人と楽しむことができれば、なお良いでしょう。

あまりにも多くの人を受け入れ、惜しげなく面倒を見ようとするので、大変なことを引き受けてしまうことがあります。 そのために、お人好しにも、時間やお金、チャンスなどを失ってしまうことがあるかもしれません。 自分の利益には疎い所があるかもしれません。 しかし、多くの人から感謝され、支えあってこそ生きていけることを謙虚に実感することができます。

細やかな気づきと、適切な気遣いを行い、率先して礼儀を実践することで、社会を安定させる役割を担います。

『mbti性格タイプ論の視点から世界を覗こう』(サイト消滅)より引用終了(一部改変)

社交家タイプ(ESFJ)と正反対のタイプ、研究者タイプ(INTP)とは?

社交家タイプ(ESFJ)と正反対のタイプに研究者タイプ(INTP)がいます。社交家タイプ(ESFJ)は情に厚く、論理的な話が苦手な傾向がありますが、研究者タイプ(INTP)は論理や推理を得意とする傾向があります。
研究者タイプ(INTP)には、漫画「デスノート」のLがいます。Lの推理を非常に得意としているところにINTPらしさが出ています。

社交家タイプ(ESFJ)と他のタイプの相性

さらに社交家タイプ(ESFJ)について詳しく知りたい方は、以下の記事もおすすめです

ESFJ(社交家タイプ)の方は、
ご自身の性格タイプを、以下の各ボタンから
SNSでシェアしてフォロワーに知らせてみましょう!
ツイッター上で診断結果を固定ツイートにすると、フォロワー外の人でもあなたがどんな人か分かり、絡みやすくなります!

SNSでシェアされるとき、上記の画像が表示されます

以下のように、ツイッターでシェアした性格診断結果を固定ツイートにすると、フォロワー外の人でもあなたがどんな人か分かり、絡みやすくなります!
固定ツイートとは、あなたのツイッタープロフィール画面で常に一番上に表示されるツイートのことです

診断結果を固定ツイートすると以下のように表示されます↓

このブログを広げるために1クリックお願いします

さらに16タイプ分類性格診断テスト(MBTI診断)を知りたい方へ
このサイトで紹介している16分類性格診断(MBTI)を深く知るには、以下の本『図解 あなたの天職がわかる16の性格』がおすすめです。この本は、16タイプごとの適職が分かるだけでなく、MBTIの要となる心理機能(認知機能)について端的にまとまっているので、MBTIのことを初めて知ったという方にもおすすめです。

以下の「Amazonで見る」のリンク先より試し読みすることができるので、目次などを一度見てみるだけでも参考になります。

自分のタイプが分かった方は、こちら(外部サイト)からタイプ間の相性も確かめることができます↓

↓自分の性格タイプを知ってみたい方はこちら↓

この記事を書いた人
ナル心理学

ナル心理学では、16タイプ分類性格診断テスト(≒MBTI診断)を中心に解説しています。

心理学を学びたい!自分や他人の性格を知ってみたい!という方は是非ご覧ください‼︎

ツイッターでは、役立つ心理学やMBTIに関することを呟いているので、ぜひこちらもフォローしてくださいね^ ^

ナル心理学をフォローする
スポンサーリンク
ナルメカ(ナルキンのそうなるメカニズム) -NaruMECHANISM-

コメント

タイトルとURLをコピーしました