アンチエイジング

食物繊維とは? 知らないと損をする食物繊維の効果

アンチエイジング

食物繊維とは、炭水化物の一種で、人の消化酵素で消化することができません。消化されないため、エネルギー源にはなりません。しかし、その後の研究により健康面で大切な栄養素であることが判明し、第6の栄養素とも呼ばれています。

この記事では、食物繊維とは何か? また、食物繊維の知られざる健康面での効果を解説します。

スポンサーリンク

食物繊維の種類

食物繊維を大きく分けると、水に溶けるタイプ(水溶性食物繊維)水に溶けないタイプ(不溶性食物繊維)があります。

nichie『水溶性食物繊維
難消化性デキストリン
』 より引用及び筆写改変

不溶性食物繊維の特性

水分を吸収して大きく膨らみ、便の量を増やします。それにより、腸を刺激してぜん動運動を活発にし、便の排泄を促進します。ただし、摂りすぎると便が硬くなり過ぎてかえって便秘が酷くなることもあります。

水溶性食物繊維の特性

水に溶けるとネバネバし、胃腸内をゆっくり移動するので、お腹が空きにくくなります。さらに、糖質の吸収をゆるやかにして、食後血糖値の急激な上昇を抑えます。

さらに細かく分類すると、以下のようになります。食物繊維には様々な種類があるのです。

Pure Medical attitude健康寿命につながる栄養素 §6 消化されない食物繊維』 より引用
スポンサーリンク

食物繊維の働き

食物繊維の有名な効果としては、便秘促進があります。他にも、糖尿予防や大腸ガンの予防など、様々な効果があります。

食物繊維が不足することで便秘になる理由については、こちらの記事↓を参考にしてください。

このブログを広げるために1クリックお願いします

この記事を書いた人
ナル心理学

ナル心理学では、16タイプ分類性格診断テスト(≒MBTI診断)を中心に解説しています。

心理学を学びたい!自分や他人の性格を知ってみたい!という方は是非ご覧ください‼︎

ツイッターでは、役立つ心理学やMBTIに関することを呟いているので、ぜひこちらもフォローしてくださいね^ ^

ナル心理学をフォローする
スポンサーリンク
ナルメカ(ナルキンのそうなるメカニズム) -NaruMECHANISM-

コメント

タイトルとURLをコピーしました