コロナウイルス

コロナウイルスの症状

コロナウイルス

コロナウイルスは 世界中で数十万人が感染しており、既に7万人近くの命を奪いました。

コロナウイルスは肺に感染します。主な症状は発熱と空せきの2つで、ときに呼吸障害をひきおこすことがあります。

スポンサーリンク

コロナウイルスの症状

気をつけなければならない咳は、新しく表れた継続的な咳です。一時間以上咳がひどいとか、24時間に三回以上咳が出るということです。(*普段から咳が出ている場合は、いつもよりひどくなることがあります。)。

体温が37.8度を超えると熱が出て、体が温まったり、冷えたり、震えたりします。

症状が出るまでには平均で5日かかりますが、それよりかなり遅くなる人もいます。世界保健機関(WHO)によると、潜伏期間は最長14日間です。

咽頭痛、頭痛、下痢も一部の症例で報告されており、嗅覚と味覚の消失も症状である可能性がある。しかし、これらの症状はこのコロナウイルスに特有のものではありません。

注意すべきなのは、依然として症状の全範囲についてわかっていないことがたくさんあるということです。

ただ、幸いなことに、コロナウイルス感染者の大半は、ベッドで安静にし、痛みを和らげた後に回復します。入院治療が必要な主な理由は、呼吸困難です。

世界各国で、医師は肺の検査を行って肺の損傷の程度を調べ、必要に応じて酸素投与や換気などの補助を行っています。

厚生労働省ではコロナ感染予防として、家庭内でご注意いただきたいこと ~8つのポイント~ 」をまとめているので、ぜひ参考にしてください。

もし、体調が悪くなってしまってコロナウイスルの感染かどうか心配なったら、以下のリンクを参考にしてみてください

スポンサーリンク

帰国者・接触者相談センター

厚生労働省では、以下の(1)(2)を目安に「帰国者・接触者相談センター」に相談することを推奨しています。

(1)風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。
 (解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)
(2)強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。
※ 高齢者や基礎疾患等のある方は、風邪の症状や37.5℃以上の発熱が2日程度続く場合、又は強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある場合

また、厚生労働省のコロナウイルス等の最新の情報は以下のSNSで見ることができます。

この記事を読んだ感想を以下のボタン↓からSNS上にシェアしてフォロワーに知らせてみよう!

このブログを広げるために1クリックお願いします

関連トピック

コロナウイルスの症状や感染情報

コロナウイルスの予防情報や有益リンク集など

このブログを広げるために1クリックお願いします

この記事を書いた人
ナル心理学

ナル心理学では、16タイプ分類性格診断テスト(≒MBTI診断)を中心に解説しています。

心理学を学びたい!自分や他人の性格を知ってみたい!という方は是非ご覧ください‼︎

ツイッターでは、役立つ心理学やMBTIに関することを呟いているので、ぜひこちらもフォローしてくださいね^ ^

ナル心理学をフォローする
スポンサーリンク
ナルメカ(ナルキンのそうなるメカニズム) -NaruMECHANISM-

コメント

タイトルとURLをコピーしました