エニアグラム

タイプ7(熱中する人) – エニアグラム

タイプ7 (熱中する人)- エニアグラムエニアグラム

エニアグラム診断結果は…
タイプ7!

エニアグラム性格診断のタイプ7について解説します。

まず、「エニアグラム」とは人を9つの性格タイプに分ける性格診断です。
エニアグラムは、人が世界をどのように解釈し、感情をどのように処理するかのパターンを記述した性格タイプのシステムです。エニアグラムでは、9つの性格タイプを説明し、それぞれのタイプを9つのポイントを持つ図にマッピングすることで、タイプ同士の関係性を説明しています。

エニアグラム タイプ1〜9の特徴と解説❗️ より引用

まだエニアグラム性格診断を受けてない方はこちら↓

エニアグラム 性格診断

エニアグラム性格診断

スポンサーリンク

タイプ7の簡単な解説

タイプ7は・・・
外向的で楽観的、多才で自発的なタイプ。
自発的、多才、獲得欲が強い、散漫なタイプタイプ。

  • 欲求:「幸福の追求」
  • とらわれ:「喜びをもたらさなければ、誰も私を愛してくれない」

簡単な説明
遊び心があり情熱的ですが、その才能を使いこなせず、無理をしたり、散漫になったり、自分を律することができないこともあります。常に新しい刺激的な体験を求めていますが、気が散ってしまい、疲れてしまうこともあります。焦りや衝動性の問題も抱えています。

痛みや退屈を避けながら、人生のあらゆるものを経験したいという願望を持っています。他の人から見ると、活発で楽しいことが大好きで、快楽主義者のように見えます。

タイプ7は非常に多忙な人が多く、人生からできる限りの楽しみを得ようと次から次へと活動を行っています。崩壊の方向(ストレス)に向かっているとき、急に不健全のタイプ1のように完璧主義で批判的になります。しかし、統合(成長)の方向に進むと、健全なタイプ5のように集中力が増します。

スポンサーリンク

タイプ7の詳細

タイプ7は無限のエネルギーに満ち溢れていて忙しい楽天家です。目に留まったものほとんどすべてに熱中します。好奇心、楽観主義、冒険心を持って人生に取り組み、まるで「お菓子屋さんの子供」のように、これから体験するすべての良いことに目を輝かせて夢中で世界を眺めています。明るく表現力に富み、世界を自分の遊び場と考え、エニアグラムの「永遠の子供」と言えるでしょう。新しい情報や経験に対する絶え間ない好奇心は、(印象的な)話やおしゃべりの才能に反映されます。大胆かつ快活で、人生でやりたいことを明るく追求しています。

タイプ7は思考型に分類されますが、非常に現実的で、常に多くのプロジェクトに従事している傾向があるため、すぐにはわかりません。出来事を予測し、その場でアイデアを生み出し、心を刺激するような活動を好みます。必ずしも知的で勉強熱心というわけではありませんが、多くの場合、知的であり、幅広い読書と高い言語能力を備えています。1つのアイデアから次のアイデアへと頭の回転が速く、ブレーンストーミングや情報の統合に優れています。一つのテーマを深く掘り下げるよりも、大まかな概要や創造的なプロセスの初期段階での興奮を好みます。

頭の回転が速く、学習能力に優れていることが多いです。情報(言語、事実、手順)を吸収する能力と、新しい手先の技術を習得する能力の両方に当てはまります。

皮肉なことに、幅広い好奇心と素早い学習能力は問題になることもあります。多種多様なスキルを比較的容易に身につけることができるため、自分で何をすべきかを決めるのが難しくなります。その結果、苦労して手に入れた自分の能力を正当に評価できなくなることもあります。しかし、バランスのとれたタイプ7は、その多才さ、好奇心、学習能力によって、並外れた成果を上げることができます。

思考型タイプであるタイプ5タイプ6と同様に、タイプ7も深い不安を感じています。恐怖心をストレートに表現するタイプ6とは異なり、タイプ7は恐怖心を抑えて無視し、ポジティブな体験をしたいと考えています。自分が何をすべきか、自分や他人にとって有益な選択をするにはどうすべきか、自分ではわからないのです。タイプ7はこの不安に2つの方法で対処します。

1つ目は、常に頭をフル回転させることです。一日の仕事が終わっても、彼らの頭の中には新しいアイデアが浮かんでいることが多いのです。特にプロジェクトや将来へのポジティブなアイデアなどで頭をいっぱいにしていれば、不安やネガティブな感情をある程度意識から遠ざけることができます。同様に、思考は活動によって刺激されるため、次から次へと刺激を求めて移動し続けなければなりません。だからといって、「空回り」しているわけではありません。現実的に物事を進めていくことが好きなのです。想像力が豊かで、クリエイティブな人が多いです。新しいアイデアを出したり、経験を積むことに長けています。しかし、集中力や自己管理能力に欠けるところがあります。

2つ目は、「試行錯誤」という方法で対処します。何がベストかを確かめるために、あらゆることを試してみるのです。非常に深いレベルで人生で自分が本当に望むものを見つけられないと感じています。人生の暗い部分や苦しい部分から目をそらすために、喜びや興奮を求めます。そのため、何でも試してみる傾向があり、最終的には本当に求めているものの代用として何かに頼ることもあります。(本当に満足できるものが手に入らないのなら、とにかく楽しもう。そうすれば、本当に欲しいものを手に入れられなくても悔しくないから」といった具合に。)

それは日常の些細なことにも表れています。バニラ、チョコ、ストロベリーの3種類のアイスクリームを食べたいと思ったときに、3種類とも食べたいと思うでしょう。2週間の休暇でヨーロッパに行きたいと思うと、同じような悩みが出てきます。どの国、どの都市に行くか?どの国、どの都市を訪れようか、どの遺跡を見ようか。対処法は、できるだけ多くの国や都市、アトラクションを休暇中に詰め込むことになります。刺激的な体験を求めて奔走しているうちに、心の中の本当の目的が無意識のうちに深く埋もれてしまい、それが何であるかを正確に認識することができないのかもしれません。

さらに、自由で満足できそうなものを追い求めるスピードが速くなると、選択の仕方が悪くなり、満足感が得られなくなります。その結果、不安や不満、怒りを抱え、肉体的にも精神的にも経済的にも利用できる資源が少なくなってしまいます。幸福を求めたにも関わらず、健康や人間関係、経済的にも破綻してしまうかもしれません。タイプ7は、外見上は怖いもの知らずのように見えますが、恐怖心を受け入れることで真の成長を遂げます。

しかし、ポジティブに考えれば、非常に楽観的であるとも言えます。明るくて楽観的でネガティブな感情をポジティブなものに変えることができます。内面的にはネガティブな経験を軽視し、明るい兆しを探します。健康な状態であれば、非常に高揚感のある、刺激的な人です。健全でない場合は、現実離れしていたり、ナルシストのように見えることもあります。陽気で明るい。豊かな生命力を持ち、毎日の生活を充実させたいと考えています。自然に明るくユーモアがあり、自分のことを深刻に考えず何事にも積極的です。基本的な願望は、満足、幸せ、充実することであり、自分の中でバランスが取れていれば、その喜びや人生への熱意は自然と周囲に影響を与えます。タイプ7は色んな人に存在することの純粋な喜び、つまり最高の贈り物を思い出させてくれます。

焦り、衝動的、依存症

楽しいことが大好きで、快楽主義・活動的なタイプなあなたは、よく退屈しているので、忍耐力に欠けます。非常にせっかちで衝動的です。なぜなら、タイプ7はよく考えられたプランを持つことはほとんどなく、自分がやりたいことをやるだけだからです。 しかし、気をつけなければならないのは、たとえとても好きな趣味や関心事を見つけたとしても、それに夢中にならないように学ばなければならないということです。 常に健康などに気をつけてくださいね。タイプ7は他の型に比べて喫煙、薬物、ギャンブル、ゲームなどの依存症が多いので、気をつけましょう。

対人関係

楽観的、エネルギッシュ、チャーミングで、アクティブで、フレッシュで、常に動き回っています。「一番大切なのは楽しむこと」があなたの人生哲学です。 人生に新鮮なアプローチが必要なので、縛られたりコントロールされたりするのが好きではありません。 あなたのエネルギーは遊びのエネルギーであり、第3のタイプの達成感とは異なります。

主な性格的特徴

  • 興味の幅が広い
  • 常に動き回っている
  • 流行に敏感
  • 負の感情が怖い
  • 好奇心旺盛でキラキラした目をしている
  • 新しいものを感じたい
  • プレッシャーが苦手
  • 現在進行中の終わっていない仕事やクリエイティブなプロジェクトが多い
  • 明るく楽観的
  • 自分の経験を話すのが好き
  • 仲間に好かれ、人気がある
  • 幸せを作るのが好き
  • 子供のような熱心さとエネルギー

価値観

  • 柔軟性、幸福感、新しさ。バラエティは熱狂的なファンの人生の糧(スパイスではない!)である。
  • 熱狂的なファンは、目を見張るような経験や感覚を求め、すべてのものに価値や意味を見出します。
  • 開放的な心と偏見のない態度が、熱狂的な人の特徴です。一人一人に、可能な限りすべてを探求する機会が与えられるべきだと信じています。注意深く見さえすれば、どの瞬間にも美しさがあるのです。

タイプ7を構成する要素

基本的な恐怖:奪われること、苦痛を感じること。
マンネリ化した生活を送ることに恐怖心を抱いています。そのため、常に刺激的で斬新な楽しい体験を求めることで、この恐怖に対処しています。

基本的欲求:満足したい、満足したい、欲求を満たしたい

主な動機:自由と幸福を維持したい、価値のある経験を逃さないようにしたい、自分を興奮させて退屈させないようにしたい、痛みを避けて排出したい。
何よりも、退屈したり、悲しくなったり、刺激を感じなくなったりすることを避けたいと思っています。

成長のヒント

  • 落ち着いて、その瞬間を体験してみましょう。不快な感情から気をそらすために忙しくしていたいと考えます。そのため、リラックスして今を生きるための十分な時間を確保できないことがあります。自分の衝動性を認識し、衝動に身を任せるのではなく、自分の衝動を観察する習慣をつけることを意識してください。つまり、ほとんどの衝動を受け流し、どの衝動が行動に移す価値があるかをより適切に判断できるようになります。衝動を抑えれば抑えるほど、自分にとって本当に良いことに集中できるようになります。
  • 痛みやネガティブの価値を理解してみましょう。セブンは、暗闇の中にも美があることを知ることで成長します。辛い感情は必ずしも “悪いこと “ではありません。痛みから目をそらしたいと思ったら、一度立ち止まって、自分が実際にどう感じているかを確認しましょう。
  • ありのままの自分をさらけ出してみましょう。そうすることで、深くて意味のある人間関係を築くことができます。しかし、あなたが表面下に行くことを望まなければ、あなたの人間関係は表面レベル以上のものにはならないでしょう。必要に応じて、自分の弱さをさらけ出し、難しい話をするようにしましょう。
  • 孤独に慣れましょう。外向的で感覚的な刺激の多い体験に惹かれる傾向があります。しかし、自分と向き合う時間を増やすことで、より自己認識を深めることができます。テレビやステレオの音で気を紛らわす必要はありませんし、不安から身を守る必要もありません。外部からの刺激が少ない生活をすることで、自分を信じることができるようになります。今までよりも少ない量でも、何をしても満足できるようになるので、予想以上に幸せになれるでしょう。
  • 今、この瞬間にすべてを手に入れる必要はありません。その魅力的な新商品は、明日になっても手に入る可能性が高いのです(食べ物やお酒、その他の一般的な満足感などがそうです)。ほとんどの良い機会はまた戻ってきます。そうすることで、どの機会が自分にとって本当に良いのかを見極めることができるようになります。経験は、量より質を選ぶことを意識しましょう。質の高い経験をする能力は、今の経験に全神経を集中させることでしか身につきません。将来の経験を期待していると、今の経験を見逃してしまい、満足できる可能性が低くなってしまいます。
  • 他の人の話を聞くようにしましょう。他の人の話は興味深いことが多く、自分にとって新しい扉を開くようなことを学べるかもしれません。また、人の話を答えるために聞くのではなく、理解するために聞く練習をしましょう。すべての発言にすぐに反応する必要はありません。相手の話を考える時間を持ち、より思慮深く、共感を得られるような返答をすることに集中しましょう。

エニアグラムにおける「段階」

*この章は、「段階(エニアグラム)」より引用したものです。

3つの段階

健全〈段階1~段階3〉

  • 囚われ・根源的な恐れ・欲求からくる問題が解消されている状態
  • この状態だと、自由解放感を感じられる

通常〈段階4~段階6〉

  • いわゆる「普通」の状態
  • 私たちの大半はこの状態にいる

不健全〈段階7~段階9〉

  • 自由が制限されて、心身共に苦しい状態
  • いわゆる、「病んでいる」
  • 段階9はもはや末期である
  • 不健全になるとさらに下に落ちるか、助けを呼ぶしか方法はない

タイプ7の段階

クリックで表示↓

健全


段階1「忘我の感謝を捧げる人」
  • 意外にも静かで満ち足りた人生を送るようになる
  • 「詰め込まなければ」という思考を手放し、ゆったりと余裕を持って人や物と向き合える
  • 一つの事に集中することの楽しみを覚えるため、必然的に人生や考え方に深みが増す
段階2「心に束縛のない楽天家」
  • 「世界はなんと美しいのか!」と感動、興奮するようになる
  • これから自身の行うであろうことに思いを馳せ、外交的・社交的に自由や幸福を享受する
段階3「実績を上げる万能選手」
  • 情熱的・多芸多才・楽観主義的で大胆ながら現実にも目を向けている
  • 己の力をフルに使い、必要な物を得られる算段を整え実行する
  • 健全なタイプ7は知的で実績を上げる万能選手である

通常


段階4「経験豊かな世慣れ人」
  • トレンドを意識してあれこれと動き回り、フットワークが軽くせわしない
  • 如才ない世渡り上手だが、こらえる事が出来なくなり始める
  • 「もっと素晴らしい物を見逃しているのではないか」・・・そんな思いから落ち着きがなくなり、欲張りで多くの選択肢を欲するようになる
段階5「異常に活動的な社交人」
  • 熱しやすく冷めやすい人
  • 退屈・欲求不満、そして何より痛みや苦痛が嫌い
  • 饒舌かつ元気溌剌で冗談を好み、冒険や新しい物を好み、走り回る
  • 人にもエネルギー溢れるように見られるため元気なふりをすることもある
  • エキサイトな刺激を求めて何かに夢中になるが、集中力が散発的になり、焦点が定まらない
段階6「行き過ぎの快楽主義者」
  • 欲しい物はまだまだ足りない
  • 欲求不満で気が短く、すぐに結果を求めるように
  • 即興の興奮欲しさに、浪費的で享楽的になる
  • 求める物が極端に多く、しかも欲求がすべて満たされても満足することができない
  • 貪欲で満足と全能感に飢え、欲しくないものや自分に対する批判をことごとく否定する

不健全

段階7「衝動的な現実逃避者」
  • 「痛みと不幸から逃げられない」・・・とにかく避ける、意地でも避けたいと思うようになる
  • そんな思いから衝動的な行動はさらに強まり、無責任になる
  • 喜びの感情すらも忘れ、一時の現実逃避・不安解消のためになんにでも飛びつき、自己破壊的にもなる
段階8「躁的強迫神経症の人」
  • 自己のコントロールを失い、不安定で鬱屈とした人物になり、目先の快楽にどんどん飛びついていく
  • 無謀な行いも平気でするようにもなり、無感覚・無感情に危険行為や自己破壊を繰り返し、必死に刺激を吸収して自分を落ち着かせようとする
  • ヒステリックで攻撃的にもなってきて、わけのわからない批判や非難を始めることもある
  • ここまでくると、持ち前の明るさはもはや見る影もない
段階9「恐怖に取り憑かれた『ヒステリー患者』」
  • 完全に追い詰められてとうとう本格的にダメになる
  • 痛みからも苦痛からも逃げ場などどこにもない
  • 楽しむ感情も人生の感動も忘れ、鬱々と快楽すらも感じない自堕落や放蕩にふける
  • 行き過ぎた行動は当然良い結果を生まず、最終的には自身の心身を破壊し、より復帰が難しくなっていくだけである

タイプ7が16タイプ性格診断を受けると・・・

タイプ7の人が、16タイプ性格診断を受けるとENTP(発明家タイプ)ENFP(改革者タイプ)ESTP(冒険者タイプ)ESFP(楽天家タイプ)に当てはまることが多いようです。このタイプの共通点は、行動的・外向的・好奇心が強いなどです。

↓自分の性格タイプを知ってみたい方はこちら↓

16タイプ分類性格診断テスト

関連記事↓

他のタイプを見たい方はこちらをクリック!↑

このブログを広げるために1クリックお願いします

この記事を書いた人
ナル心理学

ナル心理学では、16タイプ分類性格診断テスト(≒MBTI診断)を中心に解説!

ナル心理学をフォローする
この記事を読んだあなたの感想をSNSでシェアしてみましょう!
スポンサーリンク
ナルメカ(ナルキンのそうなるメカニズム) -NaruMECHANISM-

コメント

タイトルとURLをコピーしました