エニアグラム

タイプ2(人を助ける人) – エニアグラム

タイプ2 (人を助ける人)- エニアグラムエニアグラム

エニアグラム診断結果は…
タイプ2!

エニアグラム性格診断のタイプ2について解説します。

まず、「エニアグラム」とは人を9つの性格タイプに分ける性格診断です。
エニアグラムは、人が世界をどのように解釈し、感情をどのように処理するかのパターンを記述した性格タイプのシステムです。エニアグラムでは、9つの性格タイプを説明し、それぞれのタイプを9つのポイントを持つ図にマッピングすることで、タイプ同士の関係性を説明しています。

エニアグラム タイプ1〜9の特徴と解説❗️ より引用

まだエニアグラム性格診断を受けてない方はこちら↓

エニアグラム 性格診断

エニアグラム性格診断

スポンサーリンク

タイプ2の簡単な解説

タイプ2は・・・
思いやりがある、世話好きなタイプ
思慮深く、心が温かく、寛容で誠実です。

  • 欲求:「奉仕・人助けの追求」
  • とらわれ:「人を助けなければ、誰も私を愛してくれない」

簡単な説明
エニアグラムのタイプ2は、人に属したい、人から愛されたいという願望を持っています。感情移入しやすく、誠実で、とても心が温かい人です。他の人から助けを求められて断ることはほとんどありません。

ストレスが溜まると、不健全のタイプ8のように急に攻撃的で支配的になることもあります。

しかし、統合(成長)の方向に進むと、健全のタイプ4のように、より自分を大事にし、自分の感情を意識するようになります。このタイプは成熟すると、無欲で利他的、他人に対して無条件の愛を持ちます。

スポンサーリンク

タイプ2の詳細

タイプ2は、高い共感性と思いやりを持ち、自分のニーズよりも相手のニーズを優先する人です。直感的な能力を持ち、相手の感情的なギャップを予測してサポートすることができます。人のために気前よく行動することで、自分の生き方が最も豊かで意味のあるものだと感じることができます。自分ができることに大きな喜びを感じ、励ましたり、泣いたりする肩代わりをしてくれます。困難な状況にあっても、仲間や友人を大切にすることができます。これは、人から認められたいという欲求が動機となっています。

タイプ2が健康でバランスのとれた状態であれば、本当に愛情深く、親切で、寛大で、思いやりがあります。その心の輝きで人を温めます。感謝と配慮で周囲を活気づけ、それまで気づかなかった自分の良さに気づかせてくれます。誰もが望む「良い親」を体現しているのです。
成熟したタイプ2はありのままの自分を見てくれて、絶大な思いやりで理解してくれて、無限の忍耐力で助けてくれて、励ましてくれて、いつでも手を差し伸べてくれて、しかも手放す方法とタイミングを正確に知っている人なのです。このタイプは、私たちの心を開いてくれます。

しかし、タイプ2の内面の発達は、プライド、自己欺瞞、他人の人生に過度に関与する傾向、自分の感情的なニーズを満たすために他人を操作する傾向など、「暗い面」によって制限されることがあります。変革のためには、自分の中の暗い部分に踏み込む必要がありますが、苦痛を伴うかもしれません。

タイプ2、タイプ3タイプ4はいずれも、自分自身に価値がないことを恐れています。そのため、他人からの愛や受け入れを得るために、何か特別な存在になったり、何か特別なことをしたりしなければらない、と感じています。
タイプ2は、子供のころ基本的な感情的欲求が満たされていないと感じる環境で育つことが多いそうです。そのため、早い段階で他人の期待に合わせる方法を学び、他人を手助けするために自分の欲求を抑えるすべを身につけます。
精神的に健康的なタイプ2は、非常に寛大で利己的であり、自分のためにどんな見返りも求めていないというイメージを装いますが、実際には、尽くした相手に対して過度な期待と無自覚な感情的欲求を抱いていることがあります。

平均的~不健全なタイプ2は、他人のために自分を犠牲にして自分の価値を認めてもらおうとします。愛されたければ、常に他人を第一に考え、愛情深く、無欲でなければならないと信じています。問題は、「他人を第一に考える」ことで、タイプ2は密かに怒りや憤りを感じ、懸命に自信を抑圧したり否定したりすることです。それにもかかわらず、最終的には様々な形で噴出し、結果として人間関係をこじらせたり、破壊することにも繋がります。

誇りとプライド

タイプ2のあなたは、この表現が不適切だと思いますか? 意外性を感じますか?
実は、いつも人を助ける楽しさを表現しているあなたは、熱心に人を助けて自分を肯定し、友達に自分を認め、感謝してもらいたいと考えています。 だから、友人が助けを求めてきたときには、嬉しくて、誇りに思い、光栄に思っています。なぜなら、その過程で自分が肯定され満足しているからです。

独占欲と支配欲

人を助けることで多くの満足感を得られるため、それを続けたいと思うのは当たり前のことです。 しかし、「投資」する時間と労力が多ければ多いほど、返ってきてほしいものも多くなります。 友達に「くっついて」ほしい、いや「くっついて」、なんでも話してほしい、共有してほしいと思っているのではないでしょうか。 これはあなたの内なる独占欲を反映したもので、もし友人がこのように接してくれなければ、あなたは失望し、自分を裏切ったと感じるでしょう。 あるいは、相手をコントロールするためにプレッシャーをかけることもあります。 確かにすべてのタイプ2に当てはまるわけではありませんが、気分が乗らないときには、こうした傾向が出てきてしまいます。 自分の感情的な反応を意識することで、それをコントロールし、改善することができます。

対人関係

人を助けるのが大好きで、自発的で寛大です。 他人のニーズには敏感ですが、自分のニーズはおろそかになりがちです。 自分のニーズを満たすことよりも、他人のニーズを満たすことの方が重要であるため、自分から助けを求めることはほとんどありません。 このように、あなたは強い自我を持たず、しばしば他人があなたを肯定するのを手助けしなければなりません。

主な性格的特徴

  • 親しみやすく、優しさにあふれている
  • 愛や良好な人間関係を求める
  • 温かい笑顔と目
  • 人に必要とされたい
  • ボランティア精神に溢れる
  • 優れたチームプレーヤー
  • 人に合わせたい
  • 思いやりと優しさ
  • 育成的で忍耐強い
  • 自分をないがしろにしがち

価値観

  • 愛する人に認められ、他人と感情的に親密になることが重要。
  • 利他的で、他人を向上させるために自分の時間とエネルギーを惜しみなく提供します。
  • 愛する人と充実した時間を過ごすという共通の体験は、タイプ2にとって世界で最も素晴らしい感情の一つです。
  • 優しさと献身性によって、決断の指針が定まります。誰かの生活や気分を向上させることは、自分自身を助けるよりも計り知れないほど素晴らしいことです。

タイプ2を構成する要素

基本的な恐怖: 自分は必要とされていない、愛される価値がない。
自分が一人でいることや愛されていないことを恐れており、他人の世話をしたり、自分が他人の生活の中心になることで、この恐怖に対処します。

基本的欲求:愛されている・必要とされていると感じたい。

主な動機:愛されたい、他人のために自分の感情を表現したい、必要とされたい、評価されたい、他人に反応してもらいたい。
自分が愛されていることや感謝されていることを感じたいと思っており、そのために他者への愛を言葉や行動で表現しようとします。

成長のヒント

  • 誰かを助けるときには、自分の動機を意識するようにしましょう。人のために良いことをするのは確かに立派なことですが、相手が自分に感謝してくれたり、何か良いことをしてくれるのではないかと期待してそうすると、自分が失望することになります。タイプ2は、自分の愛する人と無意識の共依存パターンに陥る危険性があり、それではあなたが本当に望むものをもたらしてくれることはほとんどないでしょう。
  • 人を助けることは素晴らしいですが、まず自分自身のニーズに応えましょう。そうでなければ、他の人のニーズに応えても、問題や根深い恨み、継続的な不満を解消することはできないでしょう。さらに、十分な休息をとり、自分自身を適切にケアしていないと、バランスのとれた形で人に対応することができません。人の世話をする前に自分が大丈夫かどうか確認するのは、決して利己的なことではありません。
  • あなたが人にしてあげたいことはたくさんありますが、まずは相手が本当に必要としているものは何かを聞いたほうがいいでしょう。あなたには、相手の気持ちやニーズを正確に読み取る才能がありますが、必ずしも相手があなたの思いどおりに解決してほしいと思っているわけではありません。自分の意志を伝え、「ノーサンキュー」と言われても受け入れる姿勢を持ちましょう。誰かがあなたの助けを必要としていないと判断しても、あなたを嫌っているわけでも、拒絶しているわけでもないことを忘れてはいけません。
  • 誰かを助けるときには、自分の動機を意識するようにしましょう。人のために良いことをするのは確かに立派なことですが、相手が自分に感謝してくれたり、何か良いことをしてくれるのではないかと期待してそうすると、自分が失望することになります。タイプ2は、自分の愛する人と無意識の共依存パターンに陥る危険性があり、それではあなたが本当に望むものをもたらしてくれることはほとんどないでしょう。
  • 人を助けることは素晴らしいですが、まず自分自身のニーズに応えましょう。そうでなければ、他の人のニーズに応えても、問題や根深い恨み、継続的な不満を解消することはできないでしょう。さらに、十分な休息をとり、自分自身を適切にケアしていないと、バランスのとれた形で人に対応することができません。人の世話をする前に自分が大丈夫かどうか確認するのは、決して利己的なことではありません。
  • あなたが人にしてあげたいことはたくさんありますが、まずは相手が本当に必要としているものは何かを聞いたほうがいいでしょう。あなたには、相手の気持ちやニーズを正確に読み取る才能がありますが、必ずしも相手があなたの思いどおりに解決してほしいと思っているわけではありません。自分の意志を伝え、「ノーサンキュー」と言われても受け入れる姿勢を持ちましょう。誰かがあなたの助けを必要としていないと判断しても、あなたを嫌っているわけでも、拒絶しているわけでもないことを忘れてはいけません。

エニアグラムにおける「段階」

*この章は、「段階(エニアグラム)」より引用したものです。

3つの段階

健全〈段階1~段階3〉

  • 囚われ・根源的な恐れ・欲求からくる問題が解消されている状態
  • この状態だと、自由解放感を感じられる

通常〈段階4~段階6〉

  • いわゆる「普通」の状態
  • 私たちの大半はこの状態にいる

不健全〈段階7~段階9〉

  • 自由が制限されて、心身共に苦しい状態
  • いわゆる、「病んでいる」
  • 段階9はもはや末期である
  • 不健全になるとさらに下に落ちるか、助けを呼ぶしか方法はない

タイプ2の段階

クリックで表示↓

健全


段階1「公平無私の愛他主義者」
  • この段階のタイプ2は見返りを求めず、自然と人のために何かをしてあげたくなるようになる
  • 「相手が喜んでくれれば幸せ」の状態から「相手の反応がどうだろうと何かをしてあげることに意義があるんだ」と思えるようになってくるようになる
  • この繰り返しで、自分のことをもっと好きになれるようになる
  • 感謝の言葉そのものでなく、自分が何かを与えることにより目の前の人が幸せそうに笑っている姿をみて「私がいちばん欲しいものはこれだったんだ」と気づくことになるのがこの段階のタイプ2である
  • タイプ2がストレスから解放されて最も幸せを感じられる瞬間でもある
段階2「面倒を見る人」
  • 人の幸せを自分の幸せと思える状態である
  • 共感力に優れており、相手の感情を自分の感情のように思えてくる状態でもある
  • あらゆることを肯定的に解釈でき、心の中で他人を非難しなくなる
  • また、生理的に受け入れられない人や心の中では避けたいと思っている人に対しても寛容になれるようになる
段階3「人を育てる助力者」
  • 良きサポーター
  • 他人のために行動ができるようになる
  • 他人が求めていることが本当にわかるようになり、独りよがりな部分がなくなっていくようになる
  • 結果、「●●をしてあげたよね」といった態度が薄れて、色々な人と喜びを共有できるようになっていく
  • 「必要とされたい」という感情よりも、「何をしてあげたらよいか?」と客観的に考えることができるようになるのがこの段階である

通常


段階4「大仰な友人」
  • いい人に見えるのだが、実際そこまでいい人ではない
  • 他人に何かをしてあげたと同時に、「●●をしてあげたよね」というプレッシャーも与える
  • タイプ2が「この人、重たい」と思えたら、この段階4の状態になっているであろう
  • 期待していた感謝が得られず、もっと自分に関心を向けてもらおうとした結果人が離れていく
  • 人が離れていくと親しい友人や知人と接して、同じように過剰な恩を売りつけるということを繰り返していくようになる
  • 相手から感謝の言葉を通して関心を受け取ろうとするが、それがあからさまに態度に出てしまう
  • その不安とともに態度が高圧的になり、事態はますます悪い方向に進む
段階5「所有欲の強い『親友』」
  • 独占欲が強くなっている状態
  • 「自分だけに関心を向けてもらいたい」一心で策を講じる
  • 「必要とされたい」「色々な人から見てもらいたい」と思うあまり、自分をコントロールできなくなっている状態でもある
  • イライラしていて、そのストレスを買い物などで発散することもある
  • 「なぜ買い物なのか?」・・・その商品を買った先にある誰かの笑顔を想像してしまうからである
  • 何としてでも、他者の関心を自分に向けさせたい気持ちが暴走してしまうことになる
段階6「尊大ぶった『聖人』」
  • 「よいことをした!」「私は必要とされている」「すごく頑張っているんだよ」と自己犠牲を訴えている状態
  • 他の人からみたら「自己満足」のように見えるが、それだけ追い詰められている
  • 段階5は買い物に走るが、段階6だと爆買いに近い
  • 目的や焦点が定まっておらず、その時の様子はタイプ7に近いものを感じさせるようになる
  • 違いとして、タイプ7は自然体に楽しんでいるがタイプ2は何かに取りつかれている

不健全


段階7「自己欺瞞の操り手」
  • どんなことをしても、相手を動かそう・相手を操作しようとたくらんでいる状態
  • 相手よりも優位な立場に立ち、「あなたは私がいないとダメなんだよ」とまで直接言い放つようになる
  • この状態になると人から注意のひとつでも受けるのだが、自己弁護をするようになる
  • 「私は悪くない!だって・・・」と言い訳がたくさん出てきて、逆に事態を悪化させる
  • 壊れそうな自尊心を守ろうとして、他者と結びつくことに執着するようになる
  • 性的な衝動に走ることも多くなってくる
段階8「高圧的な支配者」
  • 無理やり他者から愛情を要求している状態
  • 理不尽なことをたくさん口にしたがる
  • 時には、何らかの策略をかけて相手を落としてでも自分に目を向けさせようと負の努力を惜しまなくなる
  • いわゆる、マッチポンプ的な行動にもでることがある
  • 自分に関心を向けない全てを憎むばかりか、力のないものに対してより間接的な圧力や直接的な攻撃をするようになってしまう
  • この段階のタイプ2はヒステリックで何をするかわからない状態
段階9「心身症の犠牲者」
  • この状態になると「完全に廃人になっている」か、「精神が崩壊している」
  • 救いの手を差し伸べられても、そのことにすら気づかないほどダウンしている

タイプ2が16タイプ性格診断を受けると・・・

タイプ1の人が、16タイプ性格診断を受けるとESFJ(社交家タイプ)ENFJ(協力者タイプ)に当てはまることが多いようです。このタイプの共通点は、人のために頑張れる・情に厚い・フレンドリーなどです。

↓自分の性格タイプを知ってみたい方はこちら↓

16タイプ分類性格診断テスト

関連記事↓

他のタイプを見たい方はこちらをクリック!↑

このブログを広げるために1クリックお願いします

この記事を書いた人
ナル心理学

ナル心理学では、16タイプ分類性格診断テスト(≒MBTI診断)を中心に解説!

ナル心理学をフォローする
この記事を読んだあなたの感想をSNSでシェアしてみましょう!
スポンサーリンク
ナルメカ(ナルキンのそうなるメカニズム) -NaruMECHANISM-

コメント

タイトルとURLをコピーしました