エニアグラム

タイプ4(個性的な人) – エニアグラム

タイプ4 (個性的な人)- エニアグラムエニアグラム

エニアグラム診断結果は…
タイプ4!

以下があなたの診断結果の詳細です↓

エニアグラム診断結果
ナル心理学/@narushinrigaku

診断結果をSNSでシェアしてフォロワーに知らせてみましょう!
↓↓↓

エニアグラム性格診断のタイプ4について解説します。

まず、「エニアグラム」とは人を9つの性格タイプに分ける性格診断です。
エニアグラムは、人が世界をどのように解釈し、感情をどのように処理するかのパターンを記述した性格タイプのシステムです。エニアグラムでは、9つの性格タイプを説明し、それぞれのタイプを9つのポイントを持つ図にマッピングすることで、タイプ同士の関係性を説明しています。

エニアグラム タイプ1〜9の特徴と解説❗️ より引用

まだエニアグラム性格診断を受けてない方はこちら↓

エニアグラム 性格診断

エニアグラム性格診断

スポンサーリンク

タイプ4の簡単な解説

タイプ4は・・・
繊細で個性を大切にするタイプ。
表現力が豊かで、ドラマチックで、自己中心的で、気まぐれ。

簡単な説明
エニアグラムのタイプ4は、自意識が高く、繊細で、控えめな性格です。非常に創造的で思いやりがあり自己認識力がありますが、一方で気分屋で自意識過剰なところがあります。他の人とは違う特別な存在であるという意識を持っています。

人とのつながりを大切にしたいと思う一方で、自分があまりにも変わっているために、ありのままの自分を見てくれる人がほとんどいないと感じるという、深い葛藤を抱えています。

自分には欠陥があり、他の人が手に入れることのできる幸福の基本的な側面を見落としているのではないかと恐れています。この恐怖に対処するために、彼らは自分自身の異なる点や特別な点を強調し、自分が本当に評価されるニッチな場所を探します。

スポンサーリンク

タイプ4の詳細

エニアグラムのタイプ4は、自分の心の奥底にある本当の姿を発見し、理解しようとする絶え間ない意欲を持っています。消費ではなく、創造が彼らの幸福の鍵です。

自分が他の人とは根本的に違うと考えることで、自分のアイデンティティを維持しています。しかし、自分は他の人間とは違うので、誰も自分を理解してくれないし、十分に愛してくれないとも感じています。自分には特別な才能があり、他にはない特別な才能を持っていると考えることが多いですが、同時に、自分には特別な不利益や欠陥があるとも考えます。他のどのタイプよりも、タイプ4は自分の個人的な違いや欠点を鋭く認識し、それに焦点を当てています。

精神的に健全な4人は自分自身に正直で、自分の感情をすべて所有し、自分の動機や矛盾、感情的な葛藤を否定したりせずに見つめることができます。自分が発見したことを必ずしも気に入らないかもしれませんが、自分の状態を合理化しようとしたり、自分や他人から隠そうとしたりしません。自分自身の “悪いところ “を見ることを恐れません。

タイプ2タイプ3と同様に、タイプ4の中核となる感情は「悲しみ」です。タイプ2・3・4ともにありのままの自分では愛されないという気持ちに悩んでいます。しかし、タイプ4は自分の暗い性質に精通しているため、他のタイプでは圧倒されてしまうような痛みを伴う体験でも、容易に処理することができるのです。悲しみは、このタイプにとってアイデンティティのようなものになります。

それにもかかわらず、このタイプはしばしば自分の中に何かが足りないと感じていますが、その「何か」が何であるかを正確に特定するのは難しいかもしれません。それは意志の強さでしょうか? 社交性? 自分に自信を持つこと? 感情的な静けさ?
これらはすべて、他の人にはたくさんあるように見えるものです。時間と十分な視野があれば、自分の自己イメージ、つまり自分の個性や自我構造そのものに自信がないことを認識することができます。自分には明確で安定したアイデンティティがないと感じています。

タイプ4は他人との違いを感じることが多いのは事実ですが、本当は一人になりたいわけではありません。社会的には不器用で自意識過剰だと感じているかもしれませんが、自分や自分の気持ちを理解してくれる人とのつながりを強く望んでいます。自分が密かに育んできた秘密の自分を評価してくれる人が現れることを待ち望んでいます。
時間が経ってもそのような評価が得られない場合、4人は自分がいかに他の人と違うかということを中心に自分のアイデンティティを構築し始めます。

タイプ4は典型的に、否定的な自己イメージと慢性的に低い自尊心の問題を抱えています。主に想像の中で構築された「理想の自己像」を育てることで、これを補おうとします。あるタイプ4の人は、暇さえあればクラシック音楽を聴き、偉大なコンサート・ピアニストになることを夢見ていたそうです。しかし残念ながら、彼の練習熱心さはその空想には遠く及ばず、人に演奏を頼まれても恥ずかしい思いをすることが多かったようです。

自分が本当は何者なのかわからないと感じています。問題は、自分のアイデンティティが主に自分の感情に基づいていることです。自分の内側を見ると、万華鏡のように常に変化し続ける感情的な反応のパターンを目にします。自己の内面(意識と無意識の部分)を探求し続けることで、他人の期待に左右されることなく、オリジナルの作品を生み出します。
確かに、このタイプは人間の本質がダイナミックで常に変化しているという真実を正確に認識しています。しかし、自分の感情から安定した信頼できるアイデンティティを作り出そうとするあまり、特定の感情だけを育て、他の感情を拒絶しようとします。ある感情は “私 “であり、別の感情は “私ではない”と切り離し否定します。

タイプ4が直面する最大の課題の1つは、過去の感情を手放すことを学ぶことです。自分を傷つけた人に対するネガティブな感情を持ち続ける傾向があります。実際、タイプ4は憧れや失望に固執するあまり、自分の人生にある多くの宝物に気づくことができません。このタイプの人が成長するのは、自分の頭の中から抜け出して、他の人からの真の愛と受け入れを経験することに前向きになるときです。

主な性格的特徴

  • 自己表現に情熱を注ぐ
  • 卓越した芸術性
  • 奇抜で愛らしい
  • 強いアイデンティティー意識
  • 虚無感を感じることがある
  • 内面と外面の特徴的な表現

価値観

  • 究極の目標は、世界が自分の完璧にユニークなアイデンティティを認識し、評価すること。
  • 他人との顕著な違いは常に一貫しているべきだと強く信じています。
  • 「本物であること」と「自己表現」が存在意義。
  • 「流行」に流されることを好まない。

タイプ4を構成する要素

基本的な恐怖: 自分にはアイデンティティや個人的な意義がないということ。

基本的欲求:自分自身と自分の存在意義を見つけたい(アイデンティティを作りたい)

主な動機:自分自身や個性を表現したい、特定の気分や感情を維持したい、自己イメージを守るために引きこもりたい。
自己表現をしたい、ユニークでありたいという願望が動機となっています。創造的な努力をしたり、自分の個性に欠けていると思われる部分を過剰に認識することで、これを実現します。

成長のヒント

  • 周りの人と自分が似ている点を考えてみましょう。タイプ4、自分が他の人とどう違うかに注目しがちです。そうではなく、人とのつながりを考えてみましょう。あなたにはどんな共通点がありますか? そうすることで、より深い関係を築くことができます。
  • 自分の気持ちにばかり気を取られてはいけません。自分の気持ちは、本当の意味であなたの支えにはなりません。このタイプが犯す最も重要な間違いの1つは、「自分と自分の感情を同一視してしまうことです」。自分を理解するためには、行動する前に自分の感情、特にネガティブな感情を理解しなければならないという思い込みを捨てましょう。自分の感情は、その瞬間の自分について何かを伝えているのであって、それ以上のものであるとは限らないことを常に覚えておきましょう。
  • 他の人の視点から自分を見てみましょう。自分の感情は、主観的なものであることを心に留めておくと良いでしょう。感情はあなたのすべてではなく、あなたの一部なのです。より客観的に自分を見るようにしてください。具体的には、自分のポジティブな特徴や具体的な実績に目を向けてください。
  • 自尊心や自信というものは、自分が信じているかどうかに関わらず、ポジティブな経験をすることでしか育ちません。タイプ4は、ネガティブなセルフトークをしがちです。ポジティブな考えに心を向けることで、より優しく、ポジティブな自己イメージと考え方を身につけることができます。物事を成し遂げるための自信や規律がないと感じているかもしれません。達成したいことが圧倒的に多いと感じる場合は、達成可能な小さなステップに分けましょう。
  • 健康的な自己管理を実践し、それを維持しましょう。健全な自己管理は、自分自身から生まれるものなので、自分の自由や個性に反するものではありません。一方、官能、過度の性体験、アルコール、薬物、睡眠、空想などは、ご存知のように、あなたを衰弱させる効果があります。
  • 空想の中での長い会話は避けましょう。特に、ネガティブであったり、恨みがましいものであったり、あるいは過度にロマンティックなものであったりする場合は注意が必要です。これらの会話は本質的に非現実的であり、せいぜい行動のリハーサルに過ぎません。しかし、ご存知のように、自分が想像した通りの言動をとることはほとんどありません。自分の人生や人間関係を想像することに時間を費やすのではなく、それを生きることから始めましょう。

タイプ4が16タイプ性格診断を受けると・・・

タイプ1の人が、16タイプ性格診断を受けるとISFP(芸術家タイプ)INFJ(共感者タイプ)INFP(心理学者タイプ)に当てはまることが多いようです。このタイプの共通点は、個性を大事にする・想像力がある・繊細などです。

↓自分の性格タイプを知ってみたい方はこちら↓

16タイプ分類性格診断テスト

関連記事↓

他のタイプを見たい方はこちらをクリック!↑

このブログを広げるために1クリックお願いします

この記事を書いた人
ナル心理学

ナル心理学では、16タイプ分類性格診断テスト(≒MBTI診断)を中心に解説!

ナル心理学をフォローする
この記事を読んだあなたの感想をSNSでシェアしてみましょう!
スポンサーリンク
ナルメカ(ナルキンのそうなるメカニズム) -NaruMECHANISM-

コメント

タイトルとURLをコピーしました