エニアグラム

タイプ5(調べる人) – エニアグラム

タイプ5 (調べる人)- エニアグラムエニアグラム

エニアグラム診断結果は…
タイプ5!

以下があなたの診断結果の詳細です↓

エニアグラム診断結果
ナル心理学/@narushinrigaku

診断結果をSNSでシェアしてフォロワーに知らせてみましょう!
↓↓↓

エニアグラム性格診断のタイプ5について解説します。

まず、「エニアグラム」とは人を9つの性格タイプに分ける性格診断です。
エニアグラムは、人が世界をどのように解釈し、感情をどのように処理するかのパターンを記述した性格タイプのシステムです。エニアグラムでは、9つの性格タイプを説明し、それぞれのタイプを9つのポイントを持つ図にマッピングすることで、タイプ同士の関係性を説明しています。

エニアグラム タイプ1〜9の特徴と解説❗️ より引用

まだエニアグラム性格診断を受けてない方はこちら↓

エニアグラム 性格診断

エニアグラム性格診断

スポンサーリンク

タイプ5の簡単な解説

タイプ5は・・・
冷静な論理的なタイプ。
感受性が強く、革新的で、秘密主義で、孤立している。

簡単な説明
エニアグラムのタイプ5は、エネルギーを節約し、外界との関わりで消耗しないようにしたいという願望を持っています。可能な限り自給自足できるように、知識と能力を身につけることを重視します。

世界への理解を深め、知性を高めることに喜びを感じる一方で、肉体的、人間関係的な欲求は最小限に抑えます。

ストレスを抱えているとき、タイプ5は突然、不健全なタイプ7のように急に多動的になります。
しかし、統合(成長)の方向に進むと、健全なタイプ8のように自信を持ち、決断力のある人になります。

スポンサーリンク

タイプ5の詳細

エニアグラムのタイプ5は、他のどのタイプよりも、物事がなぜそうなっているのかを知りたがります。人間関係を重視するよりも、主な関心事は知識を得ることにあります。世界がどのように機能しているのか、それが宇宙であれ、ミクロの世界であれ、動物界、野菜界、鉱物界であれ、あるいは自分の想像力の中の世界であれ、理解したいと考えています。常に探求し、質問し、物事を深く掘り下げていきます。決めつけられた意見や教義を受け入れず、ほとんどの前提条件の真偽を自分で確かめる必要性を強く感じています。

知識をひたすら追求する背景には、世の中でうまくやっていけるかどうかという深い不安があります。タイプ5は、自分には他の人と同じように物事をこなす能力がないと感じています。そして、自信を深めるような活動を直接行うのではなく、より能力があると感じられる心の中に「一歩退く」のです。エニアグラムの中で最も内向的なタイプです。
内向的で分析的であるタイプ5は、情報を収集して処理し、パターンやアイデアを構築して合成します。

風の音やシンセサイザーの音に耳を傾けたり、裏庭のアリの活動をメモしたりと、タイプ5は観察と思索に多くの時間を費やします。観察に没頭しているうちに、知識が定着し、自信がついてきます。そうすると、シンセサイザーで曲を演奏したり、アリについて知っていることを人に話したりすることができるようになります。
自分の観察や仮説が検証されたり、他人が自分の仕事を理解してくれたりすることは、自分の能力を確認することであり、基本的欲求を満たすことになります。

このように、知識、理解、洞察は、このタイプにとって非常に価値のあるものです。なぜなら、タイプ5のアイデンティティは、「アイデアを持っていること」と「何か変わったことや洞察に満ちたことを言える人であること」を中心に構築されているからです。
このような理由から、すでに慣れ親しんだものや確立されたものを探求することには興味がなく、むしろ、珍しいもの、見落とされているもの、秘密のもの、オカルト的なもの、奇妙なもの、幻想的なもの、”考えられないもの “に関心を寄せます。他の人が知らないことを知ったり、誰も経験したことのないことを創造したりする「未知の領域」を調査することで、他の誰もいない自分だけのニッチを持つことができます。このニッチを開拓することこそが、自分の自立と自信につながると信じているのです。

したがって、自分の安全と自尊心のために、世界とつながっていると感じられるような専門的な分野を少なくとも1つ持つ必要があります。「自分が本当にできることを見つけて、そうすれば人生のチャレンジに対応できるだろう」と考えます。しかし、同時に「他のことに気を取られたり、邪魔されたりしてはいけない」と考えます。そこで彼らは、自分が極められるもの、安心して任せられるものに集中するようになります。それは、数学の世界かもしれないし、ロックンロールの世界かもしれないし、クラシック音楽かもしれないし、車のメカニックかもしれないし、ホラーやSFかもしれないし、完全に自分の想像の中で作られた世界かもしれません。このタイプの全員が学者や博士ではありません。しかし、自身の知性と利用可能なリソースに応じて、自分の興味を引く何かを習得することに集中します。

良くも悪くも、このタイプが探求する分野は社会的な評価に依存していません。実際、自分の考えに他の人がすぐに同意すると、自分の考えがありきたりすぎるのではないかと恐れる傾向があります。歴史を振り返ると、ダーウィン、アインシュタイン、ニーチェなど、常識を覆した有名なタイプ5がたくさんいます。しかし、それ以上に多くのタイプ5が、自分の思考プロセスの複雑さに没頭し、単なる奇妙なな存在となり、社会的に孤立してしまっていることも多いのです。

タイプ5は、タイプ6(忠実な人)タイプ7(熱中する人)とともに、エニアグラムの「頭脳型」タイプに属します。この3つのタイプは、恐怖に対するさまざまな反応が動機となっています。タイプ5は、自分の内的世界を注意深く守ることで、恐怖や不安を避けようとします。

タイプ5は、外界の影響から自由と自律を求めています。しかし、真の成長は、人を受け入れ、愛とサポートを受けるために自分を開く方法を学んだときに起こります。

主な性格的特徴

  • 極めて難解な精神世界
  • 家族、友人、仕事に明確な境界線を持っている
  • 興味のある特定のテーマについて深い知識を持っている
  • 洞察力に富み、よく考えられた回答をする
  • 考え事をしているかのように見える
  • 話す前に十分に考える
  • 引っ込み思案で、非常に自立している

価値観

  • 何よりも独立性、自由、そして理解を重んじます。
  • 不安や混乱の中でも、冷静沈着に物事を分析し、最善の行動をとることができます。
  • 社会的な礼儀や習慣をあまり気にしない傾向があり、未知の可能性に魅了されます。

タイプ5を構成する要素

基本的な恐怖: 役立たず、無力、無能力であること。
この恐怖に対処するために、人間関係から撤退し、世間の要求から逃れるために知的なものに焦点を当てたミニマリストのライフスタイルを維持します。

基本的欲求:有能であること、能力があること。
自分が有能でありたい、自分の環境をよく理解したいという欲求を持っています。このモチベーションにより、ほぼ常に学習と知識の蓄積を続けています。

主な動機:環境からの脅威から自己を守る方法として、知識を持ちたい、環境を理解したい、すべてを把握したいと思っています。

成長のヒント

  • 他人の意見や批判を受けていれてみましょう。5人は、他人からの批判やフィードバックを自分で遮断してしまうことがあります。しかし、心を開いて、異なる視点を認め、考慮する方法を学ぶことが重要です。多くの可能性を見ていますが、それらの中からどうやって選べばいいのか、どれがより重要で、どれがより重要でないのかを判断できないことがよくあります。そのようなときには、信頼できる人のアドバイスを受けながら、自分の状況を把握することが有効です。そうすることで、苦手とする「人を信頼すること」にもつながります。
  • 考えたり推測したりすることで、自分の経験の即時性から離れてしまうことに気づくことを学びましょう。精神的な能力は素晴らしい贈り物ですが、それを使って自分や他人との接触を避けようとすると、罠になることもあります。自分の身体性とのつながりを大切にしてください。
  • 他人に助けを求めることを覚えましょう。タイプ5は完全な自律性を望み、自給自足を目指します。しかし、あなたの人生には、あなたが助けを求めれば、喜んで助けてくれる人がいるはずです。自分のことで精一杯になっているときは、そのことを思い出してください。助けてくれる人はいますか? 必要なときには、恐れずにサポートを求めましょう。
  • 薬物やアルコールを使わずに、健康的な方法で心を落ち着かせることを学ぶ努力をしましょう。あなたは非常に激しく、緊張しているため、リラックスしてくつろぐことができない傾向があります。頭の中を整理できるような健康的な趣味を実践しましょう。運動したりすることで、頭をスッキリさせることができます。瞑想、ジョギング、ヨガ、ダンスなどが特に有効です。
  • 自分の感情を探ってみましょう。タイプ5は感情的な不快感を避けるために、情報や知識の収集を行います。自分の感情に寄り添い、抑圧しているものに目を向けるようにしましょう。自分がどう感じているかを書き出し、その感情に対処するために(無視する以外に)どんな行動がとれるかをリストアップしてみましょう。
  • 信頼できる友人を作りましょう。人を信頼したり、感情的に心を開いたり、様々な方法で自分を利用したりすることが難しい傾向があります。人との衝突は珍しいことではなく、孤立して人との関係を拒絶するのではなく、解決することが健全であることを覚えておくことが大切です。衝突するほど信頼できる親しい友人が1人か2人いれば、人生は大きく豊かになるでしょう。

タイプ5が16タイプ性格診断を受けると・・・

タイプ5の人が、16タイプ性格診断を受けるとISTP(実務家タイプ)INTP(研究者タイプ)INTJ(戦略家タイプ)に当てはまることが多いようです。このタイプの共通点は、独立心がある・論理的・自由を重んじるなどです。

↓自分の性格タイプを知ってみたい方はこちら↓

16タイプ分類性格診断テスト

関連記事↓

他のタイプを見たい方はこちらをクリック!↑

このブログを広げるために1クリックお願いします

この記事を書いた人
ナル心理学

ナル心理学では、16タイプ分類性格診断テスト(≒MBTI診断)を中心に解説!

ナル心理学をフォローする
この記事を読んだあなたの感想をSNSでシェアしてみましょう!
スポンサーリンク
ナルメカ(ナルキンのそうなるメカニズム) -NaruMECHANISM-

コメント

タイトルとURLをコピーしました