名言人物選択

「神は死んだ」哲学者ニーチェの名言集

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ(独:Friedrich Wilhelm Nietzsch)は、ドイツの古典文献学者で、アマチュア哲学者。現代では実存主義の代表的な思想家の一人として知られる。ニーチェは「神は死んだ」という言葉で、近代化・産業化・科学化の中で、は宗教的・哲学的観念の滅亡を宣言した。
※ちなみに、ニーチェの性格タイプはINFJ(共感者タイプ)と言われています。INFJ(共感者タイプ)は、他にもアナと雪の女王「エルサ」、心理学者「ユング」等がいます(推測)。

ニーチェの性格タイプ

ニーチェの性格タイプ:*INFJ(共感者タイプ)

*16タイプ分類性格診断テスト(≒MBTI診断テスト)における性格タイプ分類より、筆者が推定。

INFJ(共感者タイプ)には、他に心理学者ユング等がいます(筆者推定)。

↓自分の性格タイプを知ってみたい方はこちら↓

スポンサーリンク

ニーチェの名言

私を滅ぼすに至らないすべてのことが、私を強くするのだ。
真実にとって、信念は嘘よりも危険な敵である。
怪物と闘うときは、自らも怪物にならぬよう、気をつけなさい。深淵を覗きこむときは、深淵からもあなたは覗かれている。
真実の追求は、以前に信じられていたすべての真実を疑うことから始まる。
事実というものは存在しない。存在するのは解釈だけである。
一段深く考える人は、自分がどんな行動をしどんな判断をしようと、いつも間違っているということを知っている。
真実の山では、登って無駄に終わることは決してない。
轢かれる危険が最も多いのは、ちょうど一つの車を避けた時である。
いったん選んだ道に関して頑張る人は多い。目標に関してそうする人は少ない。
どちらも相手を通して、自分個人の目標を何か達成しようとするような夫婦関係はうまくいく。例えば妻が夫によって有名になろうとし、夫が妻を通して愛されようとするような場合である。
考え過ぎたことはすべて問題になる。
悪意というものは、他人の苦痛自体を目的とするものにあらずして、われわれ自身の享楽を目的とする。
いつまでもただの弟子でいるのは、師に報いる道ではない。
愛されたいという要求は、自惚れの最たるものである。
到達された自由のしるしは何か?– もはや自分自身に対して恥じないこと。
われわれは、批評せずには生きていられないが、自分の批評を批評せずとも生きていられる。
われわれに関する他人の悪評は、しばしば本当は我々に当てられているのではなく、まったく別の理由から出る腹立ちや不機嫌の表明なのである。
「なぜ生きるか」を知っている者は、ほとんど、あらゆる「いかに生きるか」に耐えるのだ。
いつか空の飛び方を知りたいと思っている者は、まず立ちあがり、歩き、走り、登り、踊ることを学ばなければならない。その過程を飛ばして、飛ぶことはできないのだ。
樹木にとって最も大切なものは何かと問うたら、それは果実だと誰もが答えるだろう。しかし実際には種なのだ。
軽蔑すべき者を敵として選ぶな。汝の敵について誇りを感じなければならない。
世論と共に考えるような人は、自分で目隠しをし、自分で耳に栓をしているのである。
高く登ろうと思うなら、自分の脚を使うことだ。高い所へは、他人によって運ばれてはならない。人の背中や頭に乗ってはならない。
あなたが出会う最悪の敵は、いつもあなた自身であるだろう。
過去が現在に影響を与えるように、未来も現在に影響を与える。
毎日少なくとも一回、何か小さなことを断念しなければ、毎日は下手に使われ、翌日も駄目になるおそれがある。
世界には、きみ以外には誰も歩むことのできない唯一の道がある。その道はどこに行き着くのか、と問うてはならない。ひたすら進め。
忘却はよりよき前進を生む。
ある程度までのところ、所有が人間をいっそう独立的に自由にするが、一段と進むと所有が主人となり、所有者が奴隷となる。
一日一日を始める最良の方法は、目覚めの際に、今日は少なくとも一人の人間に、一つの喜びを与えることができないだろうかと、考えることである。
あなたにとってもっとも人間的なこと。それは、誰にも恥ずかしい思いをさせないことである。
悪とは何か?– 弱さから生じるすべてのものである。
私はあなたに助言する。友よ、人を懲らしめたいという強い衝動を持つ者を信用するな!
君の魂の中にある英雄を放棄してはならぬ。
心の中に未来にふさわしいビジョンを描け。そして、自分を過去の末裔であるという迷信を忘れるんだ。あの未来の生を思い巡らせば、工夫し、発明すべきものが限りなくある。
昼の光に、夜の闇の深さが分かるものか。
いい手本を示そうとする者は、自分の徳に微量の馬鹿げたところを添えなくてはならぬ。すると人は見習って、同時にその模範を眼下に見下ろす。– これが人々の好むところである。
怪物と闘うときは、自らも怪物にならぬよう、気をつけなさい。深淵を覗きこむときは、深淵からもあなたは覗かれている。
私を滅ぼすに至らないすべてのことが、私を強くするのだ。
愛というものは、「破滅」より「変化」を恐れる。
生きることは苦しむことであり、生き残ることは苦しみの中でい価値ある意味を見つけることです。
孤独な人間がよく笑う理由はなぜか。孤独に深く苦しむあまり、笑いを自ら起こさないとならないからだと思う。
音楽のない生活はありえない。
成熟とは、子供の頃の本気の遊びを再発見することから成る。
私たちは人生を愛している。なぜなら、私たちは生きることに慣れているのではなく、愛することに慣れているからだ。
.脱皮できない蛇は死ぬ。意見を変えることができない精神も同様だ。精神を滅ぼす。
死んだ後に生まれる人もいる。
思考とは、我々の思いの影である。それは常に暗く、空っぽで、シンプルである。
結婚するときは自問してみる。「年をとってもこの人と楽しくしゃべれるだろうか」このこと以外はすぐに過ぎ去ってしまうことだから。
自分について多くを語ることは、自身を隠すことになり得る。
目的を忘れてしまうこと。これは愚かな人間にもっともありがちなことだ。
すべての最高の考えは、散歩することにより思いつく。
知識の拡張は、無意識を意識することからはじまる。
事実というものは存在せず、あるのは解釈だけである。
愛にはいつも狂気がある。 しかし、狂気が存在するには常に何らかの理由がある。
人間ひとりが、狂うことは稀だが、集団、政党、国家、時代が狂うのは定めである。

※ニーチェの名言を気に入った方は、以下の各ボタン↓を押してSNS上にシェアしてフォロワーにも広めてみましょう!

ナル心理学のインスタはこちら
@narushinrigaku

このブログを広げるために1クリックお願いします

スポンサーリンク

他の心理学者・哲学者等による名言

以下より、他の心理学者等による名言を見ることが出来ます↓

この記事を書いた人
ナル心理学

ナル心理学では、16タイプ分類性格診断テスト(≒MBTI診断)を中心に解説しています。

心理学を学びたい!自分や他人の性格を知ってみたい!という方は是非ご覧ください‼︎

ツイッターでは、役立つ心理学やMBTIに関することを呟いているので、ぜひこちらもフォローしてくださいね^ ^

ナル心理学をフォローする
スポンサーリンク
ナルメカ(ナルキンのそうなるメカニズム) -NaruMECHANISM-

コメント

タイトルとURLをコピーしました