世界各国の文化

ホフステード博士の文化的次元理論

世界各国の文化

海外のことをどうすれば知れるのでしょうか?

世界の文化は違うと言われます。各国には各国の文化があり、それぞれ違うとも。

しかし、私たちのほとんどは世界のあちこちを転々と暮らしておらず本当に文化が違うのか知ることは難しいに違いありません。また仮に30か国に居住したことがある人がいても、一か国あたりの文化を知る時間が少ないことは否めないでしょう。

では、例えば、日本は”本当に”西洋と比べて文化が違うでしょうか? 違うなら”どれほど”違う? 西洋の中では違いはない? 南米はラテン系の人が多くいますが、ヨーロッパと同じ? アラビア・アフリカ・東南アジア・韓国・中国は?

この問題を部分的に解決したのがジェラルド・ホフステード博士です。
博士はオランダのリンブルグ大学経済・経営学部で組織人類学と国際経営学の教授と同大学の異文化間協力研究所の所長を務めていました。

驚くべきことに、多才なホフステード博士は機械技師でもあり世界的大企業のIBMに勤務していました。そして、1967年から1973年にかけて、IBMの世界各地の子会社を対象に、国民の価値観の違いに関する大規模な調査研究を行いました。ですから、多くの人に質問紙を配り、今でいうビッグデータ的解析を投じ行っていました。時代を先取りしすぎといってもいいくらいですね。
そして、ホフステッド博士は、各国での学術・文化活動を通じて、異文化研究・調査の代表的なリーダーの一人となりました。彼の理論は現在でも心理学や経営学の分野で世界中で使われています。

*異文化心理学における主要な研究の伝統を確立し、国際的なビジネスやコミュニケーションに関連する多くの分野の研究者やコンサルタントに利用されています。特に異文化心理学、国際経営学、異文化コミュニケーション学などで知られています。

さて、前置きはこれくらいにして、さっそくホフステード博士が多国籍に行った心理検査の回答を用いて、どのような違いがあるのか見ていきましょう。

スポンサーリンク

ホフステード博士の6次元モデル

これから解説するホフステード博士の6次元モデルは、グローバルな視点から文化的次元を測定するための最も人気のあるフレームワークの一つです。

各グループやカテゴリーの文化的行動を特定し、文化的価値観がこの行動にどのように影響するかを検証することで、異文化に対する理解を深めるのに役立ちます。この理論を構築するために、ホフステード博士は1980年代に50カ国以上で行われた複数の研究を参考にしています。

この理論では、以下の「6つの文化的次元」を提示しています。

  1. 権力格差指標(パワー・ディスタンス・インデックス)
  2. 個人主義指標(vs 集団主義)
  3. 男性らしさ(男性的)指標(vs 女性らしさ)
  4. 不確実性回避指標
  5. 長期志向指標(vs 短期志向指標)
  6. 放縦(充足的、放任的、気まま)指標(vs 抑制)

例えば、アメリカ、中国、ドイツ、ブラジルの4カ国を6つの次元で比較すると、以下のようになります↓

以下より、6つの次元についてそれぞれより詳しく解説していきます。
(ざっと簡単なまとめを知りたい方は以下をクリックしてください↓

世界の文化一覧(6つの文化的次元)

(1)権力格差(Power distance)指標(PDI)
 意味:権力格差を容認するかどうか(容認すれば指標は高)
 世界:アジア諸国で高く、北欧・アングロ諸国で低い
 日本:アジアでは最低、しかし北欧・アングロ諸国よりは高い

(2)個人主義指標(Individualism versus collectivism)(IDV)
 意味:個人主義志向か、集団主義志向か(前者であれば指標が高)
 世界:北欧・アングロ諸国で高く、アジア・中南米諸国で低い
 日本:アジアではインドに次ぎ高い(世界的には中間)

(3)男性らしさ指標(Masculinity versus femininity)(MAS)
 意味:男性らしさ(競争や出世)が重要なら高く、女性らしさ(生活)が重要なら低い
 世界:アングロ諸国は男性的、北欧諸国は女性的、アジア諸国は国別の差が大きい
 日本:世界でもトップクラスの高さで、アジアでは中国がそれに続く

(4)不確実性回避指標(Uncertainty avoidance)(UAI)
 意味:不確実性を回避する緊張型社会で高く、不確実さを受け入れる緩い社会では低い
 世界:南欧諸国で高く、北欧・アングロ諸国は中~低、アジア諸国は国別の差が大きい
 日本:世界的に見ても高い方、アジアでは韓国が日本に続く

(5)長期志向指標(Long-term versus short-term orientation)(LTO)
 意味:目先に囚われず将来に備える長期志向で高く、短期的なことを志向すれば低い
 世界:アジア諸国、中欧諸国で高く、中東・アフリカ・中南米諸国とアメリカで低い
 日本:韓国・中国・台湾と並んで、世界で最も高い

(6)放縦─抑制指標(Indulgence versus restraint)(IVR)
 意味:非常に幸せな人の割合が多ければ高く、非常に幸せな人の割合が少なければ低い
 世界:中南米諸国、北欧・アングロ諸国で高、中東欧諸国で低、アジア諸国は中~低
 日本:アジア内では高い

世界各国との比較の中で日本についてまとめる。権力格差指標はやや低、個人主義指標は中間、男性らしさ指標はトップクラス、不確実性回避指標は高、長期志向指標はトップクラス、放縦─抑制指標は中間。つまり日本社会は、男性らしさ(競争や出世)が高く評価され、不確実性を回避し、長期志向の考え方が非常に強い一方で、権力格差、個人主義、放縦─抑制については世界の中間程度である

上記は、『多文化世界 — 違いを学び未来への道を探る』のAmazonのつくしんぼうさんのレビューより引用

権力格差指標(パワー・ディスタンス・インデックス)

「組織や機関(家族など)の力の弱いメンバーが、権力が不平等に分配されていることを受け入れ、期待している度合い」と定義されています。
(*力の弱いメンバーが、権力と平等の違いをどの程度受け入れているかということ。ある社会では、権力からの距離がほとんどないが、他の社会では非常に大きな距離があることがあります)

この次元では、不平等や権力はフォロワー(下位層)によって認識されます。
この指数が高いほど、社会の中でヒエラルキー(序列)が明確に確立され、疑問や理由なく物事が実行されていることを示しています
指数が低いほど、人々が権威に疑問を持ち、権力を分散させようとしていることを示しています

権力格差指標では、ラテンアメリカやアジア諸国、アフリカ地域、アラブ世界が非常に高いスコアを示しています。
一方、英語圏を含むゲルマン系の国々では、パワーディスタンスが低くなっています(オーストリアでは11、デンマークでは18にとどまっています)。

例えば、アメリカはホフステード分析の文化尺度で40点。パワーディスタンスが非常に高いグアテマラ(95)や、非常に低いイスラエル(13)と比較すると、アメリカは中間に位置しています。

*階層的距離が関係しています(クリックで開く)

「階層的距離」は、社会がさまざまな機関や組織における権力の配分をどのように受け入れるかということです。階層的距離が低い国は分散型組織を好み、階層的距離が高い国は社会の中央集権化を受け入れます。

また、社会の「力の弱い」メンバーが、権力が偏在していることを受け入れる度合いとも定義することもできます。さらに、この次元は必ずしも社会における権力の分布を測るものではなく、市民がそれについてどう感じているかを測るものである。

高いスコアは、他の人よりもはるかに大きな力を持つ人が存在することを示唆しています。
階層間距離が高い国では、個人が不平等や社会における自分の居場所を受け入れ、形式的な階層を認識し、それに同意しています。低いスコアは、人々が平等な権利と義務を持つべきだという視点を反映しています。

ラテンアメリカやアラブ諸国ではこの項目のスコアが最も高く、アングロサクソンやスカンジナビア、ゲルマン文化圏ではスコアが低い傾向にあり、個人がコミュニティの中で平等であることを示しています。
(ラテンアメリカやアラブ諸国は権威的な社会、北米や英国は平等な社会)

個人主義指標(vs 集団主義)

「個人主義指標(vs 集団主義)」は「市民が自主性を重んじる vs 社会のルールや個人集団への忠誠心をどれほど大切にするか」の度合いのことです。

この度合いは個人の社会への溶け込み度合や集団への帰属意識を表し、この次元が高い社会(個人主義的社会)では、個人が自分や近親者を大切にする傾向があります。また、「I(私)」と「We(私たち)」の関係が重視されます。

一方、この次元が低い社会(集団主義的社会)では、集団のつながりがより広く、家族単位もより広範囲(叔父、従兄弟、祖父母を含む)であり、集団に対する揺るぎない忠誠心があります。他の集団との対立が生じたときにも人々が互いに助け合う社会です。

集団主義者は、集団の中で帰属意識を共有しており、個人の利益よりも集団の利益を重視し(集団的利益>個人的利益)、上下関係や他の個人との関係を重要視します。

個人主義とされる文化には、アメリカ、オーストラリア、イギリスなどがあります。米国は最も個人主義的な社会の一つです。逆にグアテマラ、パキスタン、インドネシアなどの文化が集団主義的とされています。

個人主義(IDV)は、アメリカ(91)、オーストラリア(90)、イギリス(89)で高くなっています。反対に香港やセルビア(25)、マレーシア(26)、ポルトガル(27)は集団主義とされています。

男性らしさ(男性的)指標(vs 女性らしさ)

男性的とは、「達成感、ヒロイズム(英雄的行為)、自己主張、成功による物質的報酬を社会が好むこと」と定義されています。社会全体が競争社会である社会が男性的な社会です。

一方、女性的とは、「協調性、謙虚さ、弱者への配慮、生活の質(QOL)を気にすること」と定義されています。女性的な社会では社会全体では、コンセンサスを重視しています。

この次元は、社会が「達成」と「育成」のどちらに価値を置くかに焦点を当てています。

男らしさとは、野心や富の獲得を重視し、性別による役割分担を明確に区別する(男女の役割分担をきっちり区別したがる)のが特徴であり、女らしさとは、養育や育成、平等や環境への配慮を重視し、より流動的な性別による役割分担を明確にすることが特徴です。(女性らしい社会は社会的な性別の役割が重なっている社会)

男性的な社会(日本、ベネズエラ、イタリア、アイルランド、メキシコ)は、自己主張が強く、競争力があり、結果を重視します。
一方、女性的な社会(スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、デンマーク、オランダ)は、控えめで共感性が高く、良好な人間関係を築くことに重点を置き、すべての人に質の高い生活を提供しようとする傾向があります。

男性的な社会では、男性的な価値観と女性的な価値観のギャップが大きく、女性はやや自己主張が強く競争的ですが、男性に比べれば格段に弱いです。

北欧諸国では男らしさが極端に低い

対照的に、日本(95)や、ドイツ文化の影響を受けたハンガリー、オーストリア、スイスなどのヨーロッパ諸国では、男性らしさが非常に高くなっています
英米諸国では、男性らしさのスコアが比較的高く、例えばイギリスでは66となっています。ラテンアメリカでは、ベネズエラが73点であるのに対し、チリは28点と対照的です。

特徴男性的な社会女性的な社会
社会的規範・自分の欲求を重視
・お金や物質的なものを重視
・仕事に生きる
・人間関係を重視
・生活の質の高さを重視
・生活のために働く
政治・経済・経済成長が最優先事項
・紛争を武力で解決
・環境保護が最優先事項
・紛争を交渉で解決
宗教・人生で最も重要なこと
・男性だけが司祭になれる(男性優位的)
・人生で最も重要でないこと
・男性も女性も司祭になれる(男女平等的)
仕事・男女間の賃金格差が大きい
・管理職に女性が少ない
・高賃金を好む
・男女間の賃金格差が小さい
・管理職により多くの女性がいる
・短時間勤務を好む
家族と学校・伝統的な(従来的に)家族構成
・女の子は泣くが男の子は泣いてはいけない
・男の子は戦うが、女の子は戦わない
・失敗は災いのもと(許さない)
・柔軟な家族構成
・男の子も女の子も泣いてもいい
・誰も戦わない
・失敗は小さなもの(気にしない)

不確実性回避指標

「社会の曖昧さに対する耐性」と定義され、予想外のことや未知のこと、現状からの逸脱を受け入れるか避けるかを示すものです。

未来のような不確実で曖昧なもの=リスク、をどの程度受け入れるかや、未知の状況に直面したときの人々の感覚を示しています)

例えば、この指数のスコアが低い場合、その国の人々は起業家精神が旺盛で、リスクを取ることが多く独立心が強いことを示しています。

この指標のスコアが低いほど、人々は異なる考えやアイデアを受け入れる傾向があります。社会は規制が少なく、曖昧さに慣れ、より自由な環境になる傾向があります。また、この指数のスコアが低い場合、その国の人々は起業家精神が旺盛で、リスクを取ることが多くなります。

ジャマイカやシンガポールなどこの指数のスコアの低い国では、より思慮深く、寛容で、相対主義的であることが多く、不確実性は人生の一部として受け入れられ、人々は未知の状況に直面すると一般的によりリラックスし、柔軟になります。

一方、不確実性コントロール指数が高い文化では、安定性、ルール、社会的規範を好み、リスクを取ることに抵抗があります
(*男性と女性が特定の構造化された活動を行うことに、どの程度抵抗があるかも関連しています)。

このような高い社会は、厳格な行動規範やガイドライン、法律を採用しており、絶対的な真実、つまり唯一の真実がすべてを決定し、それが何であるかを人々は知っているという信念に基づいています。

日本、ギリシャ、ロシアなどスコアが高い国は、リスクや非構造的な状況、通常とは異なる状況を避けようとします。これらの国は、より感情的で、しばしば厳格な法律で安全保障を強化し、哲学的、宗教的なレベルでは絶対的真実を信じている傾向があります。

地理的に近接しているにもかかわらず、
スウェーデン(29)やデンマーク(23)に比べて、ドイツは高いスコア(65)、ベルギーはさらに高いスコア(94)を示しています。しかし、スコアが非常に低い国もいくつかあります。

長期志向指標(vs 短期志向指標)

この次元は文化において、何らかの活動に関連して長期的または短期的な人生の方向性が重要視されることを指します
長期志向と短期志向という概念は、文化による時間の捉え方の違いや、過去・現在・未来の重要性を表していることに留意する必要があります。

この指標のスコアが低い(短期)と、伝統が尊重され、維持され、揺るがないことが評価されることを示しています。(←驚いたかもしれませんが逆ではありません。長期未来社会では、現在の伝統の維持に必ずしもこだわらず、新しい伝統を創造していくのです)

また短期的な志向は、現在または過去に焦点を当て、将来よりもそれらを重要視します。短期的志向は、伝統、現在の社会的ヒエラルキー、社会的義務の遂行に価値を置き、長期的な満足よりも即時的な満足を重視します。

このような志向を持つ文化は、「面目」を保つことや社会的義務を果たすことなど、短期的な問題に努力や信念を集中させます。
また、より伝統的で、より社会的義務に関心があり、より外交的で機転が利く(例えば、言語での露骨な表現を避け、より率直に話す)という特徴が社会にあります。

このような社会は、伝統を重んじながらも、消費や短期的な利益を奨励します。アメリカ、イギリス、スペインなどの短期的な文化を持つ国では、メンバーの地位はそれほど重要ではなく、人間関係はそこから利益が得られる場合にのみ重要となります。

一方、この指標のスコアが高い社会(長期)では、状況に応じた適応と現実的な問題解決が求められます。
長期志向は、将来の報酬を重視した美点に焦点を当てます。将来に備えて、短期的な社会的成功や短期的な感情的満足を遅らせることも厭わないことがあります。このような文化的視点を持っていれば、粘り強さ、忍耐力、倹約力、回復力などに価値を見出すことができます。

長期志向は、貯蓄と忍耐力に富む社会を対象としており、社会の構成員は異なる階級を持ち、高齢者は尊重されなければならず、中国、韓国、日本などの東アジア諸国は長期志向の民族文化を持つ傾向がある。長期志向とは、質素倹約や忍耐、社会人としてのランクの違い、年長者への敬意などの傾向を指します。

短期的志向を持つ貧しい国は、通常、経済的発展がほとんどないのに対し、長期的志向を持つ国は、繁栄のレベルまで発展し続けています。

長期志向のスコアが高いのは一般的に東アジアで、韓国は最高の100点、台湾は93点、日本は88点となっています。しかし、この次元に関するデータはあまりありません。

放縦(充足的、放任的、気まま)指標(vs 抑制)

楽観的で肯定的な文化(放任をよしとする文化)や、悲観的で悲観的な文化(抑制的な文化)など、その文化の人生観を表します。
(社会規範が市民の人間的欲求を満たすために与える自由の度合い)

寛大な文化(充足的)では、人々はリラックスした生活を送り、一生懸命働くことも大切だが、人生を楽しむことも大切だと考えています。
逆に、制限の多い文化(抑制的)では、人生をリラックスして楽しむことは自制心が欠如していると見なされ、人生で楽しいことはよく考えられないと考えられます。

*この場合、充足的とは、「人生を楽しみたいという人間の基本的で自然な欲求を、人々が比較的自由に満たすことができる社会」と定義されています。
これに対して、抑制的とは「厳しい社会規範によって欲求の満足を制御し、それを規制する社会」と定義されています。

オーストラリアのような国は強く充足的であり、ロシアや中国のような国は抑制的です。

また、ラテンアメリカ、アフリカの一部、イギリス、北欧では「充足的(放任)」のスコアが最も高く「抑制的(抑制)」は東アジアと東欧で多く見られます。

この記事を読んだ感想を以下のボタン↓からSNS上にシェアしてフォロワーに知らせてみよう!

↓自分や他者の性格タイプを知ってみたい方はこちら↓

16タイプ分類性格診断テスト

ホフステード博士の文化的次元理論をより詳しく知りたい方におすすめ↓

この記事を書いた人
ナル心理学

ナル心理学では、16タイプ分類性格診断テスト(≒MBTI診断)を中心に解説!

ナル心理学をフォローする
この記事を読んだあなたの感想をSNSでシェアしてみましょう!
スポンサーリンク
ナルメカ(ナルキンのそうなるメカニズム) -NaruMECHANISM-

コメント

タイトルとURLをコピーしました