MBTIエニアグラム

MBTIとエニアグラムの相関関係

MBTIとエニアグラムの相関関係について解説します。

MBTIとエニアグラムの詳細については以下のリンクを参考にしてください↓

次の表は、各MBTIタイプ内のエニアグラムタイプの割合になります。

各MBTIタイプ内のエニアグラムタイプの割合

例えば、INTP(学者、研究者タイプ)の74パーセントもエニアグラムのタイプ5(世界を知りたいが生きる動機)だとわかります。やはりTi(論理機能)Ne(発見機能)の組み合わせの心理機能だと世界を知りたくなるもの・・・のようです(筆者ナルキンNarukinの感想)

また、次の表は各エニアグラムのMBTIタイプの予測数の比率を示しています。

各エニアグラムのMBTIタイプの予測数の比率

逆にエニアグラム・タイプ2の48パーセントもESFJ(世話好きタイプ)だということがわかります。

より直感的にわかる相関はこちらです↓

エニアグラムとMBTIの相関

例えば、タイプ6がMBTIの全タイプに満遍なくいるということから、どのMBTIタイプにも不安を感じやすいタイプはいることが容易にわかります

こうしてみると、MBTIとエニアグラムには強い相関関係があることがわかります。さて、これを見たあなたは何を発見しましたか? それが有益な発見でありますように。

↓自分の性格タイプを知ってみたい方はこちら↓

このブログを広げるために1クリックお願いします

この記事を書いた人
ナル心理学

ナル心理学では、16タイプ分類性格診断テスト(≒MBTI診断)を中心に解説!

ナル心理学をフォローする
この記事を読んだあなたの感想をSNSでシェアしてみましょう!
スポンサーリンク
ナルメカ(ナルキンのそうなるメカニズム) -NaruMECHANISM-

コメント

タイトルとURLをコピーしました