エニアグラム

タイプ8(挑戦する人) – エニアグラム

タイプ8 (挑戦する人)- エニアグラムエニアグラム

エニアグラム診断結果は…
タイプ8!

エニアグラム性格診断のタイプ8について解説します。

まず、「エニアグラム」とは人を9つの性格タイプに分ける性格診断です。
エニアグラムは、人が世界をどのように解釈し、感情をどのように処理するかのパターンを記述した性格タイプのシステムです。エニアグラムでは、9つの性格タイプを説明し、それぞれのタイプを9つのポイントを持つ図にマッピングすることで、タイプ同士の関係性を説明しています。

エニアグラム タイプ1〜9の特徴と解説❗️ より引用

まだエニアグラム性格診断を受けてない方はこちら↓

エニアグラム 性格診断

エニアグラム性格診断

スポンサーリンク

タイプ8の簡単な解説

タイプ8は・・・
パワフルで支配的なタイプ。
自信家、決断力がある、意志が強い、対立するタイプ

  • 欲求:「権力の追求」
  • とらわれ:「自分に力がなければ、誰からも愛されない」

簡単な説明
パワフルであることを望み、弱さを避けようとする傾向があります。自信に満ち溢れ、自己主張が強く、断固としたイメージを他人に示します。議論好きで威圧的なところがあります。自分が信じるもののために立ち上がり、自分よりも弱い人を守ることが重要です。

自信家で、強く、自己主張が強いところがあります。機知に富み、率直で断固とした態度をとりますが、自己中心的で支配的なところもあります。周囲の環境、特に人を支配しなければならないと感じ、時には対立して威圧的になることもあります。感情の起伏が激しく、自分の弱さを許すことに問題がある場合もあります。

崩壊の方向(ストレス)に向かっているとき、急に不健全なタイプ5のように秘密主義で恐がりになります。しかし、統合(成長)の方向に進むと、健全なタイプ2のように、よりオープンな心と思いやりを持つようになります。

スポンサーリンク

タイプ8の詳細

タイプ8は目標達成志向が強く自己有能なチャレンジャーで、あらゆる分野で果敢に挑戦し、自分の独立性と鋭い頭脳に大きな誇りを持っています。頭を高く上げ、つまずいてもすぐに立ち上がって、より強くなります。挑戦することを楽しみ、また、自分を超えることに挑戦する機会を他人に与えることを好むみます。カリスマ性があり、会社の設立、都市の再建、家庭の運営、戦争、平和など、あらゆる種類の活動において他人を説得する身体的・心理的能力を持っています。

巨大な意志力とバイタリティを持っており、これらの能力を世界で発揮しているときに最も生き生きとした気分になります。その豊かなエネルギーを使って環境に変化をもたらし、そこに「自分の足跡を残す」だけでなく、環境や、特に他の人々が自分や自分が大切にしている人々を傷つけないようにします。他者を強く擁護し、正義・抑圧との戦い、そして弱者の保護に関心があります。彼らは世界を「強い人」と「弱い人」で構成されていると考えており、自分は強いので、弱い人を守る責任があると感じています。そのためには、力強さ、意志、粘り強さ、忍耐力が必要であることを幼い頃から理解しており、自分自身を成長させ、他人に求める資質を持っています。

心理的、性的、社会的、経済的に関わらず、他人に支配されたり、他人が自分を支配する力を持つことを嫌がります(=基本的な恐怖)。社会のルールに反発します。他人の意見はタイプ8の立場に全く影響を与えません。有能で自立していることに誇りを持っているからです。行動の多くは、自分が持っている力をできるだけ長く維持し、高めていくことに関わっています。率先して厳しい決断を下すことに抵抗がありません。争いを恐れず、限界や境界線を気にしないこともあります。グループでのプロジェクトや会議でも主導権を握ることが多く、リーダーシップを発揮することに抵抗がありません。いずれにしても、「責任者」であること、そして自分の領域に自分の痕跡を残すことがタイプ8の特徴です。

タイプ8は、エニアグラムの真の「たくましい個人主義者」です。他のどのタイプよりも、単独で行動します。自立したいと考えており、誰かに恩を売ることに抵抗があります。子供の頃は、周りの人から「ボスっぽい」と言われていたかもしれません。タイプ8は争い・競争の多い環境で育ち、生き延びるためには人生の早い段階で強い個性を身につけなければならないと感じています。社会的な慣習に「屈する」ことをしばしば拒否し、恐怖、恥、自分の行動の結果に対する心配事を無視することができます。人からどう思われているかを意識しながらも、人の意見に左右されることはありません。畏敬の念を抱かせ、他人を威嚇するような確固たる決意を持って自分の仕事に取り組みます。

肉体的な危害をある程度恐れていますが、それよりもはるかに重要なのは、何らかの形で力を奪われたり支配されたりすることへの恐れです。非常にタフですが、自分の健康とスタミナを当然のものと考え、他人の健康と幸福も見過ごしてしまうことが多いです。しかし、感情的に傷つくことを非常に恐れており、自分の感情を守るために体力を使い、他人を感情的に安全な距離に置いてしまいます。強靭な外見の下には、意外にも感情的には弱い部分があります。

そのため、非常に勤勉であることが多いのですが、その代償として多くの人との心の交流を失ってしまいます。身近な人たちはこの状態に不満を募らせますが、タイプ8はそのことが理解できないことが多いようです。(家族が何に不満を持っているのかわからない。俺は一生懸命働いて家族を養っているのに、なんであいつらは俺に失望するんだ?どうして私に失望しているのだろう」といった具合です。)

このような場合、タイプ8は誤解されていると感じ、さらに距離を置いてしまうことがあります。実際には、堂々とした外見の下に、傷つき、拒絶されたことを感じていることが多いのですが、このことは、他の人にはもちろん、自分自身にも自分の弱さを認めることができないため、あまり口にすることはありません。自分が拒絶される(離婚される、屈辱を受ける、批判される、解雇される、何らかの危害を加えられる)ことを恐れるので、まず他人を拒絶することで自分を守ろうとします。その結果、人とつながる能力や愛する能力が欠如しがちになります。なぜなら、愛は相手に自分を支配する力を与え、「基本的恐怖」を再び呼び覚ますからです。

自分を守るためにエゴを構築すればするほど、自分の自尊心や権威、優位性に対する現実または想像上の侮辱に対して敏感になります。傷つけられたり、痛めつけられたりしないようにしようとすればするほど、感情的に「シャットダウン」して硬くなり、岩のようになってしまいます。

タイプ8は、タイプ1タイプ9とともに「本能タイプ」で、感情の中心は「怒り」です。タイプ1とタイプ9は怒りを抑えたり、無視したりしますが、タイプ8はしばしば衝動的に怒りを表現します。

しかし、感情的に健全な状態であれば、臨機応変で「やればできる」という態度と、安定したエネルギーを持っています。主導権を握り、人生への大きな情熱を持って物事を成し遂げます。高潔で権威があり、しっかりとした存在感のある自然なリーダーでもあります。地に足がついているので、豊富な「常識」と「決断力」を持っています。すべての人を満足させることはできないということを知っているので、タイプ8は “厳しい試練 “もいといません。しかし、可能な限り、自分に関係する人の利益を優先させたいと考えています。自分の才能と不屈の精神で、すべての人にとってより良い世界を構築します。

健康なタイプ8は、勇敢でカリスマ的なリーダーであり、自分自身や他人のために立ち上がることができます。健全でないタイプ8は、権力や権威を求めるあまり、人間関係を壊してしまうことがあります。自分の弱さに直面することを学ぶときに成長します。

積極的、挑戦的、反抗的

タイプ8は、通常リーダーとして権力の全権を持つと、他の人を指揮することができます。強い意欲を持っているため、時には攻撃的になってしまうこともありますが、それは自分自身のモチベーションの源泉でもあります。 勝ちたい、支配したいという気持ちはありますが、それを他人を傷つけることに使わないように気をつけなければなりません。また、あなたは困難や常識の限界に挑戦する傾向があります。つまり、「山に虎ありと知っていても、それを目指してしまう」のです。 だから、親にダメだと言われても聞かないし、先生に勉強しろと言われても知らんぷりをする可能性が高いでしょう。

対人関係

「豪快」「気取らない」「自尊心が強い」「強い」「正義や公正さにこだわる」といった特徴を持っています。 自分の目標を明確にして、前に進もうと努力しています。 自分がコントロールされることを嫌がり、ある程度の支配力を持っているため、リーダーとして人を引っ張っていく可能性があります。 アグレッシブな性格なので、人に対して少し攻撃的になってしまい、相手にプレッシャーを感じさせてしまうこともあります。

主な性格的特徴

  • 人に頼らない
  • 決断力がある
  • 頑固で強情
  • 強さを求める
  • 執念深い
  • 議論が好き
  • 意志で人生を動かす
  • 自立している
  • 自分が主導権を握りたい
  • 正義感がある
  • 大きなことをしたい
  • 獰猛で自信に満ちた表情
  • 燃えるような情熱とパワー
  • 環境をコントロールすることに熱心
  • 権力欲が強い
  • 命令するのが好き

価値観

  • グループから好かれることとは対照的に、尊敬を求めています。
  • 自分の強さ、正直さ、そして真実を誇りにしています。
  • 非常に強い正義感を持っています。忠誠心は価値観の中で大きな役割を果たしています。大切な仲間には、地獄であろうと高波であろうと、最後まで献身的に付き合います。
  • 愛する人が危険にさらされたとき、自信を持ってその人を守るために行動します。

タイプ8を構成する要素

基本的な恐怖:他人に傷つけられたり、支配されたりすること。
自分が弱く、無力であることを何よりも恐れており、常に強く、コントロールすることでこの恐怖に対処しています。

基本的欲求:自分を守りたい(自分の人生と運命をコントロールしたい)

主な動機:自立したい、自分の強さを証明したい、弱さに抵抗したい、自分の世界で重要な存在になりたい、環境を支配したい、自分の状況をコントロールしたい。
独立して自分をコントロールしたいという欲求に突き動かされます。弱さを見せたり感じたりすることに抵抗があり、自分を束縛するいかなる権威も拒絶します。

成長のヒント

  • 決断を下す前に、自分が何を考え、何を感じているかを確認しましょう。体質的にエイトは本能的に行動するタイプなので、衝動的に暴走したり、よく考えずに決断してしまうことがあります。衝動的に反応しそうになったら、行動を起こす前に自分の考えや感情を整理する時間を持ちましょう。
  • 感情的な弱さは弱点でなく強さであることを学びましょう。自分の生々しく傷つきやすい感情を弱さだと思っていますが、自分の個性のこうした側面に価値を見出すことを学ぶと、成長が起こります。傷つきやすいことで、タイプ8は他人とより深くつながり、最高の自分へと成長することができます。
  • たまには人に譲ることを覚えましょう。常に誰かを支配したいと思うのは、自分のエゴが肥大化し始めている証拠であり、他人との深刻な対立が避けられないという危険信号です。
  • 自分の限界を見つけてみましょう。知らず知らずのうちに自分の限界に挑戦しています。そのため、知らず知らずのうちに他の人にも限界を与えてしまうかもしれません。自分の精神的、感情的な状態にもっと注意を払い、必要に応じて休息と回復の時間を確保してください。
  • 力を過大評価しすぎないようにしましょう。富や地位、あるいは単純な力によって権力を持つことで、何でも思い通りにでき、自分が重要であると感じ、恐れられ、従われることができるのです。しかし、力に惹かれている人は自分自身を愛していませんし、あなたも彼らを愛したり尊敬したりしていません。蓄積したどんな力も、肉体的にも感情的にも、必然的に自分を犠牲にするという代償を払わなければなりません。
  • もっとオープンに人に愛を与え、人から愛を受ける努力をしましょう。他人を自分の味方か敵かのどちらかで見る傾向があります。そのため、しっかりとした本物の人間関係を築くことが難しくなります。もっと自由に愛を与えたり、受け取ったりするようにしましょう。すべてを獲得する必要はありません。本当に自分の味方になってくれる人を把握し、その人たちが自分にとってどれだけ大切かを伝えましょう。利用可能な愛情を受け入れましょう。そうすることで、あなたが弱くなるのではなく、あなた自身とあなたの人生における強さと支えを確認することができます。
  • 他の人に主導権を握らせてみましょう。圧倒的な存在感を持つタイプ8は、優れたリーダーです。しかし、一歩下がって誰かにリードしてもらう必要がある場合もあります。他の人に主導権を握らせるのが適切なタイミングを学ぶことが重要です。タイプ8が本当の力を発揮するのは、自分の意志を人に主張することができる場合でも、それを我慢するときです。本当の力は、人々を鼓舞し高揚させる能力にあります。また、危機に瀕したときに、自分が責任者となって皆を助けるとき、あなたは最高の力を発揮します。思いやりのあるあなたを利用する人はほとんどいないでしょうし、あなたの心の偉大さを示すことで、人の忠誠心や献身を確保することは、生身の力を誇示するよりもはるかに効果的でしょう。

エニアグラムにおける「段階」

*この章は、「段階(エニアグラム)」より引用したものです。

3つの段階

健全〈段階1~段階3〉

  • 囚われ・根源的な恐れ・欲求からくる問題が解消されている状態
  • この状態だと、自由解放感を感じられる

通常〈段階4~段階6〉

  • いわゆる「普通」の状態
  • 私たちの大半はこの状態にいる

不健全〈段階7~段階9〉

  • 自由が制限されて、心身共に苦しい状態
  • いわゆる、「病んでいる」
  • 段階9はもはや末期である
  • 不健全になるとさらに下に落ちるか、助けを呼ぶしか方法はない

タイプ8の段階

クリックで表示↓

健全

段階1「度量の広い人」
  • 「世の中敵だらけ」というある種のファイティングポーズを解き、リラックスした余裕のある対応を示す
  • パワーファイト以外にも「相手を赦す」という選択肢もしっかり選べるようになる
  • 自分を強く見せる必要性がなくなってくる
  • 英雄的な『憧れの人』になる
段階2「自信に満ちた人」
  • 精力的で行動志向
  • 自分の人生の舵は自分で取る
  • 圧倒的な威信とエネルギーで自信満々に行動していく強者
  • 人々にも尊敬されるようになってゆく
段階3「建設的な統率者」
  • ザ・チャレンジャー
  • 1.動き、達成すること、2.そして自分を慕ってくれる人を守り養う事、3.そしてその人たちが成長することを自らの拠り所にする
  • 冷静で建設的、現実的な判断力に剛毅さと決断力が加わり最強に見える
  • 出た案を実行することを何よりの楽しみにする

通常

段階4「進取的な冒険者」
  • 自らの望みに向けて、抜け目なく功利的に向かう
  • ビジネスライクな競争屋
  • 自分のシマを守るために奮闘するが、裏では密かに「それには力が足りないのではないか?」と思うようになり力に貪欲な姿勢が表面化し始める
段階5「支配的な権力の仲介者」
  • ちょっと怖くて仕切りたがりの支配者
  • 自己愛や自己賛美がやや鼻につくようになってくる
  • 「自分は重要人物なんだ!それを分かれ!」
  • 自らの計画・自分の指示なんかを最重要視し、それに従わせるために気前よく人と接する
  • 「裏では自分が尊重されないのでは」という恐怖が渦巻いており、それがより強固な姿勢を生み出す
段階6「対決的な敵対者」
  • 威圧的で対決姿勢が強固になる
  • 喧嘩腰で気難しく、敵対者は限界まで追い詰めないと気が済まない
  • 全ての場が優劣を決める場所に見えてきており、勇敢であると同時に高圧的で怒りっぽくなり、怒りと恫喝で強引に物事を思い通りに進めようとする

不健全

段階7「無情な無頓漢」
  • アウトローを自覚する無情な独裁者
  • 「人から裏切られた、背かれた」・・・そんな考えに支配され、極度の人間不信になる
  • 攻撃的な防衛本能むき出しで、執念深くバイオレンスに人を追い詰める
段階8「全能の誇大妄想者」
  • 報復行動を恐れるあまり、いよいよ被害妄想も爆発
  • 潜在的ライバルに対し「殺られる前に殺る」の精神で先制攻撃を食らわせ、無理や無茶を繰り返す
  • 「僕は死にませぇん!」的な誇大妄想にも憑りつかれており、好んで自他を危険に放り込もうとする
段階9「狂暴な破壊者」
  • 周りは敵、みんな敵、いつでも自分をぶっ潰せる
  • 「敗北の可能性があるならば、いっそ全部壊してしまえばいい」
  • ここまで落ちてしまえば、後は頼れるのは自分のみ
  • もはや逃げ場も失ったタイプ8は、自らの意に従わぬ者すべてに敵意・殺意を向け、目に映るものすべてを無情なまでに破壊しつくす
  • 場合によっては殺人すらも犯しかねない

タイプ8が16タイプ性格診断を受けると・・・

タイプ8の人が、16タイプ性格診断を受けるとENTJ(リーダータイプ)ESTP(冒険者タイプ)ESTJ(責任者タイプ)に当てはまることが多いようです。このタイプの共通点は、決断力がある・目標思考・支配欲があるなどです。

↓自分の性格タイプを知ってみたい方はこちら↓

16タイプ分類性格診断テスト

関連記事↓

他のタイプを見たい方はこちらをクリック!↑

このブログを広げるために1クリックお願いします

この記事を書いた人
ナル心理学

ナル心理学では、16タイプ分類性格診断テスト(≒MBTI診断)を中心に解説!

ナル心理学をフォローする
この記事を読んだあなたの感想をSNSでシェアしてみましょう!
スポンサーリンク
ナルメカ(ナルキンのそうなるメカニズム) -NaruMECHANISM-

コメント

タイトルとURLをコピーしました