コロナウイルス

新型コロナウイルスのワクチン、mRNAワクチンを研究者が勧めない理由

日本で現在使用されているファイザー社製ワクチンは、メッセンジャーRNA(mRNA)ワクチンです。各研究者の意見をご紹介します。

スポンサーリンク

生物系研究者

mRNAワクチンについて、まず医師かつ生物系研究者のトスターダさんの意見をご紹介します。

上記の一連のツイートから引用します↓

mRNA ワクチンは、バイオ系としてはtransfection 技術に含まれます。 ノックダウンやRNAタイプのCrispr Cas9 も同じです。 Transfection 一般論として、「細胞内に外からRNA を導入により、細胞を別の機能の細胞に変化する事は勿論、遺伝子を編集し、癌を引き起こす事ができます。」

したがって、「RNA は体内で非常に短い寿命だし、壊されるから安心」というのには、全く同意できません。 誤解して欲しくないのは、mRNA ワクチンとtransfection 全般を同一視して危険とも言ってません。 大事なのは、mRNA ワクチンのRNA, protein が、ノックダウンやCrispr Cas9 より安全か?です。

医学的な安全性は充分示されているので、生物系として、「mRNA ワクチンが何も影響しない。」 というエビデンスが必要になります。私が、そう納得するには、以下の実験結果が必要だと思います。 専門外なので、もし知っている方がいらっしゃれば、文献を教えてください。

•spike protein 過剰発現マウスのphenotype解析 ・RNAseqによる、mRNA と、メチレーションの網羅的な解析 ・mRNA のオフターゲットとなりうる配列の解析 などが、私が納得する為に必要です。 しかし、私の不勉強か、現状知りません。従って、何も影響しないとは確証が得られず、「嫌」と思います。

スポンサーリンク

mRNAワクチンの開発者

次に、mRNAワクチンの開発者であるマイケル・イードン博士(元ファイザー副社長)の意見をご紹介します↓

日本の医師

日本の医師の方の意見もご紹介します↓

こちらの記事もご参考ください

ウイルス学者が語るコロナワクチンへ危惧

この記事を読んだ感想を以下のボタン↓からSNS上にシェアしてフォロワーに知らせてみよう!

↓以下の診断もおすすめ↓

あなたのコロナ心理耐性チェック診断

コロナ心理耐性チェック

このブログを広げるために1クリックお願いします

関連トピック

コロナウイルスの症状や感染情報

コロナウイルスの予防情報や有益リンク集など

このブログを広げるために1クリックお願いします

この記事を書いた人
ナル心理学

ナル心理学では、16タイプ分類性格診断テスト(≒MBTI診断)を中心に解説!

ナル心理学をフォローする
この記事を読んだあなたの感想をSNSでシェアしてみましょう!
スポンサーリンク
ナルメカ(ナルキンのそうなるメカニズム) -NaruMECHANISM-

コメント

タイトルとURLをコピーしました