名言人物選択

心理学者アルバート・バンデューラの名言集

アルバート・バンデューラ(Albert Bandura 1925年12月4日 – )はカナダ系アメリカ人の心理学者で、スタンフォード大学の社会科学名誉教授です。

バンデューラは教育の分野や社会認知理論、治療法、パーソナリティ心理学を含む心理学のいくつかの分野へ貢献にしており、行動主義と認知心理学の間の移行においても影響力を与えていました。1950年代後半、当時優勢であった行動主義学習理論の中で、社会的学習理論(社会的認知理論と改名)の創始者、自己効力感*の理論的構成の創始者として知られ、影響力のある1961年の「ボボ人形実験」も担当。この「ボボ人形実験」は観察学習の概念を実証したものです。

*「自己効力感」とは、自分が取り組むことに対する「できる」という感覚

バンデューラの研究は、1960年後半に始まった心理学における認知革命の一部と考えられています。彼の理論は人格心理学、認知心理学、教育、心理療法に多大な影響を与えてきました。1974年、バンデューラはアメリカ心理学会の会長に選ばれた。APAは、1980年と2004年に、心理学への生涯にわたる多大な貢献に対して彼を表彰しました。

2002年の調査では、バンデューラは最も頻繁に引用された心理学者として、バラス・スキナー、ジークムント・フロイト、ジャン・ピアジェに次いで第四位にランクされ、最も多く引用された存命中の心理学者としてランク付けされました。バンデューラは、現存する最も偉大な心理学者 であり、史上最も影響力のある心理学者の一人として広く記述されています。2014年、バンデューラはバラク・オバマ大統領から科学勲章を授与されました。

→他タイプの偉人の名言一覧ページはこちら

スポンサーリンク

バンデューラの名言

アルバート・バンデューラ(心理学者)の名言
自己効力感の強い人は、人間として成就することや個人のウェルビーングをいろいろな方法で強めていく。あることに関しての能力を確信している人は、困難な仕事を、避けるべき脅威としてではなく習得すべき挑戦と受けとめて進んでいく。
心理学では、どう生きるべきかを教えることはできません。しかし、個人的・社会的変化をもたらす手段を彼らに提供することはできる。
自分の能力についての人々の信念は、その能力に大きな影響を与える
人間の心は、(ただ周りの刺激に)反応するだけでなく、生成的、創造的、積極的、反射的である。

アルバート・バンデューラ(心理学者)の名言
誰もが責任を負うところでは、誰も本当の責任を負わない。
良い機能を果たすためには、強い責任感が必要です。権威への服従を伴う状況では、人は引き受けた義務を果たすために部分的に命令を実行する。したがって、人は2つのレベルの責任、すなわち上司への義務と、自分の行動の影響に対する説明責任を区別しなければならない。
邪悪な行為を生み出すためには、怪物のような人間ではなく、助けとなる社会的条件が必要だ。
人々が認識する自己効力感のレベルが高ければ高いほど、真剣に考慮するキャリアの選択肢の範囲が広くなり、それらへの関心が高まり、選択する職業活動のためのに教育的に自分自身を準備することができる。

アルバート・バンデューラ(心理学者)の名言
自己効力感のある人は失敗から立ち直る;何がうまくいかないかを心配するのではなく、どう対処するかという観点から物事にアプローチする。
自分には自分の生活をある程度コントロールする力があると信じている人は、自分の生活に変化をもたらす能力を信じていない人よりも健康的で、効果的で、成功している。
破壊的行為は、道徳的目的のために描写することによって、個人的にも社会的にも容認される。これが暴力的な手段に反対するほとんどの訴えに通常耳を貸さない理由だ。
私たちが行動のベースとしている現実のイメージのほとんどは、実際には副次的な経験に基づいています。

アルバート・バンデューラ(心理学者)の名言
人生の進路の最も重要な決定要因のいくつかは、状況の最も些細なを通じて発生します。
適切な社会的条件が与えられれば、礼儀正しい普通の人は、とんでもなく残酷なことをするように導かれることがある。
加害者は自分の有害な行動を、価値のある大義のために役立っていると弁明する。

自己効力感とは、将来の状況を管理するために必要な行動の元を整理し、実行するための自分の能力に対する信念である。

アルバート・バンデューラ(心理学者)の名言
自信は必ずしも成功を保証するものではないが、自己不信は確実に失敗を生む。
苦しい時に頑張ることで、人は逆境からより強い効力感を持って立ち上がる
人は内省によって理解を得るだけでなく、自分の思考を評価したり変化させたりします。
思考が行動を制御できることを否定する理論は、複雑な人間の行動を説明するのに当てはまりません。

アルバート・バンデューラ(心理学者)の名言
自分の能力に高い確信を持っている人は、困難な課題に対して、回避すべき脅威としてではなく、克服すべき課題としてアプローチします。
一度確立された評判は簡単には変えられない。
自分の根底にある動機への洞察を得ることは、自己発見のプロセスというよりは、信念の転換に近いようだ。
成功と失敗は、主に個人の基準で自己定義される。自己基準が高ければ高いほど、他の人がどう思おうと、達成されたものは失敗とみなされる可能性が高くなる。

※バンデューラの名言を気に入った方は、以下の各ボタン↓を押してSNS上にシェアしてフォロワーにも広めてみましょう!

ナル心理学のインスタはこちら
@narushinrigaku

このブログを広げるために1クリックお願いします

スポンサーリンク

他の心理学者・哲学者等による名言

以下より、他の心理学者等による名言を見ることが出来ます↓

このブログを広げるために1クリックお願いします

この記事を書いた人
ナル心理学

ナル心理学では、16タイプ分類性格診断テスト(≒MBTI診断)を中心に解説!

ナル心理学をフォローする
この記事を読んだあなたの感想をSNSでシェアしてみましょう!
スポンサーリンク
ナルメカ(ナルキンのそうなるメカニズム) -NaruMECHANISM-

コメント

タイトルとURLをコピーしました