名言人物選択

史上最高の画家、レオナルド・ダ・ヴィンチの名言集

レオナルド・ダ・ヴィンチは、イタリアのルネサンス期を代表する芸術家。『モナ・リザ』や『最後の晩餐』の作者と知られ、画家以外にも多彩な才能を持つ。

レオナルド・ダ・ヴィンチの性格タイプ

レオナルド・ダ・ヴィンチの性格タイプ:*ENTP(発明家タイプ)

*16タイプ分類性格診断テスト(≒MBTI診断テスト)における性格タイプ分類より、筆者が推定。
ENTP(発明家タイプ)には、他に哲学者の加島祥造老子ソクラテス等がいます(筆者推定)。

↓自分の性格タイプを知ってみたい方はこちら↓

スポンサーリンク

レオナルド・ダ・ヴィンチの名言

優れた画家はふたつのものを描く。人と人の心の動きである。
沈黙ほど権力を強めるものはない。
何かを主張をするのに権威を持ち出す人は全て、知性を使っているのではなく、ただ記憶力を使っているだけである。
脅迫とはひとえに脅えた者の武器にすぎない
質素であることは最も素敵なことだ。
芸術に決して完成ということはない。途中で見切りをつけたものがあるだけだ。
私の仕事は、他人の言葉よりも自分の経験から引き出される。経験こそ立派な先生だ。
優れた画家はふたつのものを描く。人と人の心の動きである。
鉄は使わなければ錆びる。水は澱んでいれば濁り、寒空には凍ってしまう。ましてや怠惰でいれば気力さえも失われる。
学ぶことは、決して心をすり減らしたりはしない。
人間はやり通す力があるかないかによってのみ、称賛または非難に値する。
必要であればあるほど拒まれるものがある。それは忠告だ。それを余計に必要とする人、すなわち無智な人々からいやがられる
大いなる苦悩なくしては、如何なる完成せる才能もあり得ない。
充実した一日が幸せな眠りをもたらすように、充実した一生は幸福な死をもたらす。
美しいものと醜いものはともにあると互いに引き立て合う。
目は魂の窓である
最も高貴な娯楽は、理解する喜びである。
水は万物の原動力である。
顔に人間の性格、人間の癖や性質を部分的に示す特徴が見られるというのは真実である。
自分の判断以上に自分を欺くものはない
解剖して分かったことだが、人間は死ぬように出来ているのだ。
あなたが触る水が一番最後に過ぎ去ったものであり、また、一番最初に来るものである。現在という時も同じである。
十分に終わりのことを考えよ。まず最初に終わりを考慮せよ。
あらゆるものは、他のあらゆるものと関連する
詩人は目に見える表現の中では画家よりはるか下に見られ、目に見えぬ表現の中では音楽家よりもはるか下に見られる。
人を苦しめるもっとも大きな欺瞞は自分の見識が生み出す。
孤独であることは救われることである。
あらゆるものの部分はそれ自身のうちに全体の性質を保っている
猫科の一番小さな動物、つまり猫は、最高傑作である。
シンプルさは究極の洗練である。
私は決して障害に屈しはしない。いかなる障害も、私の中に強い決意を生み出すまでだ。
快楽のうしろには面倒と悔恨をもたらすものがついている
その手に魂が込められなければ、芸術は生まれないのだ。
鉄は使わなければ錆びる。水は澱んでいれば濁り、寒空には凍ってしまう。ましてや怠惰でいれば気力さえも失われる。
理解するための最良の手段は、自然の無限の作品をたっぷり鑑賞することだ。
大いなる苦悩なくしては、如何なる完成せる才能もあり得ない
人は3つのタイプに分けられる。積極的に見る人、示されれば見る人、見ようとしない人だ。
食欲がないのに食べても健康に悪いように、やる気がないのに勉強しても記憶力が損なわれ、記憶したことは保存されない。
質素であることは最も素敵なことだ。
どこか遠くへ行きなさい。仕事が小さく見えてきて、もっと全体がよく眺められるようになります。不調和やアンバランスがもっとよく見えてきます

※レオナルド・ダ・ヴィンチの名言を気に入った方は、以下の各ボタン↓を押してSNS上にシェアしてフォロワーにも広めてみましょう!

ナル心理学のインスタはこちら
@narushinrigaku

このブログを広げるために1クリックお願いします

スポンサーリンク

他の心理学者・哲学者等による名言

以下より、他の心理学者等による名言を見ることが出来ます↓

この記事を書いた人
ナル心理学

ナル心理学では、16タイプ分類性格診断テスト(≒MBTI診断)を中心に解説しています。

心理学を学びたい!自分や他人の性格を知ってみたい!という方は是非ご覧ください‼︎

ツイッターでは、役立つ心理学やMBTIに関することを呟いているので、ぜひこちらもフォローしてくださいね^ ^

ナル心理学をフォローする
スポンサーリンク
ナルメカ(ナルキンのそうなるメカニズム) -NaruMECHANISM-

コメント

タイトルとURLをコピーしました